富川澈夫

日本の俳優
富川徹夫から転送)
この名前の「澈夫」の1文字目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

富川 澈夫 (とみかわ すみお、1941年1月11日[1][2] - 没年不明)は、日本俳優。本名は同じ[1][2]

とみかわ すみお
富川 澈夫
本名 富川 澈夫
別名義 富田 浩史
生年月日 (1941-01-11) 1941年1月11日
没年月日 不詳年
出生地 東京府東京市
(現・東京都
職業 俳優
活動期間 1962年 - 1994年
テンプレートを表示

東京市(現・東京都)出身[1][2]。六月劇場[1]を経て、サヴァーグループに所属していた[2]

来歴・人物編集

実相寺昭雄作品の出演や、同じ六月劇場出身の岸田森との共演も多い。

1970年代テレビドラマに多数出演し、陰湿な悪役や、屈折した青年の役を数多く演じた。その一方で、心優しい青年の役まで幅広くこなした個性派バイプレイヤーである。

1969年10月から1970年8月までTBSラジオにて『夜のバラード』のパーソナリティを、藤田とし子と共に担当していたこともある[3][4]

1981年頃には"富田浩史"名義で活動していた[1]

2012年日本映画専門チャンネルで『赤頭巾ちゃん気をつけて』が放送された際の岡田裕介(現 東映会長)へのインタビューにて「富川は故人である」と言及されているが、没年は不明。2016年12月には映像コンテンツ権利処理機構に「放送番組に出演された富川澈夫様をさがしています」(大河ドラマ『春の波涛』)という募集が掲載されたが、2020年現在も連絡はない[5]

出演作品編集

テレビドラマ編集

ラジオ編集

映画編集

吹き替え編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、139頁。
  2. ^ a b c d 日本タレント名鑑1993』VIPタイムズ社、1993年、226頁。
  3. ^ TBSラジオプログラム 1970年8月 (PDF)”. 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  4. ^ 『詩集 夜のバラード』(サンリオ山梨シルクセンター出版部刊、1970年)「夜のバラード」について 出演者と放送時間参照
  5. ^ 放送番組に出演された富川澈夫様をさがしています”. 一般社団法人 映像コンテンツ権利処理機構aRma. 2020年8月24日閲覧。