メインメニューを開く

猪口 敏平(いのぐち としひら、1896年明治29年)8月11日 - 1944年昭和19年)10月24日)は、日本海軍軍人戦艦武蔵艦長として戦死し、一階級特進で最終階級は海軍中将

猪口 敏平
生誕 1896年8月11日
大日本帝国の旗 大日本帝国 鳥取県
死没 (1944-10-24) 1944年10月24日(48歳没)
フィリピンの旗 フィリピン シブヤン海
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1919 - 1944
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

1896年8月11日、鳥取県鳥取市において大工棟梁・猪口鉄蔵の長男として生まれる。弟に猪口力平(海軍軍人)がいる。海軍内では兄は「口敏(チョコビン)」、弟は「口力(チョコリキ)」と区別する呼称もあった。鳥取中学校(現鳥取西高校)を経て、1918年大正7年)11月、海軍兵学校46期)を卒業、少尉候補生となる。1919年8月、海軍少尉任官

1923年12月、海軍砲術学校高等科学生を拝命。1924年12月、大尉に昇進し、戦艦日向分隊長に就任。1925年12月、海軍砲術学校専攻科学生を拝命。1926年11月、砲術学校教官に就任。猪口はたびたび砲術学校教官を務め、砲術の権威として高く評価されていた[1]

1929年11月、少佐に昇進。1930年11月、軽巡洋艦鬼怒砲術長に就任。1931年12月、第二水雷戦隊参謀に就任。1932年12月、砲術学校教官に就任。1935年11月、戦艦扶桑砲術長に就任。1936年12月、連合艦隊参謀に就任。1937年12月、軽巡球磨副長に就任。1938年4月、砲術学校教官に就任。1939年(昭和14年)11月、海軍大佐に昇進した。

1940年10月、給油艦石廊艦長に就任。1941年5月、横須賀砲術学校教頭に就任。12月、太平洋戦争勃発。1942年7月、軽巡名取艦長に就任。1943年2月、重巡洋艦高雄艦長に就任。1943年10月、横須賀鎮守府付。12月、横須賀砲術学校教頭に就任。

1944年(昭和19年)8月、戦艦「武蔵」艦長に就任。10月15日、海軍少将に昇進。10月24日、レイテ沖海戦に参加。敵航空攻撃が多数命中してその内一発が防空指揮所右舷に命中し、防空指揮所にいた猪口は右肩に重傷を負った(副長・加藤憲吉大佐の記憶では軽傷)[2]。武蔵はフィリピンシブヤン海撃沈寸前状態となり、沈没必至と判断した猪口は総員退去用意を命じ、艦橋を去る副長に遺書と愛用のシャープペンシルを手渡し、生きて部下の後事を見るように懇請した。副長は最後を共にすることを願ったが、許されなかった。猪口は退去用意を命じた時に御真影と御勅諭の奉遷の処置を命じたが、これは奉遷中に武蔵が沈没。日本時間で午後7時35分までに武蔵の船体は海中に没し、猪口は艦橋に残って戦死した[3]戦死後に1階級特進し、海軍中将に昇進。

遺書は沈没する30分前までに書かれたもので、副長はマニラでこの複写数部を作り、一部は南西方面艦隊司令長官に、一部は遺族に送られた。原本は後に江田島の海軍兵学校教育参考館に収められたが、終戦の際に行方不明になった[4]

親族編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤和正『艦と乗員たちの太平洋戦争』光人社44頁
  2. ^ 戦史叢書56 海軍捷号作戦<2>フィリピン沖海戦 181頁
  3. ^ 戦史叢書56 海軍捷号作戦<2>フィリピン沖海戦 196頁
  4. ^ 戦史叢書56 海軍捷号作戦<2>フィリピン沖海戦 198頁
  5. ^ THE 歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜 BS-TBS 2015年8月14日放送回