メインメニューを開く

琉球大学医学部附属病院

琉球大学医学部附属病院(りゅうきゅうだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、沖縄県中頭郡西原町にあり、琉球大学医学部に附属する大学病院である。沖縄県で唯一、また、日本最南端かつ最西端の大学病院でもある。特定機能病院の承認を受けるほか、都道府県がん診療連携拠点病院エイズ治療拠点病院肝疾患診療連携拠点病院に指定されている。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 琉球大学医学部附属病院
Ryukyu-univ hospital.JPG
情報
前身 新那覇病院
琉球大学附属病院
琉球大学保健学部附属病院
許可病床数

600床
一般病床:550床
精神病床:40床
感染症病床:6床


結核病床:4床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 国立大学法人琉球大学
管理者 藤田次郎(病院長)
開設年月日 1970年6月
所在地
903-0215
沖縄県中頭郡西原町字上原207番地
位置 北緯26度14分31秒
東経127度45分36秒
二次医療圏 南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1966年(昭和41年)11月 - 那覇病院(後の県立那覇病院とは別)を教育病院に改装させ、新那覇病院とする原則が確立[1]
  • 1970年(昭和45年)6月 - 新那覇病院が琉球大学附属病院となる。
  • 1972年(昭和47年)5月 - 本土復帰に伴い、琉球大学保健学部附属病院となる。
  • 1974年(昭和49年)11月 - 総合病院として承認される。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 保健学部が医学部保健学科に改組されたことに伴い、琉球大学医学部附属病院となる。
  • 1984年(昭和59年)10月 - 那覇市から中頭郡西原町(現在地)に移転。移転跡地は県立那覇病院となる(現在は南風原町に移転し、沖縄県立南部医療センター・こども医療センターに名称変更。)さらに県立那覇病院跡には市内から沖縄赤十字病院が新築移転。
  • 1994年(平成6年)8月1日 - 特定機能病院に承認される。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - エイズ拠点病院に選定される。

診療科目編集

指定医療編集

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集