メインメニューを開く

田丸 徳善(たまる のりよし、1931年2月26日 - 2014年12月12日)は、日本の宗教学者東京大学大正大学名誉教授。専攻は比較宗教文化論、宗教思想史。仏教キリスト教神道に関心が深い。

経歴編集

東京府荏原郡生まれ。1953年東大文学部宗教史学科卒業。1955年から四年間、西ドイツのボン大学に留学、1959年から1年間ロックフェラー財団研究員、1962年東京大学助手、1964年立教大学助教授、1973年東京大学文学部助教授、教授、1991年定年退官後は大正大学文学部教授。2001年大正大学名誉教授。日本宗教学会会長、比較思想学会会長も務めた。門下に鶴岡賀雄らがいる。

著書編集

共著・編著編集

訳書編集