メインメニューを開く

田丸 徳善(たまる のりよし、1931年2月26日 - 2014年12月12日)は、日本の宗教学者東京大学大正大学名誉教授。専攻は比較宗教文化論、宗教思想史。仏教キリスト教神道に関心が深い。

目次

経歴編集

東京府荏原郡生まれ。1953年東大文学部宗教史学科卒業。1955年から四年間、西ドイツのボン大学に留学、1959年から1年間ロックフェラー財団研究員、1962年東京大学助手、1964年立教大学助教授、1973年東京大学文学部助教授、教授、1991年定年退官後は大正大学文学部教授。2001年大正大学名誉教授。日本宗教学会会長、比較思想学会会長も務めた。門下に鶴岡賀雄らがいる。

著書編集

  • 『宗教学の歴史と課題』山本書店 1987

共著・編著編集

  • 日本人の宗教 1-4 村岡空,宮田登共編 佼成出版社 1972
  • 講座宗教学 全5巻 東京大学出版会 1977-78
  • 仏教文化事典 菅沼晃共編 佼成出版社 1989
  • 現代天皇と神道 シンポジウム 徳間書店 1990
  • 宗教 いのちの深層をさぐる 大正大学出版部 1996
  • 『アジアの宗教と精神文化』脇本平也共著、新曜社 1997
  • 国際化時代のアイデンティティ 桜井元雄,星川啓慈共著 春秋社 1998
  • 神々の和解 星川啓慈,山梨有希子共著 春秋社 2000
  • 『Religion in Japanese culture』デビット・リード共編 講談社インターナショナル 1996.5

訳書編集