田口 和美(たぐち かずよし、天保10年10月15日[1]1839年11月20日) - 1904年明治37年)2月4日[2])は、日本医学者。字は士行、号は節堂[3]

田口和美

経歴編集

 
1888年プロイセン王国ベルリン市にて日本人留学生と[4]。前列左より河本重次郎山根正次、田口、片山國嘉石黑忠悳隈川宗雄尾澤主一[5]。中列左から森林太郎武島務中濱東一郎、佐方潜蔵(のち侍医)、島田武次(のち宮城病院産科長)、谷口謙瀬川昌耆北里柴三郎江口襄[5]。後列左から濱田玄達加藤照麿北川乙治郎[5]

武蔵国埼玉郡小野袋村(現在の埼玉県加須市)出身[3]。医師の家に生まれ、江戸に出て佐藤一斎塩谷宕陰のもとで漢学を学んだ[3]。その後、林洞海のもとで蘭学を学んだ[3]1862年文久2年)より下野国佐野で開業[3]1869年(明治2年)、大学東校に入り、ウィリアム・ウィリスらについて化学解剖学生理学を学んだ[3]東京医学校教授、東京大学医学部教授、東京帝国大学医科大学教授を歴任[1]1887年(明治20年)、ドイツに留学し、翌年に医学博士の学位を得た。

著書編集

  • 『解剖攬要』(英蘭堂、1881年)

脚注編集

  1. ^ a b 東京帝国大学医科大学教授医学博士田口和美特旨叙位ノ件」 アジア歴史資料センター Ref.A10110142100 
  2. ^ 『官報』第6178号、明治37年2月8日。
  3. ^ a b c d e f 日本現今人名辞典 1903.
  4. ^ 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、241頁。(ページ番号記載なし)
  5. ^ a b c 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、242頁。(ページ番号記載なし)

参考文献編集