山根正次

山根 正次(やまね まさつぐ、安政4年12月23日 [1]1858年2月6日) - 大正14年(1925年8月29日)は、日本衆議院議員(中正倶楽部→大同倶楽部→立憲同志会)、医学者

経歴編集

 
1888年プロイセン王国ベルリン市にて日本人留学生と[2]。前列左より河本重次郎、山根、田口和美片山國嘉石黑忠悳隈川宗雄尾澤主一[3]。中列左から森林太郎、1人おいて中濱東一郎、1人おいて島田武次、谷口謙瀬川昌耆北里柴三郎江口襄[3]。後列左から濱田玄達加藤照麿、北川乙次郎[3]

長門国阿武郡椿郷東分村(現在の山口県萩市)出身。長州藩の医学館であった好生堂で蘭学を、中学校でドイツ人教師からドイツ語を学んだ[1]東京大学医学部を卒業し、長崎医学校一等教諭に任じられた[1]1885年(明治18年)、長崎コレラが大流行すると、検疫委員として防疫に尽力した。

1887年(明治20年)よりドイツオーストリアに留学し、法医学を学んだ[4]。帰国後は、警察医長、医務局長、警視庁第三部長を歴任した[5]

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。当選回数は6回を数えた。また東京市会議員も兼ねた[5]

さらに、1904年(明治37年)に日本医学校(現在の日本医科大学)が創設されると、初代校長に就任した。

栄典編集

著書編集

  • 『虎列剌病汎論』(英蘭堂、1887年)
  • 『実用検毒学』(誠之堂、1894年)
  • 『改良服図説』(伴鶴堂、1902年)
  • 『日独比較 改正伝染病予防法論』(清水書店、1906年)

脚注編集

  1. ^ a b c 『新選代議士列伝』p.256
  2. ^ 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、241頁。(ページ番号記載なし)
  3. ^ a b c 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、242頁。(ページ番号記載なし)
  4. ^ 山根正次特旨叙位ノ件
  5. ^ a b 『衆議院要覧』
  6. ^ 『官報』第5848号、「叙任及辞令」1902年12月29日。

参考文献編集

外部リンク編集