メインメニューを開く

谷口 謙(たにぐち けん、1856年2月7日安政3年1月2日) - 1929年昭和4年)9月21日)は、日本の明治期の陸軍軍医。最終階級は陸軍軍医監少将相当官)。位階勲等正四位勲二等功三級医学博士

東京大学医学部の同期に森鴎外(本名・森 林太郎)がいる。

目次

生涯編集

生い立ち編集

1856年2月7日(安政3年1月2日)、美作勝山藩(現・岡山県北東部)藩士・谷口有年の長子として江戸の藩邸[1](現・東京都千代田区霞が関3丁目:東京メトロ銀座線虎ノ門駅付近)に誕生した。武家の子として幼い頃から武芸を習い、13歳頃からは国文漢文を、その翌年からはスイス人のもとでドイツ語を2年間学んだ[2]

1873年(明治6年)大学東校(現・東京大学医学部)に入学、1881年(明治14年)に卒業した。

軍医任官編集

1881年(明治14年)7月、東京陸軍病院治療課僚に配属する。その後、東京陸軍病院、陸軍大学校、医務局副課員、隊付勤務を経て1884年(明治17年)に軍医本部に入り、徴兵業務に従事する。また橋本綱常軍医総監の命令で陸軍衛生部諸制度を翻訳する。

1885年(明治18年)11月、陸軍大学校の参謀旅行に従属してクレメンス・メッケルから近代戦の指導を受け、同校衛生学教官になる。

ドイツ留学編集

1886年(明治19年)、官費留学の機会が訪れる。これは陸軍軍医として5人目で、谷口の直前(1884年)には鴎外がライプツィヒに派遣されている。8月7日、ドイツ・ベルリンに向け出発し、9月25日に到着する。現地ではウィルヒョウから病理学を学ぶなどする。

1889年(明治22年)11月18日石黒忠悳の出迎えで帰国し、軍医学校で教官として軍陣衛生学を教える。

日清戦争・日露戦争編集

1894年(明治27年)7月25日日清戦争が勃発。一等軍医正に昇進し、名古屋衛戍病院長になっていた谷口は留守第三師団(名古屋)軍医部長や南部兵站軍軍医部長、金州半島兵站軍軍医部長、第二師団(仙台)軍医部長を務める。1896年(明治29年)4月に帰国する。

1899年(明治32年)6月近衛師団軍医部長(鴎外の後任)兼陸軍軍医学校長になる。1901年(明治34年)3月には軍医監に昇進し、第四師団(大阪)軍医部長を務める。

1904年(明治37年)2月8日日露戦争が勃発。第一軍軍医部長として鴨緑江、様子山嶺、遼陽沙河の戦闘に参加する。翌年1月には韓国駐留軍軍医部長を務める。

1907年(明治40年)1月、日露戦争での功績が認められ、功三級勲二等金鵄勲章を受章する。

晩年編集

1907年(明治40年)2月に休職し、11月には予備役となる。退役後は年金で生活し、仙台市の病院で内科診療に携わるなどする。

1929年(昭和4年)9月21日、死去。

逸話編集

  • 13歳頃から漢文を学んだが、特に好んだのは韓非子老子荘子荀子である。
  • 14歳に洋学を志し、渡米を計画した。資金を得るため、静岡から老牛を買ってきて東京・神田橋の屠牛屋に売りつけようとするが、途中で脚気にかかり、結果的にその療育費で差引き50円以上の損をする。

栄典編集

家族編集

  • 父:谷口有年
  • 妻:せい(1896年11月結婚、1906年5月協議離婚。旧姓:片山)
  • 長男:稠

著作編集

論文編集

  • 「一二毒物ノ生理的試験」(後藤幾太郎・都築甚之助との共著), 軍医学校業府 国文之部第2, 1896[4].

訳書編集

  • 「儒氏内科新書」(原著:テオドル・フォン・ジュルゲンゼン英語版), 巻1-7, 足立寛閲, 1893[5][6][7][8].
  • 「薬性論」, 英蘭堂, 足立寛閲, 1894[9].
  • 「外科的診断」(原著:エドワード・アルベルト英語版), 刀圭書院, 1885[10].
  • 「国政医論」(原著:エルンスト・チーゲル)1879[11].

脚注編集

  1. ^ 〔江戸切絵図〕, 外桜田永田町絵図”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  2. ^ 小関恒雄 (1984). 谷口謙と鴎外. 49. 至文堂. pp. 163-168. ISSN 0386-9911. 
  3. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  4. ^ 軍医学校業府 國文之部 第2”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  5. ^ 内科新書(儒氏)巻1-5, 7”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  6. ^ 儒氏内科新書 巻6”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  7. ^ 内科新書(儒氏)巻4上”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  8. ^ 内科新書(儒氏)巻4下”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  9. ^ 敏氏薬性論”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  10. ^ 外科的診断”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。
  11. ^ 国政医論”. 国立国会図書館. 2019.02.24.閲覧。

参考文献編集

  • 小関恒雄:谷口謙と鴎外, 国文学:解釈と鑑賞, 49(2), 163-168, 1984.
  • 吉野樹:奥村済世館の命名者について, POアカデミージャーナル, 26(3), 193-196, 2018.

関連項目編集