男はつらいよ 寅次郎真実一路

日本の映画作品、『男はつらいよ』シリーズ第34作

男はつらいよ 寅次郎真実一路』(おとこはつらいよ とらじろうしんじついちろ)は、1984年12月28日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの34作目。

男はつらいよ 寅次郎真実一路
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 島津清
中川滋弘
製作総指揮 小林俊一
出演者 渥美清
大原麗子
米倉斉加年
風見章子
津島恵子
辰巳柳太郎
音楽 山本直純
主題歌 渥美清
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 日本の旗 1984年12月28日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億7000万円[1]
前作 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎
次作 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾
テンプレートを表示

あらすじ編集

寅次郎の夢。日本に突如として怪獣が現れるも、撃退する術はない。タコ社長演ずる総理大臣は、かつて学会から追放された車寅次郎博士を頼るも、博士は自らを理解しなかった社会への恨みから手を貸そうとはしない。だが、車博士はついに決断する。「怪獣よ、俺が憎いのは、お前を怪物にさせた愚かな文明だ!」……

柴又に帰った寅次郎は、あけみとタコ社長の喧嘩に巻き込まれた挙げ句に大げんかをし、さくらにあきれられてしまう。上野焼き鳥屋で飲んでいたところ、持ち合わせがないことに気付き、電話でさくらを頼るが、突き放される。たまたま隣り合わせた大手証券会社課長の富永(米倉斉加年)は、寅次郎が無銭飲食になってしまうことを気の毒に思い、それでも脳天気な寅次郎の自由さに憧れて、寅次郎の支払いもしてくれる。翌日、前日の礼を言おうと、もらった名刺を頼りに富永の勤務先を訪ねた寅次郎は、またも富永と飲みに行く。富永が寅次郎も行ったことがある郷里・枕崎の話、そこからはるばる上京してきた自分が寅次郎と同じ「旅人」だという話などをして、さらに意気投合。痛飲した寅次郎は、泥酔した富永を牛久沼近く(つくば市森の里)の自宅まで送り、そこで泊まる。

翌朝目覚めた寅次郎は、富永の清楚で美しいふじ子(大原麗子)の存在に気付く。寅次郎はふじ子から、富永が朝早く家を出て夜遅く帰り、家族との接点のあまりない、ほとんど仕事ばかりの生活をしていることを知る。そして、ふじ子から手厚いもてなしを受けた事もあって、人妻であるにもかかわらず想いを寄せるようになってしまう。

数日後、富永は過労による現実逃避で、出勤途中に失踪する。寅次郎はふじ子からそのことを知らされると、直ちに富永の家に向かい、ふじ子と善後策を相談する。また、落ち込んでいるふじ子を励ますため、寅次郎はふじ子と息子の隆をとらやに招待する。ふじ子は、とらやの団らんを味わいながら、たくさんの家族で一緒に過ごすことの大切さを改めて感じる。

その数日後、郷里の鹿児島から富永の目撃情報が伝えられたと、ふじ子からとらやに連絡がある。寅次郎は、タコ社長に旅費を借りて、ふじ子とともに枕崎へと旅立つ。寅次郎は鹿児島に着くと、バスや列車の中など様々な場所で富永の特徴を話し、写真を見せて、精力的に富永を探す。いったん富永の実家に寄って宿泊した後、翌日はタクシーで富永の思い出の地を回る。富永を目撃した親族の家、名勝・丸木浜を経て鰻温泉に至り、ある旅館の宿帳に富永の字で「車寅次郎」と書いてあったことから、富永が数日前にそこに来ていたことは分かった。しかし、富永自身を見つけることはできず、とりあえず旅館で宿泊することに。

そこで寅次郎は翌日の捜索の提案をするが、ふじ子はどんなことが起こっても覚悟していると言い、きっと生きてるよという寅次郎の言葉にも、気休めなんか言わないでと泣く。「今日、寅さんと一緒にあちこち歩いたでしょ。それだけでもここに来てよかったと思ってるの」というふじ子の言葉が、寅次郎に突き刺さる[2]

結局富永を見つけられないまま鹿児島を発ち、ふじ子と別れ、柴又へと戻った寅次郎は、食事もせず横になったまま、鬱々とした時間を過ごす。ふじ子を想うあまり、心のどこかで富永が戻らない事を願ってしまう自分の醜さ、恐ろしさに嫌気がさしたのだ。[3]寅次郎の内心を理解し、「自分の醜さに苦しむ人間はもう醜くありません」[4]と言う博たちの慰めに感謝しつつも、ふじ子の事を忘れられるよう、旅に出ようとする。

と、そこに、無精ひげを生やした富永が現れる。「生きてたのか」と一瞬落胆するような表情を見せる寅次郎だったが、すぐ我に返り、ふじ子に一刻も早く知らせようと、富永の手を引っ張りタクシーで富永の自宅へ急行。寅次郎は富永が帰ってきたことをふじ子に告げる。再会を果たし涙を流して喜び合う家族の姿を見届けると、すぐに背を向け、寅次郎はそのまま旅に出てしまう。しかし、とらやにかかってきた寅次郎の電話の声は、自分の醜さから解放されたのか、晴れ晴れとしていた。

正月になり、ふじ子からとらやに年賀状が来る。富永は、自宅から近い土浦営業所勤務となって家族と過ごす時間が増え、ふじ子にとって身近に感じられる存在[5]になっていた。そして、寅次郎との思い出を一生忘れないと綴ってあった。

エピソード編集

  • 冒頭の寅次郎の夢のシーンに、同じ松竹製作の宇宙大怪獣ギララが登場した。ギララの登場シーンはすべて『宇宙大怪獣ギララ』(1967年3月25日公開)より流用された。夢の中では単に「怪獣」と称され、寅次郎が夢から覚めた際に子どもがかぶっていた被りものは、東宝ゴジラであった。本作と同じ1984年12月にゴジラシリーズの9年ぶりの新作『ゴジラ』が公開されている。
  • 1996年8月9日放送の金曜ロードショーでは渥美清の訃報を受け、『金曜特別ロードショー渥美清さん追悼企画』として本作が急遽放映された。このため本来放送予定だった『スタンド・バイ・ミー』は8月23日に差し替え、23日に予定されていた『火垂るの墓』の放送は翌年に延期された。

出演編集

スタッフ編集

ロケ地編集

記録編集

受賞歴編集

同時上映編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 1985年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ふじ子と同宿しない理由として「旅先で妙な噂が立っちゃ、課長さんに申し訳ないと思いまして」と言いつつ、「俺はきったねえ男です」とこの時点で既に自分の “醜い” 気持ちに気付いている。
  3. ^ このあたりの寅次郎の心情は、『無法松の一生』をモチーフにしている。(『男はつらいよ 寅さんの歩いた日本』p.89 、『完全版「男はつらいよ」の世界』p.270)
  4. ^ 第42作『ぼくの伯父さん』で寅次郎が満男を薫陶する際に、「博がいつか俺にこう言ってくれたぞ」とこの言葉(と同趣旨の言葉)が引用されている。
  5. ^ 旅先の旅館でも、富永の思い出の地を歩いて「今まで気付かなかった主人の心のうんと奥の方、覗いたような気がしたの」とふじ子は言っていた。また、富永も同じようなコースをたどったことが劇中で示されており、この心和む美しい自然に触れる旅により、富永が人間性を回復し、仕事一辺倒ではなく家庭を顧みられる人間になったとする書物もある。(前掲『男はつらいよ 寅さんの歩いた日本』p.89)
  6. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク編集