メインメニューを開く

白 嗟承(ベク・チャスン、韓国語백차승1980年5月29日 - )は、大韓民国釜山広域市出身・韓国系アメリカ人の元プロ野球選手投手)。オリックス時代の登録名は漢字表記の「白嗟承」だったが、ロッテ時代の登録名はカタカナ表記の「ベク・チャスン」。

白 嗟承 (ベク・チャスン)
Cha-Seung Baek
Cha Seung Baek 2008.jpg
サンディエゴ・パドレス時代
(2008年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 大韓民国の旗 大韓民国
釜山広域市
生年月日 (1980-05-29) 1980年5月29日(39歳)
身長
体重
191 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2004年8月8日
最終出場 MLB / 2008年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
ベク・チャスン
各種表記
ハングル 백차승
漢字 白嗟承
発音: ベクチャスン
英語表記: Baek Cha-Seung
テンプレートを表示

経歴編集

プロ入り前編集

釜山高等学校在学中の1998年、初来日し第3回AAAアジア野球選手権大会野球韓国代表として出場し2次リーグで松坂世代第3回AAAアジア選手権大会日本代表と対戦し準決勝で張誌家擁する野球台湾代表に敗北し3位決定戦は制した(同大会で最も印象に残った打者は1歳下の外野手田中一徳であったという)。

マリナーズ時代編集

アマチュアフリーエージェントとしてシアトル・マリナーズに入団。2001年に肘の手術を受けるなど、5年間のマイナー暮らしの後、2004年8月8日にメジャーデビュー。2005年は1年を通じてマイナー暮らしとなり、オフに解雇された。

2006年2月に、マイナー契約でマリナーズと再契約したが、2006年2007年ともにマイナーとメジャーを行き来するシーズンを繰り返した。

2008年5月21日デトロイト・タイガース戦に登板して3イニングを投げた直後、マリナーズから戦力外通告を受け、40人ロースターから外された。

パドレス時代編集

7日後の5月27日ジャレッド・ウェルズとの交換トレードでサンディエゴ・パドレスに移籍。先発5番手として起用され、「投手天国」として知られるペトコ・パークを本拠地としたが、6勝9敗、防御率4.62と成績は振るわなかった。

2009年は、パドレスの先発陣の3番手を担う予定になっていたが、肘の負傷が再発してシーズン直前に負傷者リストに加えられ、マイナーでのリハビリ登板中に負傷箇所を悪化させてシーズンを終えた。同年10月8日にサンディエゴからの解雇が発表された[1]

独立リーグ時代編集

2010年は、アメリカの独立リーグであるゴールデンベースボールリーグに所属するユマ・スコーピオンズに所属し、6月には同リーグのオレンジカウンティ・フライヤーズにトレードされた[2]

無所属時代編集

2011年は、肘の遊離軟骨(関節ネズミ)除去手術を受け、無所属だった[3]

オリックス時代編集

2011年11月に来日し、オリックス・バファローズ秋季キャンプに入団テストを兼ねて参加[4]岡田彰布監督から「技術、能力は朴賛浩より上」という高い評価を得て11月14日にオリックスへの入団が発表された[5]が、2012年シーズンを通して一度も一軍登板が無く、10月5日に球団から戦力外通告が言い渡され[6]、11月30日に自由契約公示された。

オリックス退団後・BCリーグ武蔵時代編集

2015年2月12日から、北海道日本ハムファイターズの春季キャンプで入団テストを受けていたが[7]、2月18日に不合格を通達された[8][9]

同年4月10日に、BCリーグ武蔵ヒートベアーズへ入団[10]。在籍中には、リーグ戦16試合の登板で、3勝4敗、防御率2.86という成績を残した。

ロッテ時代編集

2015年7月28日QVCマリンフィールドで実施された千葉ロッテマリーンズの入団テストに参加した[11]結果、同月30日に入団契約を結んだ[12]。シーズン終了までの契約で年俸は500万円、背番号は55[13]。登録名はカタカナ表記の「ベク・チャスン」。入団後はイースタン・リーグ公式戦4試合に登板しただけで、一軍公式戦への登板機会がないまま契約期間を満了。同年10月21日に、球団から翌2016年の契約を結ばないことを通告された[14]

ロッテ退団後編集

2015年11月12日から、入団テストを兼ねて阪神タイガースの秋季キャンプに参加。翌13日には、「2イニング限定」という条件で紅白戦に先発したが、1失点という内容で入団に至らなかった[15]

現役引退後編集

2016年以降はどの球団とも契約せず現役を引退した。2018年6月、斗山ベアーズの2軍投手インストラクターとなった。

兵役問題編集

韓国で兵役を遂行していないまま渡米し、2005年にアメリカ国籍を取得している[16]。韓国では二重国籍は認められていないので、アメリカ国籍取得と同時に韓国国籍が消滅し、ベクの兵役義務も消滅している。しかし、兵役義務不履行のまま他国籍を入手した旧韓国籍所有者に対する韓国政府の措置によって、入国できない状況となっていたが、2018年より斗山ベアーズの投手インストラクターとして韓国で活動している。また、帰国保証にサインした父親は罰金として5000万ウォンを支払わされている[17]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2004 SEA 7 5 0 0 0 2 4 0 0 .333 139 31.0 35 5 11 1 2 20 2 0 23 19 5.52 1.48
2006 6 6 0 0 0 4 1 0 0 .800 140 34.1 26 6 13 0 2 23 1 0 15 14 3.67 1.14
2007 14 12 1 0 1 4 3 0 1 .571 321 73.1 87 6 14 1 3 49 1 0 45 42 5.15 1.38
2008 10 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 127 30.0 28 6 13 1 0 15 1 0 18 18 5.40 1.37
SD 22 20 0 0 0 6 9 0 0 .400 475 111.0 118 12 30 2 3 77 3 0 60 57 4.62 1.33
'08計 32 21 0 0 0 6 10 0 0 .375 602 141.0 146 18 43 3 3 92 4 0 78 75 4.79 1.34
MLB:4年 59 44 1 0 1 16 18 0 1 .471 1202 279.2 294 35 81 5 10 184 8 0 161 150 4.83 1.34

記録編集

MLB

独立リーグでの投手成績編集

BCリーグ









































W
H
I
P
2015 武蔵 13 0 3 4 0 .429 213 50.1 44 2 14 2 35 2 2 20 16 2.86 1.16
通算:1年 13 0 3 4 0 .429 213 50.1 44 2 14 2 35 2 2 20 16 2.86 1.16

背番号編集

  • 32 (2004年)
  • 58 (2006年 - 2008年)
  • 53 (2008年)
  • 99 (2012年)
  • 30 (2015年 - 同年7月29日)
  • 55 (2015年7月30日 - 同年終了)

脚注編集

  1. ^ Cha Seung Baek Stats”. ESPN. 2011年11月3日閲覧。
  2. ^ Flyers sign former MLB'er Baek!”. Orange County Flyers. 2011年11月3日閲覧。
  3. ^ オリ“隠し玉”メジャー16勝右腕をテスト”. 日刊スポーツ (2011年11月3日). 2011年11月14日閲覧。
  4. ^ トライアウト実施のお知らせ”. オリックス・バファローズ公式サイト (2011年11月3日). 2011年11月12日閲覧。
  5. ^ ベク・チャスン選手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ公式サイト (2011年11月14日). 2011年11月14日閲覧。
  6. ^ オリックス白が戦力外”. 日刊スポーツ (2012年10月6日). 2012年10月6日閲覧。
  7. ^ ハムがメジャー16勝右腕・白嗟承をテスト”. 日刊スポーツ (2015年2月13日). 2015年3月25日閲覧。
  8. ^ ハム、メジャー16勝の韓国右腕を不合格に”. 日刊スポーツ (2015年2月18日). 2015年3月25日閲覧。
  9. ^ <野球>MLB出身韓国人投手、日本ハム入団テスト不合格 中央日報 (2015年2月19日) 2015年4月3日閲覧
  10. ^ 新入団選手のお知らせ (PDF) 武蔵ヒートベアーズ Musashi Heat Bears web page (2015年4月10日) 2015年4月11日閲覧
  11. ^ ロッテがメジャー通算16勝右腕をテスト!! 元イチローの同僚・白嗟承”. サンケイスポーツ (2015年7月28日). 2015年7月30日閲覧。
  12. ^ ベク・チャスン投手の獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2015年7月30日). 2015年7月30日閲覧。
  13. ^ ベク・チャスン投手を獲得=プロ野球・ロッテ”. 時事通信 (2015年7月30日). 2015年7月30日閲覧。
  14. ^ 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2015年10月21日). 2015年11月16日閲覧。
  15. ^ 阪神 入団テストの白嗟承2回1失点で不合格に”. 日刊スポーツ (2015年11月13日). 2015年11月16日閲覧。
  16. ^ 野球:元大リーガー白嗟承がオリックス入団”. 朝鮮日報 (2011年11月15日). 2011年11月15日閲覧。
  17. ^ マ軍ペク・チャスンの兵役逃れ問題が再燃”. 2008年10月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集