メインメニューを開く

益田 兼弘(ました かねひろ[1]1942年昭和17年)7月27日[2] - )は、日本の元陸上自衛官東部方面総監防衛大学校本科第9期卒業。1970年(昭和45年)11月25日に発生した三島事件当時の東部方面総監、益田兼利陸軍大学校54期首席)は実父。親子2代にわたり同一の師団長、方面総監を歴任した。なお、石見国(島根県西部)の有力豪族であった益田氏の歴代当主に同姓同名の人物がおり、実父ともに通字の「兼」が充てられているが直接の関連性はない。

益田 兼弘
生誕 1942年7月27日
日本の旗 日本 熊本県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1965 - 1999
最終階級 JGSDF Lieutenant General insignia (a).svg 陸将
除隊後 綜合警備保障代表取締役
綜警常駐警備(現・ALSOK常駐警備)代表取締役
テンプレートを表示

目次

略歴編集

熊本県出身

第1特科連隊長陸上幕僚監部人事部人事計画課長などを歴任

栄典編集

  •   瑞宝中綬章 - 2013年(平成25年)11月3日

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 役員人事について 綜合警備保障株式会社 2001.05
  2. ^ a b c d e 綜合警備保障株式会社第39期有価証券報告書
  3. ^ a b 綜合警備保障株式会社第42期有価証券報告書
  4. ^ 防衛省HP,平成25年秋の叙勲受章者名簿

参考文献編集

  • 『三島由紀夫と自衛隊 秘められた友情と信頼』(並木書房、1997年)ISBN 4-89063-087-2

関連項目編集

外部リンク編集