メインメニューを開く

相模原赤十字病院(さがみはらじゅうじびょういん)は、神奈川県相模原市緑区中野にある医療機関日本赤十字社神奈川県支部が運営する病院である。緑区の旧津久井郡地域では数少ない病院の一つであり[1]、地域にある神奈川県立の診療所に関する条例第3条により、指定管理者として県立の診療所を管理している[2]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 相模原赤十字病院
相模原赤十字病院
情報
正式名称 相模原赤十字病院
英語名称 Japan Red Cross Sagamihara Hospital
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、こう門科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数

132床


一般病床:132床
機能評価 3rdG:Ver.1.0
開設者 日本赤十字社社長 近衞忠煇
管理者 八十川要平(院長)
開設年月日 1953年3月
所在地
252-0157
位置 北緯35度35分1.5秒 東経139度15分39.8秒 / 北緯35.583750度 東経139.261056度 / 35.583750; 139.261056座標: 北緯35度35分1.5秒 東経139度15分39.8秒 / 北緯35.583750度 東経139.261056度 / 35.583750; 139.261056
二次医療圏 相模原
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

沿革編集

  • 1953年昭和28年)3月 - 日本赤十字社 神奈川県支部 中野赤十字病院として開院。
  • 1960年(昭和35年)8月 - 伝染病床を設置。
  • 1964年(昭和39年)8月 - 結核病床を設置。
  • 1965年(昭和40年)4月 - 津久井赤十字病院と改称。
  • 1981年(昭和56年)5月 - 結核病床を一般病床に転換。
  • 1998年平成10年)3月 - 災害医療拠点病院の指定を受ける。
  • 1998年(平成10年)3月26日 - 災害医療拠点病院に指定。
  • 1999年(平成11年)3月 - 伝染病床を廃止。
  • 2006年(平成18年) 4月 - 神奈川県の指定管理者制度により、神奈川県立「青野原、千木良、藤野診療所」の管理運営を開始する。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - DPC対象病院として承認。
  • 2010年(平成22年)3月 - 神奈川DMAT医療機関の指定。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 名称を現在の相模原赤十字病院に変更。

診療科編集

医療機関の指定等編集

交通アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 病院機能評価結果の情報提供より。緑区の津久井郡地域にはほかにもわずかながら病院があるため、「極めて広大な地域で唯一の病院」という表現は厳密には正しくない。
  2. ^ 管理している診療所は神奈川県立青野原診療所(相模原市緑区青野原2015番地)、神奈川県立千木良診療所(相模原市緑区千木良852番地)、神奈川県立藤野診療所 (相模原市緑区小渕1656番地の1)の3か所。

外部リンク編集