知床遊覧船沈没事故

2022年に知床半島沖で発生した海難事故
知床観光船沈没事故から転送)

知床遊覧船沈没事故(しれとこゆうらんせんちんぼつじこ)は、2022年令和4年)4月23日北海道斜里郡斜里町で発生した海難事故

知床遊覧船沈没事故
KAZU 1 sinking to the bottom of the sea.jpg
海自の無人潜水機「PAP-104」が撮影したKAZU I
日付 2022年令和4年)4月23日
時間 13時50分頃(日本標準時[1]
場所 日本の旗 日本 北海道斜里郡斜里町知床半島沖(カシュニの滝付近)[1]
座標 北緯44度14分54秒 東経145度13分33秒 / 北緯44.2482度 東経145.2257度 / 44.2482; 145.2257
カシュニの滝の位置(北海道内)
カシュニの滝
カシュニの滝
関係者 乗員・乗客 26人
死者 16人(2022年6月24日現在)
行方不明者 10人(2022年6月24日現在)
ウェブサイト 運行会社公式サイト(2022年6月17日現在、アクセス不可)
テンプレートを表示
KAZU I
140828 Utoro Port Shari Hokkaido Japan02bs3 (cropped).jpg
ウトロ漁港内を航行中のKAZU I(2014年撮影)
基本情報
船種 旅客船
船籍 日本の旗 日本
所有者 ほうらい汽船(1985年 - 1990年代)
岡山県の海運会社(1990年代 - 2004年10月)
大阪府の個人(2004年10月 - 2005年10月)
(有) 知床遊覧船(2005年10月以降)
運用者 (有) 知床遊覧船
建造所 山口市造船所
母港 日生港(時詳不明)
ウトロ漁港(2005年10月以降)
航行区域 沿海区域
改名 ひかり八号(1990年頃の旧船名、改名時期不詳)
経歴
進水 1985年2月
終航 2022年4月23日
最後 2022年4月23日午後
知床半島沖、カシュニの滝付近で沈没
現況 第一管区海上保安本部に押収され、検証中
要目 (2015年の改造後)
総トン数 19トン
全長 12.14 m
4.15 m
深さ 1.62 m
旅客定員 65名
乗組員 2名(船長甲板員
出典1 出典2
テンプレートを表示

遊覧船KAZU I」(カズ ワン)が斜里町の知床半島西海岸沖、オホーツク海域で消息を絶ち[2]、船内浸水後に沈没した[3]

5月29日現在、「知床観光船沈没事故」「北海道知床遊覧船事故」などとも呼称されている。

なお、「知床観光船」を登録商標としている道東観光開発、並びに同社が運行する「知床観光船おーろら」と本件事故は一切無関係である。

事故の経過編集

遊覧船「KAZU I」は、有限会社知床遊覧船(しれとこゆうらんせん)が所有・運行する小型観光船で、斜里町ウトロウトロ漁港から知床岬へ向かい、折り返してウトロへ帰港する予定だった[4]。このコースは「知床岬コース」と呼ばれており、所要時間は3時間程度だった[5]

事故当日は有限会社知床遊覧船が当季の運航を始めた初日だった。ウトロ港を発着する観光船は同社を含め5社が運航していたが、同業他社はゴールデンウィーク初日の4月29日ごろから運航を開始する予定だったため、当日は同社の遊覧船だけが運航していた[6]

当日の気象状況編集

事故当日、斜里町には3時9分に強風注意報(海上で6時から24時まで風速15.0m/s以上)、9時42分に波浪注意報(海上で9時から12時まで波高2.0m、12時から15時まで波高2.5m)が発令されていた。発航以前の時点で運航基準[7]に基づく発航を中止すべき条件(風速8m/s以上、波高1m以上)に達するおそれがあった[8]

ウトロ漁港沖合の波高は10時に32センチメートルと穏やかだったが、11時40分ごろから上昇を開始、12時20分に1メートルを超え、13時18分には2メートルになった。14時には3.07メートルに達した[9]

また、事故当日の朝KAZU Iの船長は別の観光船運行会社の従業員から「今日は海に出るのをやめておいたほうがいい」と忠告されていた[10]。ウトロ漁業協同組合によると、昼頃から現場海域の視界が悪くて波も高く、漁船は午前中に引き返していた[11]

遊覧船の出航編集

KAZU Iはウトロ漁港を10時に出港。子ども2人を含む乗客24人と、船長・甲板員の合計26人が乗船していた[4]

10時10分ごろ、ウトロ漁港から北東に3キロメートル余り離れた付近で、トレッキングツアーの客がKAZU Iを目撃、撮影している[12]。ツアーに同行していたガイドによると、この時点で船の様子は普通通りだった[13]

10時20分ごろ、僚船のKAZU IIIが臨時船長の操船で乗客12名を乗せ、カムイワッカの滝で折り返す70分のコースに出航、11時ごろから若干の波風を感じたが、11時40分ごろ、予定通り帰港している[14][15]

12時10分ごろ、波が強まったため、知床遊覧船事務所は14時に出港する便の運航を中止することを決定した[15]

事故発生編集

13時ごろ、KAZU Iが帰港していない事に気付いた別の観光船運行会社の従業員が、知床遊覧船事務所を訪れると「船長の携帯電話がつながらない」と告げられた[16]。知床遊覧船事務所の無線用アンテナは同年1月ごろに破損して以降、修理しておらず無線交信ができなかったため、従業員は自社の事務所から無線交信にあたることになった。

13時10分ごろ、従業員が無線で現在地を尋ねると、船長Aは「カシュニの滝にいる。戻るのに時間がかかる」と応答した[17]。この時点で切迫した様子はなかったが、通常通りの運行をしていた場合、現場付近は1時間ほど前に通過していたはずであり、減速して航行せざるを得ない事態に見舞われていた可能性がある[18]。従業員が知床遊覧船事務所に状況を伝え自社に戻ると、わずか数分で状況が一変しており、無線で問いかける前から「救命胴衣を着せろ」と誰かに指示する声が聞こえた。船長Aに呼びかけると「大変なことになった」「エンジンが止まって前の方から沈んでいる」と応答があった[17]

13時13分、この交信をした従業員が海上保安庁へ救助要請の118番通報をした。「アマチュア無線で(沈みそうだ)と言ってきた。知床遊覧船のカズワン。乗客はいる。カシュニの滝あたり」[19]。これが事故第一報となった。従業員は海上保安庁への通報後、船長Aにも携帯で118番通報するよう伝えた。それ以後、無線を呼んでも会話はできなくなり、これが無線機での最後の通信になった[17]

13時18分、船長Aは乗客から借りた携帯電話で、「カシュニの滝の近く。船首 浸水、沈んでいる。バッテリーダメ。エンジン使えない。乗客 10人くらい」と118番通報した[19]。通報の位置情報はカシュニの滝の沖に約1キロメートルの地点で、のちに判明する船体発見地点から南西におよそ200メートル離れている。付近の潮の流れから、通報後まもなく沈没したとみられている[20][21]

また、沈没前に携帯電話が通じた乗客もおり、乗船していた佐賀県在住の70代男性は、「船が沈没しよるけん、今までありがとうね」と妻に電話で別れを告げていた[22]

14時ごろ、KAZU Iから知床遊覧船の事務所に、乗客から借りた携帯電話で「船が30度ほど傾いている」と連絡。以後、KAZU Iと事務所との連絡は途絶えた[23][24][注 1]

事故後の初期対応編集

13時22分 第一管区海上保安本部は釧路航空基地にヘリコプターの出動を指示、道東を管轄する部署に所属する巡視船に対して発動の指示を行った[25]

13時47分、知床遊覧船の関係者から118番通報、「カズワンはどうなった?漁船は出られないと言われた。ヘリじゃないと間にあわない。沈む。ライフジャケットはつけさせた。船とヘリ手配中」[19]

14時16分、知床遊覧船の関係者から118番通報、「乗船者は26名、うち大人22名、子供2名、船長1名、甲板員1名。全員ライフジャケット着用済み。くり返し携帯に架電するも連絡とれず」[19]

14時55分、知床遊覧船事務所から海上保安本部へ「14時ごろからKAZU Iと連絡が途絶えている」と連絡があった[25][注 1]

15時ごろ、網走海上保安署の職員が知床遊覧船事務所に到着[15]。乗客名簿に書かれた12の携帯電話番号すべてに電話をかけたが通じなかった[26]

捜索および船体引揚げの経過編集

4月編集

23日
最初に現場にて捜索活動を開始したのは、海上保安庁ヘリコプターで、13時22分には最寄りの釧路航空基地に出動指示が出された。しかし、当時は所属ヘリ2機のうち1機が整備中、もう1機は遠方の海域で哨戒業務中で、救助活動を行うにあたって燃料の補給と潜水士を同乗させる必要があった。このため、14時38分に釧路航空基地へいったん帰投、給油活動および2人の潜水士を同乗させたのちに15時20分に基地を出発し、最終的に現場に到着したのは通報から約3時間後の16時30分ごろとなった[25]。このことは、海保の航空機配備数を見直すきかっけとなった(事故の影響の項参照)[27]。以後、海上保安庁のヘリコプター2機、北海道警察のヘリコプター1機が現場海域付近の捜索を18時30分まで実施した[28][29]。現場から約300km離れた海上保安庁千歳航空基地からも固定翼機が投入されたが、到着は18時15分ごろだった[30]
また、13時22分ごろに巡視船出動の指示を行ったが、高波のため通常の速力が出せず、捜索活動の開始に時間を要した[31]。17時55分、根室海上保安部「くなしり」、18時50分、羅臼海上保安署「てしお」、19時30分、紋別海上保安部「そらち」が現場海域に到着し、それぞれ捜索を実施[32]
その後、第一管区海上保安本部本部長は、19時40分に千歳基地航空自衛隊第2航空団司令に対して捜索救難に係る災害派遣要請を行った。これを受け、千歳救難隊および救難教育隊U-125A救難捜索機、それぞれ1機が20時29分以降現場到着、捜索を開始したほか、海上自衛隊第2航空群所属のP-3C哨戒機2機が23時44分以降、捜索を開始した。海上保安庁の巡視船艇7隻、航空機2機による捜索は24時間体制で実施された[29][28]。しかし天候不良により捜索は難航し、この日行方不明者は発見されなかった[33][34][35]
24日
空自の千歳救難隊および救難教育隊所属U-125A、海自の第2航空群所属P-3Cは日付が変わって以降も捜索を継続[35]。0時10分、海自第14護衛隊所属の護衛艦せんだい」は寄港中であった大湊基地から捜索のため出港した[34]。その他7時39分以降、空自の千歳救難隊所属UH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を開始。各種対策本部等にリアルタイムで現場の状況を伝えるために、7時45分以降、陸上自衛隊北部方面航空隊所属UH-1J多用途ヘリコプター2機が映像伝送を開始。8時1分、千歳救難隊所属UH-60J救難ヘリコプターが行方不明者1名を発見、同24分に収容完了。9時27分以降、空自秋田救難隊所属のUH-60J救難ヘリコプター、1機が捜索を開始[35]。10時11分、海保が発見した行方不明者を千歳救難隊所属UH-60J救難ヘリコプターが収容。12時55分以降、レーダー覆域の補完及び通信中継のため、空自のE-2早期警戒機が運用開始[36]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機3機、ヘリコプター4機、北海道警察はヘリコプター1機、北海道は防災ヘリコプター1機、漁業取締船1隻が捜索を実施[29]。また、この日から地元の漁船や事故と関係のない観光船などによる捜索も始まった。
この日は、5時過ぎに知床岬突端沖で警察の航空機により最初の行方不明者が発見されたのを皮切りに、知床岬の岩場付近で10人、知床岬灯台から東側約14キロメートルの沖合で子供1人の合計11名が発見された(先述の自衛隊による収容を含む)ものの、11人全員の死亡が確認された[2]。残る15名は行方不明のため、捜索が継続された。
当日の行方不明者搬送の動き[28]
  • 5時4分 北海道警ヘリが2名を救出。
  • 5時55分 斜里町立知床ウトロ学校(小中学校)へ搬送、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、病院へ搬送。
  • 6時30分 北海道警ヘリで2名救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、病院へ搬送。
  • 7時00分 海上保安庁ヘリで2名を救出、斜里町陸上競技場に搬送、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、病院へ搬送。
  • 7時30分 海上保安庁ヘリで2名を救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、ウトロ支所(DMAT 所在)へ搬送。
  • 8時24分 航空自衛隊ヘリで1名を救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、ウトロ支所へ搬送。
  • 10時11分 航空自衛隊ヘリで1名を救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、ウトロ支所へ搬送。
  • 23時10分 海上保安庁巡視船で1名救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、病院へ搬送。
25日
2時42分、海自第14護衛隊の護衛艦「せんだい」が現場に到着し捜索を開始。その他5時29分以降、空自の千歳救難隊及び秋田救難隊のUH-60J救難ヘリコプター計2機が捜索を実施した。7時20分以降、陸自の北部方面航空隊のUH-1J多用途ヘリコプター2機が映像伝送を開始。8時30分以降、海自の第2航空群のP-3C哨戒機1機が捜索を開始。10時25分時点で、空自飛行警戒監視群所属のE-2早期警戒管制機1機が活動を実施。12時28分以降、空自飛行警戒管制群のE-767早期警戒管制機1機が活動を開始。14時23分以降、空自の千歳救難隊のU-125A救難捜索機1機が捜索を実施[36]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機1機、ヘリコプター4機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は漁業取締船1隻が捜索を実施[29]。また、漁船や観光船などによる捜索活動が引き続き行われた。
この日はKAZU Iのものとみられる浮き輪等は見つかったものの、行方不明者の発見はなかった。
一方海上保安庁は、乗客の携帯電話の反応が一切なかったため、船は沈没した可能性があるとして、ソナーなどを用いた捜索を急ぐとした[37]
26日
海自第14護衛隊の護衛艦「せんだい」は終日、捜索を継続。その他5時15分以降、陸自の北部方面航空隊のUH-1J多用途ヘリコプター2機が映像伝送を開始。7時57分以降、空自の千歳救難隊及び秋田救難隊のUH-60J救難ヘリコプター計2機が捜索を実施。8時14分、海自第45掃海隊所属の掃海艇いずしま」が捜索のため函館基地から出港。8時52分以降、千歳救難隊のU-125A救難捜索機1機が捜索を実施。9時00分以降、陸自第27普通科連隊及び第5偵察隊が捜索地域にて地上映像伝送を実施。10時28分以降、空自飛行警戒監視群所属のE-2早期警戒管制機1機が活動を開始。12時25分以降、空自飛行警戒管制群のE-767早期警戒管制機1機が活動を開始。このほかに海自P-3Cも捜索活動を実施[38]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機、漁業取締船1隻が捜索を実施[29]。また、漁船や観光船などによる捜索活動が引き続き行われたものの、行方不明者の発見はなかった。
一方、捜索中であった漁船の魚群探知機に、船体の可能性がある反応があったと発表された。同日12時半ごろ、海保の潜水士が付近を調査しKAZU Iかどうか調査を始めたが、悪天候の為約2時間後に調査を中断した。
加えて、沖合の深い場所も捜索する必要があることから、海上保安庁は海底の地形を探査する測量船天洋」(海上保安庁海洋情報部所属[39])を投入し捜索の幅を広げるとし、同日11時ごろに母港としている東京都台場から出港した[40][41]
27日
海自第14護衛隊の護衛艦「せんだい」は終日、捜索を継続。その他11時00分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。同時に空自飛行警戒管制群のE-767早期警戒管制機1機が活動を開始した[42]。海上保安庁は巡視船艇9隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機、漁業取締船1隻が捜索を実施[29]。一方、この日は天候不良により漁船や観光船などでの捜索は中止となった他、この日も行方不明者の発見はなかった。
また、26日に漁船の魚群探知機で確認された船体の可能性のある反応は、海底の地形だという結論に至った。
加えて、これまで発見、死亡が確認された11人全員の身元が判明、氏名が公表された[43][44]
28日
海自第14護衛隊の護衛艦「せんだい」は終日、捜索を継続。その他11時23分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。16時08分、現場海域進出中であった海自第45掃海隊所属「いずしま」が行方不明者2名を発見収容し、海保に引き渡した。16時22分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[45]した。海上保安庁は巡視船艇8隻、航空機1機、ヘリコプター4機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機、漁業取締船1隻が捜索を実施[29]。一方、この日も天候が回復せず、27日に続き漁船や観光船などによる捜索は中止となった。
一方、知床岬灯台の南南東約23キロメートルの羅臼町沖付近で行方不明者のうち3人の成人男性が発見された。しかし、3人全員の死亡が確認された。なお、行方不明者が発見されたのは消息を絶ったカシュニの滝付近から知床半島を挟んだ反対側の羅臼沖であった[46]。残る行方不明者は12名となり、さらなる捜索が継続された。
また、同日夕方には、ロシアから国境警備局の警備艦が27日に国後島西方海域で救命胴衣を着用した漂流者を発見したが、荒天のため見失った」と海上保安庁にファクス連絡があった[47]。ロシア側はリュックサックを見つけて引きあげており、その中には、これまでに発見された乗船者の名義の銀行カードが入っていたとしている[48]
当日の行方不明者搬送の動き
  • 18時7分 海上保安庁ヘリで2名を救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、病院へ搬送。
  • 19時12分 海上保安庁ヘリで1名を救出、斜里消防の救急隊に引き継ぎ、病院へ搬送[28]
29日
海自第14護衛隊の護衛艦「せんだい」活動終了。4時23分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施したほか、16時30分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[49][50]した。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター4機、北海道警察はヘリコプター2機、警備艇1隻、北海道は防災ヘリコプター1機が捜索を実施[29]。またこの日は天候が比較的穏やかであったため、漁船や観光船などによる捜索が3日ぶりに行われた。しかし、この日は行方不明者の発見はなかった。
一方、海自第45掃海隊の掃海艇いずしま」は、海保のソナー探査により特徴的な海底隆起が確認されたカシュニの滝付近の地点において、同艇搭載の機雷捜索・掃討用無人潜水機(ROV)である「PAP-104」により水中捜索開始、そして同日11時7分、水深120メートルの海底で「KAZU I」の文字を確認、消息不明の同船であると確認された。発見された海域は岸から1キロメートル余りで水深が100メートルを超えるような急激に深くなる場所だった[51]
30日
9時13分以降、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」が捜索を実施。11時27分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。16時25分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[52]した。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター3機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機が捜索を実施[29]。また、漁船や観光船などによる捜索活動が引き続き行われたものの、この日も行方不明者の発見はなかった。
一方、29日発見された船体に対する確認が引き続き行われたほか、死亡が確認された14名のうち、新たに2名の身元が判明、氏名が公表された[53]

5月編集

1日
13時52分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。その他14時54分以降、新たに海自第1掃海隊所属の掃海艦ひらど」が現場海域に到着し捜索活動を開始。海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は捜索活動を実施しつつ、補給等のため現場海域を離脱。15時46分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[54]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター4機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻が捜索を実施[29]。また、漁船や観光船などによる捜索活動が引き続き行われたものの、この日も行方不明者の発見はなかった。
一方、29日に発見された船体に対する、水中カメラを用いた調査が行われた。後方にある客室のドアが開いているのが確認され、このドアから水中カメラを入れて船内を捜索できないか検討を進めたものの、潮流が速く水中カメラの操縦が難しいほか、視界も数メートル程と悪いため、この日は船内の様子を確認することはできなかった[55]
2日
海自第1掃海隊の掃海艦「ひらど」は終日、捜索を継続(天候状況に鑑み水中捜索は実施せず水上捜索のみ)したほか、16時38分、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は補給等を終え、現場海域に向けて進出開始[56]。海上保安庁は巡視船艇9隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇2隻が捜索を実施[29]。一方、この日は天候不良により漁船や観光船などでの捜索は中止となったほか、この日も行方不明者の発見はなかった。また、水中カメラによる船体の調査も同じく中止となった。
一方、新たに身元が確認された2名の氏名が公表、死亡が確認された14名全員の氏名が公表された[57]
また、海上保安庁は、通常よりも深い水深までの潜水が可能な「飽和潜水」という専門技術を持つ民間業者「日本サルヴェージ」と契約し、5月中にも船内の捜索を開始すると明らかにした[58][59]。無人潜水機を搭載した、「オフショアエンジニアリング」が所有、管理する作業船「新日丸」[注 2]が現場海域に向け、鹿児島県の港から出航した[60][61]
3日
7時57分以降、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」が水中捜索を2回実施したほか、10時28分以降、海自第1掃海隊の掃海艦「ひらど」が水中捜索を2回実施。13時24分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。14時24分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[62]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻が捜索を実施[29]。加えて、天候の回復に伴い漁船や観光船などによる捜索活動が再開されたものの、この日も行方不明者の発見はなかった。
また、水中カメラによる船体の調査も再開され、船体の発見後初めて船内の様子が確認できた。その後4日には撮影された写真が公開された。その写真では座席などが確認できたものの、人影や沈没の原因となる手がかりは発見されなかった[63][64][65]
一方、船体の調査をしていた北海道警察の水中カメラが操作不能になった。母船とつながるケーブルが船内の突起物に引っ掛かり切断した可能性があり、水中カメラは船内への入口付近に取り残されて回収不能になった[66]
4日
海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は終日、捜索を継続(天候状況に鑑み水中捜索は実施せず水上捜索のみ)。海自第1掃海隊の掃海艦「ひらど」は捜索活動を実施しつつ、補給等のため現場海域を離脱、以後活動終了[67][68]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇2隻が捜索を実施[29]。また引き続き漁船や観光船などによる捜索活動も行われたものの、この日も行方不明者の発見はなかった。
5日
7時57分以降、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」が水中捜索を実施。13時55分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。14時20分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[69]。海上保安庁は巡視船艇8隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機が捜索を実施[29]。また、漁船や観光船などによる捜索活動が引き続き行われた。更に、ロシア側との調整が付き、同日午後から海上保安庁の巡視船1隻が国後島付近での捜索を開始した。第一管区海上保安本部は取材に対し、日露中間線を超えての捜索があったかどうかについての明言はさけている。また、国後島付近での捜索について、4月25日に事故の概要をロシア側に伝えて捜索を依頼してから、ロシアの警備艦が捜索に協力しているとされることも明かされた。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった[70]
一方、事故発生から同日まで要請という形で行われてきた地元漁船による捜索は、定置網漁の本格化を受けて5日までで終了となった[71]
6日
7時53分以降、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」が水中捜索を実施。13時49分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。14時26分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[72]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター3機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機が捜索を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
7日
7時52分以降、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」が水中捜索を実施。8時39分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。14時21分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[73]。海上保安庁は巡視船艇5隻、航空機1機、ヘリコプター3機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機が捜索を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
8日
海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は補給等のため一時現場海域を離脱。15時27分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[68]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機が捜索を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
海上保安庁が契約した民間の多目的作業船「新日丸」が捜索・調査活動を開始。無人潜水探査機「はくよう」により、操作不能になっていた北海道警察の水中カメラを回収した[74]
一方、第一管区海上保安部は、「新日丸」に搭載した無人潜水機にて撮影されたKAZU Iの画像を2枚公開した。新日丸は今後、近く行われる飽和潜水に向けて、これまでより画質のよい鮮明な画像で船体周辺を事前に確認する[75][76]
9日
13時23分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。15時19分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[77]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察は警備艇2隻が捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索・調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
10日
9時30分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。12時45分以降、海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は補給を終えて現場海域での水上捜索に復帰。15時25分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[78]。海上保安庁はヘリコプター2機、巡視船艇5隻、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索、調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
15時前、飽和潜水の為の機材を搭載した、海上保安庁が契約した「日本サルヴェージ」の作業台船「海進」とタグボート「早潮丸」が、福岡県の門司港より現場海域に向け出航した[79][80]
11日
海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は終日、水上捜索を実施。14時28分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[81]。海上保安庁は巡視船艇5隻、航空機1機、ヘリコプター3機、北海道警察は警備艇1隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索・調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
12日
海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」は終日水上捜索を実施。14時23分、新たに掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」が根室港に入港、捜索活動のための補給等を実施。15時51分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[82][83]。海上保安庁は巡視船艇4隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察は警備艇1隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索・調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
13日
海自第45掃海隊の掃海艇「いずしま」活動終了。16時01分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[83]。海上保安庁は巡視船艇4隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇2隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索・調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者発見はなかった。
一方、ロシアから「5月6日に国後島の西岸で女性の遺体が発見された。国籍は不明で、今後詳細が分かれば連絡する。」との連絡があった旨を、第一管区海上保安本部が発表した。当事故による行方不明者とみられており、13日時点で遺体は古釜布ユジノ・クリリスク)にある病院に収容されているとしている。なお、遺体は損傷が激しいほか、身元の特定につながる所持品は発見されなかった[84]
14日
15時59分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[85]。海上保安庁は巡視船艇3隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇2隻にて捜索を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
15日
7時51分以降、海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は水上捜索を実施。14時54分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[86]。海上保安庁は巡視船艇4隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇1隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索・調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
16日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は終日水上捜索を実施。9時54分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施。16時25分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施[87]。海上保安庁は巡視船艇4隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇1隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による捜索・調査を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
北海道警察は16日から4日間の予定で陸上での行方不明者の捜索を拡大した。知床半島南側の羅臼町から、野付半島にかけての沿岸部約70キロで実施する[88]
17日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は終日水上捜索を実施。12時25分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施。14時02分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施[89]。海上保安庁は巡視船艇5隻、ヘリコプター3機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇1隻、北海道は防災ヘリコプター1機にて捜索を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
18日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は補給等のため、水上捜索を実施しつつ一時現場海域を離脱。13時57分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施。15時53分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施[90]。海上保安庁は巡視船艇8隻、ヘリコプター2機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機にて捜索を実施[29]。しかし、この日も行方不明者の発見はなかった。
19日
10時00分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。14時30分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[91]。海上保安庁は巡視船艇8隻、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による調査を実施[29]
また、この日初めて日本サルヴェージの作業船「海進」による飽和潜水が行われたが、海底での潮流の影響が懸念されたため、予定の13時より3時間ほど遅れた16時半ごろ開始された。海保によると、潜水士2人が2時間程船内などの捜索に向かったものの、行方不明者や手がかりは発見されなかった[92][93]
20日
9時36分以降、海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」が水上捜索を実施。12時55分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[94]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇1隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による調査を、多目的作業台船「海進」は飽和潜水による捜索、調査を実施[29]
一方、ロシアから「前日までに新たに国後島の西側の沿岸にて新たな遺体が発見された」との連絡があった旨を、第一管区海上保安本部が発表した。事故による行方不明者と見られており、外交ルートを通じて身元の確認を行っている。また、8時過ぎより飽和潜水が行われた[95]
21日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は、終日水上捜索を実施。14時00分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。15時54分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[96]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察はヘリコプター1機、警備艇1隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による調査を、多目的作業台船「海進」は飽和潜水による捜索、調査を実施[29]
22日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は、終日水上捜索を実施。9時00分以降および15時06分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[97]。海上保安庁は巡視船艇8隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇2隻にて捜索を実施[29]
23日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は、終日水上捜索を実施。13時57分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施。15時15分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[98]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機1機、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇2隻にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による調査を、多目的作業台船「海進」は飽和潜水による引き揚げ作業を実施[29]
KAZU I船体の曳航に向け、飽和潜水等のサルベージ作業を行っていた日本サルヴェージの作業船「海進」によるつり上げ作業が、16時ごろに終了したと第一管区海上保安本部が発表した。15時30分ごろには船体と見られるものが海面近くまでつりあげられたのが確認されていた。今後、波浪の影響を避けるためにある程度まで沈めた後、翌24日にかけて曳航を行うとしている[99][100]
24日
海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」は補給等のため、水上捜索を実施しつつ一時現場海域を離脱。14時27分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[101]。海上保安庁は巡視船艇6隻、ヘリコプター2機、北海道警察は警備艇2隻、ヘリコプター1機にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による調査を、多目的作業台船「海進」は曳航作業を実施[29]
日本サルヴェージの作業船「海進」による船体の曳航中、ウトロ漁港から西側の沖合11キロメートルにて船体が落下した。その後、最初の沈没地点の水深120メートルよりさらに深い、水深182メートルの地点で船底を下にした状態で沈んでいる状態で発見された。落下前の8時ごろにKAZU I の船体が器具に固定されていることが確認されており、その後10時ごろに落下していることが判明したため、落下が発生したのはこの2時間の間とみらる。また、船体を保持していた5本のスリング(ナイロン製ベルト)のうち2本が切断していた。潮流などで船体が浮き沈みを繰り返した結果、スリングが摩擦によって切断し、落下の原因になったと考えられる[102]。日本サルヴェージは、今後、再びサルベージ作業を行い、改めて船体を曳航するとしている[103][104]
25日
10時27分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[105]。海上保安庁は巡視船艇7隻、ヘリコプター1機、北海道警察は警備艇1隻、ヘリコプター1機、北海道は防災ヘリコプター1機にて捜索を実施。民間の多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による調査を、多目的作業台船「海進」は引き揚げ作業を実施[29]
一方、落下の影響でKAZU 1の手すりが脱落していることが判明した[106]
26日
7時50分から13時20分までの間、海自掃海隊群第1掃海隊の掃海艇「はつしま」が水上捜索を実施。以後活動終了。13時20分以降、新たに海上自衛隊第41掃海隊の掃海艇「ちちじま」が水上捜索を実施。10時53分以降および15時59分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[107]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察は警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機にて捜索を実施。民間の多目的作業台船「海進」と多目的作業船「新日丸」は無人潜水探査機「はくよう」による引き揚げ作業を実施[29]
朝からサルベージ作業が開始され、7時55分に日本サルヴェージの作業船「海進」から無人潜水機(ROV)が投入された。無人潜水機によりKAZU 1 の船体に2本のスリングをかけ、「海進」からクレーンで降ろされた台枠に接続する計画。午前中にはスリングと台枠の接続作業が完了し、15時からはクレーンによる吊り上げ作業が開始され、18時55分ごろ、船体のみが水に浸かり構造物は水面上に出る程度まで引き揚げられた。船体の上部にはブルーシートがかけられ、翌27日に船体を完全に引き上げるためにウトロ港沖の浅い海域まで曳航された[108][109][110][111]
27日
引き続き夜通しのサルベージ作業が行われ、3時20分までに作業船「海進」へ船体が完全に引き揚げられた。その後、船底にもブルーシートがかけられ、船体は「海進」の甲板に固定された。
そして14時25分、作業船「海進」が網走港に着岸した[112][113][114]
海上自衛隊第41掃海隊の掃海艇「ちちじま」は終日水上捜索を実施[115]。海上保安庁は巡視船艇6隻、北海道警察は警備艇1隻、ヘリコプター1機にて捜索を実施。民間の多目的作業台船「海進」と多目的作業船「新日丸」は引き揚げ作業を実施[29]
28日
水抜き作業が行われた後、昼過ぎには海上保安庁の特殊救難隊員が船内に入り、これまで水中カメラでは確認できなかった機関室や倉庫に取り残された人がいないかどうか、改めて捜索された。しかし、新たに手がかりとなるものは発見されなかった。また、国土交通省は、引き揚げられた船体を6月1日の午後に、乗客の家族向けに公開すると明らかにした[116]
海上自衛隊第41掃海隊の掃海艇「ちちじま」は終日水上捜索を実施[117]。海上保安庁は巡視船艇7隻、航空機1機、北海道警察は警備艇1隻にて捜索を実施[29]
29日
この日から3日間、関係機関や地元漁船、観光船などによる集中捜索が行われた。知床半島や国後島周辺の海上の他、沿岸の陸上でも捜索が行われた[118][119][29]。海上自衛隊第41掃海隊の掃海艇「ちちじま」は終日水上捜索を実施。15時54分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施[120]。海上保安庁は巡視船艇10隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道警察は警備艇2隻、北海道は防災ヘリコプター1機、漁業取締船1隻にて捜索を実施[29]
30日
海上自衛隊第41掃海隊の掃海艇「ちちじま」は終日水上捜索を実施。9時8分以降および14時58分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施。14時8分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施[121]。海上保安庁は巡視船艇9隻、航空機1機、ヘリコプター2機、北海道は漁業取締船1隻にて捜索を実施[29]
31日
海上自衛隊第41掃海隊の掃海艇「ちちじま」は終日水上捜索を実施。10時19分以降および15時02分以降、空自千歳救難隊のU-125A捜索救難機1機が捜索を実施。10時57分以降および15時25分以降、空自千歳救難隊のUH-60J救難ヘリコプター1機が捜索を実施[122]。海上保安庁は巡視船艇6隻、航空機1機、北海道警察は警備艇2隻、ヘリコプター1機、北海道は漁業取締船1隻にて捜索を実施[29]

6月編集

1日
7時15分ごろ、船体の陸揚げ作業が行われた。船体がクレーンでつり上げられた後、トレーラーの上に載せられ、近くにある保管場所に移された。つり上げられた際、船底部分に岩礁にあたってできたような穴が空いていることも確認された[123][124]
航空自衛隊第2航空団司令は海上保安庁第一管区海上保安本部長より災害派遣撤収要請を受け、陸海空の自衛隊による捜索活動を終了[125]。海上保安庁は巡視船艇4隻、航空機1機、北海道警察は警備艇1隻にて捜索を実施[29]
24日
5月中に国後島にて発見され、古釜布(ユジノ・クリリスク)の病院で安置されていた2名の遺体について、いずれも乗客とのDNAと一致したと連絡があったことが判明した。うち一人はKAZU Iの甲板員であった。これにより、残る行方不明者は10名となった[126]
28日
ロシア当局から、「日本人と見られる遺体がサハリン南部の沿岸にて見つかった」という旨の連絡があったことが発表された。性別や年齢は不明で、救命胴衣をつけていたとしており、当事故による行方不明者と見られている。

事故発生までの経緯編集

事故船編集

 
正面から見たKAZU I(2014年撮影)

事故を起こしたKAZU Iは、1985年に山口県山口市造船所で造られたものであり、ほうらい汽船旅客船「ひかり8号」として広島県三原市三原港と同県豊田郡瀬戸田町(現在の尾道市生口島瀬戸田港を結ぶ片道30分ほどの定期高速船で使われていた[127]。その後数年で置き換えられ、1990年代には岡山県日生港牛窓港を結ぶ航路を運営する会社に売却。しかし、その後わずか数年で航路が廃止、2004年に大阪府の個人に所有権が移転した後、2005年に有限会社知床遊覧船が購入したと見られる[128]

2005年秋、約500万円で購入、岡山県から3カ月かけてウトロ漁港まで回航された。その後、エンジンを2基から1基に減らす改造を受けている[129]。同船は2015年にバルバス・バウを取り付ける改造を受け、長さは11.86mから12.14m、深さは1.52mから1.62mにそれぞれ変更されている[130][131]

KAZU Iの甲板下には隔壁が3つあり、前方から船倉、船倉、機関室、舵機室に分かれていた。これらの隔壁には人が通るための縦横80cm程の開口部があり、水密構造にはなっていなかった。船舶安全法上は、航行区域が限定されている小型船舶には水密構造、完全密閉は要求されていない[132]。2021年4月の定期検査の際に、機関室の消火設備の能力確保のため、機関室前後の隔壁の開口部を塞ぐよう指示されていた。2021年6月の特別監査および2022年4月の中間検査において、機関室前後の開口部が木の板で塞がれていることが確認されている。引き揚げ後の現場検証において、これらの隔壁はいずれも木の板が破損して開口していたことが確認された[133]

運航会社の状況とKAZU Iの過去の事故について編集

KAZU Iは、斜里町の有限会社知床遊覧船による運航である。同社は2001年(平成13年)3月に設立され、2016年(平成28年)に取締役が交代し[134]、2018年の時点で斜里町でホテルなどを運営する「しれとこ村グループ」に属する[135]。事故発生後、家族に対する説明会は25日から1日3回行ったが、同社の代表者は初回の説明会に出席しただけで、記者会見の開催を呼びかけても応じず、ようやく27日の16時40分ごろから会見を開いた[136]

同社はここ2年ほどで船長が頻繁に入れ替わるなどしており、操船経験が豊富なベテランの船長や、整備・運航ノウハウに熟知するスタッフが少なくなっていたという[137]。2021年(令和3年)3月までに人員整理方針に意見が合わなかったスタッフ5人が退職し[138]、今回の沈没事故で行方不明となっている54歳の船長Aを含む3人の船長が採用された[139]。それ以降、同社の船が岸に近づきすぎたり、定置網の近くを通ったりする様子が目撃されており、「操船技術が未熟」と指摘されていた[138]

同年5月、KAZU Iは操船技術の未熟さによると見られる漂流物との衝突事故を起こしており[140]、衝突の衝撃でベンチが外れ3人が怪我をする事態となった[141]。また、6月11日にはウトロ漁港近くの浅瀬に乗り上げる座礁事故を起こしており、この際は自力で離礁したため乗員2人、乗客20人に怪我はなかった[142]。船長Aは座礁事故の際にも乗務しており、業務上過失往来危険容疑で書類送検されているが[143]、実際に操船していたのは別の船長だった[139]。結果、採用された3人の船長のうち2人が事故を起こした形となり、残った船長Aに同社の船の対応が集中することになった[139]。2021年当時に甲板員として働いていた人物によれば、知床遊覧船の社員は社長を除くと船長Aのみであり、他の船長や甲板員は宿泊施設の従業員で、しかも運行期間のみの期間社員だったという[141]

有限会社知床遊覧船の事故までの略歴編集

  • 2001年(平成13年)7月6日- (有)知床釣遊覧船に対する旅客不定期航路事業の許可。
  • 2005年(平成17年)12月15日- (有)知床遊覧船へ社名変更(届出)。
  • 2017年(平成29年)4月7日- 代表者の変更報告(「しれとこ村」グループによる買収)。
  • 2020年(令和2年)7月4日- 斜里町ウトロ漁港内にて、知床遊覧船が運航する観光旅客船「KAZU III」と、観光旅客船「カムイワッカ55」が衝突。
  • 2021年(令和3年)
    • 5月15日- 「KAZU I」の船首が漂流しているロープの塊に接触し、乗客3名が軽傷。
    • 6月11日- 「KAZU I」が浅瀬に乗り上げたが、負傷者等はなく、自力航行により帰港。
    • 6月24日25日- 北海道運輸局が海上運送法及び船員法に基づき、知床遊覧船に対する特別監査を実施、見張り不十分について指導。
    • 7月9日- 同社より北海道運輸局に見張り強化に関する報告。
    • 7~8月- 「KAZU I」について、6月の事故による損傷個所の修理後、日本小型船舶検査機構(JCI)による臨時検査を受検。
    • 7月20日- 安全管理規程の遵守等、輸送の安全確保に関する指導。
    • 7月30日- 知床遊覧船が北海道運輸局へ改善報告。
    • 10月13日- 北海道運輸局職員が事前の連絡無く本船及び事務所を訪問し、改善内容について確認。
  • 2022年(令和4年)
    • 4月20日- 旅客船「KAZU I」について、JCIによる中間検査を受検、通信設備を船舶衛星電話から携帯電話に変更。
    • 4月23日- 旅客船「KAZU I」海難事故発生。
    • 4月24日~- 知床遊覧船に対する特別監査を実施中[144]

整備不良の可能性編集

事故前年の冬季間の運行休止に伴う陸揚げの際、船体に15cmほどの亀裂損傷が生じていたことが確認されていたが船体の修理を実施することなく越冬したことが判明しており、船体の亀裂損傷と事故との関連が疑われた[145][146]

斉藤鉄夫国土交通大臣は4月26日の参議院国土交通委員会での答弁で、当該船舶は4月20日に船舶安全法に基づく日本小型船舶検査機構の中間検査を受検し、中間検査で問題は確認されなかったと述べた[147][148]。また、事故2日前の4月21日網走海上保安署が任意で行った安全点検では、船体に損傷がないかや、救命胴衣が適切に備え付けられているかどうかなどを確認し、特に問題はなかったとしている[149]

ただ一方で、位置情報を取得する機器であるGPSプロッターが当時船体に取り付けられていなかった[149]。非搭載であっても法令違反にはならないものの、海上保安署はGPSプロッターを取り付けてもらった上で、27日に再度点検を行う予定だった[149]

斉藤哲夫国土交通大臣は特別監査により、事故前の段階での船体の損傷の発生の有無や、船長や甲板員が必要な安全教育を受けていたかどうか調査する考えを述べた[147][148]

通信手段編集

KAZU Iの通信手段は「携帯衛星電話」、「船長の携帯電話」、「アマチュア無線機」が用意されていた。

携帯衛星電話は昨シーズン末から故障して使用できない状態であり、船内に備え置かれず、グループ会社の事務所に故障した状態で保管されていた[8]。僚船のKAZU IIIの衛星電話はリース切れのため取り外されていた[150]

船舶安全法に基づき届け出された無線設備は、以前は携帯衛星電話であったが、4月20日の中間検査時に船長の携帯電話に変更された。しかし、船長の携帯電話は航路上のほとんどが圏外である。船長もこのことは認識していたが、届け出の際に「航路全域で通じる」と申請を行い、そのまま受理されている[151]。それとは別に、航路全域で通話可能とされる業務用携帯電話も用意されていたが、船長は当該携帯電話を事故当日携行しなかったことが確認された[8]

運航基準[7]には「業務用無線設備」が記載されていたが、実際にはアマチュア無線機が使用されていた。船上の無線機は交信可能であったが、事務所の無線設備(無線の送受信に必要なアンテナ)が破損していたことが確認されている。会見で社長は「破損を知ったのは事故当日の朝であり、発見後すぐに業者に修理を依頼した」としている上で「当社の無線の故障は、携帯電話や隣接する他の運航会社の無線でのやり取りも可能であるため、出航を停止する判断はしなかった」と説明した[152][153][154]。業務用無線設備の代わりにアマチュア無線機を使用している事に関しては、2021年6月の特別監査の際に指摘されていたが、改善されていなかった[8]

法人としての有限会社知床遊覧船は近海で海上通信を行うための国際VHFなど船舶無線の免許を受けておらず、出力の小さい簡易無線と船舶レーダーのみの免許であった[155]。事故発生時に海上保安庁へ通報を行った同業者と行った通信にはアマチュア無線が用いられている[17]。アマチュア無線は非常通信に限り目的外通信として運用できるが、アマチュア業務以外の業務無線としての運用は認められていない(電波法第五十二条目的外使用の禁止等)[156][157]。また非常通信を目的としてのアマチュア局開局も総務大臣が求める場合(電波法第74 条第1項)を除き認められていない[158]。知床遊覧船は事故前から日常的に観光船との連絡手段としてアマチュア無線を用いていたことが関係者への取材で判明した[159][160][161]。5月12日、総務省北海道総合通信局は知床遊覧船に対して聞き取り調査を行った[162]。初期の聞き取りの結果、定点連絡などで日常的に使っていたとの証言があり、また僚船のKAZU IIIにてアマチュア無線機の設置が確認された[163][164]。また関係者の証言により、約20年前からアマチュア無線を使用し続けていたとの証言もあり、長年アマチュア無線機の業務使用が常態化していたとみられる[165]。調査の結果、総務省北海道総合通信局は知床遊覧船に対して免許取得の手続きをせずに無線局を開設していたとして、電波法違反容疑で同社と社長を網走海上保安署に告発すると発表した。また同社に免許されていた簡易無線局8局についても運用を停止する行政処分をすると発表した[166]

事故の影響編集

事故後の有限会社知床遊覧船編集

4月27日

  • 事故後初めての記者会見を開き、社長が事故の経緯や事故原因について説明した[167]

5月3日

  • 社長は「事故の責任をとる」として自ら務めていた知床小型観光船協議会会長を辞任した[168]

6月6日

  • 6日午後、事務所から荷物が運び出され看板も撤去された[169]

6月13日

  • 社長が北海道運輸局に事業許可取り消しに対する陳述書を提出し、「事故の責任を知床遊覧船のみにあるとするのはおかしい。事故の責任は監督官庁の国にもある」、「処分は国への批判を回避するための見せしめ的なもの」、「安全管理規程違反は事業許可取り消しの理由にならない」と主張した[170][171]

6月17日

  • 社長がコメントを発表。その中で乗客の家族らに謝罪したうえで、「(処分の)結果を受け入れる所存であり、審査請求や取り消し訴訟の手続きをとる予定はない」とした[172]

行政の動き編集

4月23日

  • 13時13分、第一管区海上保安本部は、事故発生の通報をうけ「知床沖観光船中規模海難対策本部」を設置した[173]
  • 17時12分、斜里町役場はウトロ支所に斜里町災害対策本部を設置[28]
  • 18時30分、斜里地区消防組合消防本部がウトロ漁業協同組合に消防指揮本部を設置。救急隊2隊、指揮隊1隊、支援隊1隊が出動[28]
  • 20時、北海道は本庁に災害対策連絡本部を設置。オホーツク振興局と東京事務所にはそれぞれ地方連絡本部を設置した[174]
  • 21時、北海道はオホーツク総合振興局から斜里町ウトロ地区の現地合同対策本部にリエゾンを派遣した[29]
  • 熊本市で行われた「アジア・太平洋水サミット」に参加していた岸田文雄内閣総理大臣は事故発生の報を受け、人命救助を最優先にあらゆる手段を尽くして救助に取り組むよう指示し、同サミットに同席していた斉藤鉄夫国土交通大臣を帰京させて対応に当たらせる一方、この日予定していた熊本での宿泊を取り止め、当初の予定を切り上げて自衛隊機で帰京した。首相官邸で本件に関する報告を受けた後、24日未明に記者団の取材に対応し、斉藤大臣を現地へ派遣することを明らかにした[175][176][177][178]

4月24日

  • 国土交通省は事故を受けて斜里町に現地対策本部を開設[179]海上運送法に基づき、知床遊覧船に対する特別監査を実施した[180]
  • 運輸安全委員会は原因究明のため、船舶事故調査官3人を現地に派遣した[180]
  • 斉藤国土交通大臣は現地対策本部を訪れ今後の対応を指示、被害者家族と面会した[181]

4月25日

  • 国土交通省は全国の旅客船運航事業者を対象に緊急安全点検を開始した[182]

4月27日

  • 斜里町の馬場隆町長は、知床遊覧船社長の記者会見に先立ち、報道関係者に向けて異例のお願いを行った。「一番辛いのは亡くなった方のご家族の方ですので、その気持ちに寄り添った取材の仕方をどうぞお考えいただきたいと思います」などと述べた[183]

4月28日

  • 北海道の鈴木直道知事は斜里町を訪問、乗客の遺体が安置されている体育館で献花し、知床遊覧船の社長や被害者家族と面会、現地合同対策本部を訪れ、中山展宏(なかやまのりひろ)国土交通副大臣に対し早急な原因究明や再発防止のため事業者や関連業界の指導などを求める緊急の要望書を手渡した[184][185]

4月30日

  • 海上保安庁は、深い場所への潜水が可能な「飽和潜水」による捜索活動の契約を、専門業者の「日本サルヴェージ」と締結。費用は8億7700万円[186]

5月2日

  • 第一管区海上保安本部は業務上過失致死の疑いで知床遊覧船の事務所、社長の自宅、社長が経営する宿泊施設などを家宅捜索した。翌3日には社用車、僚船のKAZU IIIなども捜索した[187][188]

5月10日

  • 国土交通省は本事故の発生を踏まえ、以下の緊急安全対策を発表した[189]
  1. 気象・海象情報の確実な把握と適正な判断など安全管理規定に定められた運航基準の順守を指導。
  2. 携帯電話を通信設備とする全事業者について、航路全域が通話可能であるかを確認し、通話可能であることが確認できない場合は、常時通信可能な通信設備へ速やかに変更するよう事業者に要請。

5月11日

  • 国土交通省は第1回 知床遊覧船事故対策検討委員会を開催[190]
  • 総務省北海道総合通信局は斜里町で観光船事業者から無線の運用実態に関する聞き取り調査を行った[191]。12日午後には知床遊覧船に対して聞き取り調査を行い、事務所と僚船のKAZU IIIにてアマチュア無線機の設置が確認された[192]

5月17日

  • 北海道運輸局は斜里町ウトロ地区において知床遊覧船以外の観光船事業者に緊急安全点検を実施。小型旅客船の3事業者に計12点の不備が見つかった[193]

5月20日

  • 国土交通省は第2回 知床遊覧船事故対策検討委員会を開催[194]
  • 斉藤国土交通大臣は20日開かれた対策本部会議で、「行方不明者の捜索、事故原因の究明と徹底的な責任追及、再発防止策の検討を目的に船体の引き揚げを開始してください」と指示した[195]
  • 国土交通省は、KAZU Iの船体を引き揚げ可能と判断し、船内捜索を依頼した専門業者と1億4000万円で追加契約を締結した。船内捜索と引き揚げ費用は国が負担し運航会社に請求しない。原因究明や再発防止など行政目的であり、法律上は運航会社に引き揚げ義務がないため、請求は難しいと判断した[195]

5月23日

  • 海上保安庁は全国の管区に対し、海難事故が起きた際の自衛隊への災害派遣要請を早めるよう指示した[196]

5月24日

  • 国土交通省は有限会社知床遊覧船に対する特別監査の結果を公表した[8]
  • 斜里町は漁港利用者に対し、知床半島先端にある避難港「文吉湾」を緊急時の避難先として把握するよう文書で通知した[197]

5月26日

  • 北海道運輸局は、斜里町ウトロ地区において小型旅客船の3事業者に対する通常監査を開始した[198]

5月27日

  • 国土交通省は第3回 知床遊覧船事故対策検討委員会を開催[199]

5月28日

  • 第一管区海上保安本部は海底から引き揚げた船体を網走港で押収し、業務上過失致死容疑で現場検証を実施した[200]

6月1日

  • 第一管区海上保安本部は、5月31日で関係機関への捜索要請を終了したと発表した。今後も海上保安庁を中心に捜索活動は継続するとしている[201]

6月3日

  • 国土交通省は、これまで原則非公表だった船舶の行政指導について、事業者名などの公表や行政処分の公開期間を2年から5年に延長するなどの方針を明らかにした[202]
  • 山口壯(やまぐちつよし)環境大臣は3日の閣議後の記者会見で、観光船沈没事故が起きた北海道・知床地域について、携帯電話の通信環境を改善していく方針を示した[203]
  • 北海道運輸局は、斜里町ウトロ地区の小型旅客船3事業者に対する通常監査で、新たに計12件の指摘事項があったと発表した[204]

6月4日

  • 国土交通省は、斜里町ウトロ支所に設置されていた現地対策本部を網走市内に移転した[205]

6月8日

  • 北海道運輸局は、通常監査で不備が確認された斜里町ウトロ地区の小型旅客船事業者3社のうち、2社が是正作業を完了したと発表した[206]

6月9日

  • 海上保安庁は、KAZU Iからの無線を受けた別の観光船運航会社で実況見分を行い、無線を傍受した関係者に無線の内容ややりとり、海保に通報した時の状況を確認した[207]
  • 第一管区海上保安本部は、北方領土・国後島西岸で見つかった男女2遺体の可能性がある行方不明者の遺伝子データを、外交ルートを通じてロシア側に提供した[208]

6月10日

  • 国土交通省は第4回 知床遊覧船事故対策検討委員会を開催[209]

6月14日

  • 北海道運輸局は知床遊覧船への事業許可取り消し処分について、同社の主張を聞く聴聞を札幌市内で行った。同社側は聴聞に出席せず、13日に運輸局に陳述書を提出し、「事故の責任を知床遊覧船のみにあるとするのはおかしい。事故の責任は監督官庁の国にもある」と主張した[210]

6月15日

  • 海上保安庁の奥島長官は15日の記者会見で、知床半島を含むオホーツク沿岸の海域に、今夏の観光シーズンに合わせヘリコプター搭載型巡視船を配備する方針を明らかにした[211][212]

6月16日

  • 北海道運輸局は知床遊覧船に対し、「安全管理体制の改善意識が見られず、このまま事業を継続させると再び重大な事故を起こす蓋然性が高い」として、海上運送法に基づき船舶事業許可を取り消した。事業許可の取り消しは行政処分としては最も重いものとなる[213][8]。国土交通省は異例の措置として、同社に取り消し通知書と合わせて北海道運輸局長名の文書も郵送し、事実を重く受け止めて乗客家族に対する損害賠償について真摯に対応するよう求めた[214]

6月21日

  • 総務省は知床遊覧船に対して免許取得の手続きをせずに無線局を開設していたとして、電波法違反容疑で北海道総合通信局が同社と社長を網走海上保安署に告発すると発表した。また、同社が免許を受けている「簡易無線業務用」の無線局8局については運用を停止する行政処分をすると発表した[215]

6月23日

  • 斜里町は、行方不明者の捜索活動や事故の再発防止に向けた安全対策、慰霊事業などに充てるため、新たに基金を設置することを決め、その条例案を町議会に提案し可決された。ふるさと納税を通じて集まった寄付を財源に充てる[216]
  • 網走海上保安署は、電波法違反の疑いで知床遊覧船が所有するもう1隻の観光船「KAZU III」を捜索した[217]
  • 第一管区海上保安本部は、北方領土・国後島で見つかった男女2人の遺体について、乗船者のDNA型と一致したと、23日夕刻にロシア側から連絡があったことを明らかにした。今後、遺体の引き渡しの時期や方法について調整を進め、引き渡しが行われたあと、日本側でもDNA鑑定を行い、身元の特定を進める[218]

6月24日

  • 国土交通省は第5回 知床遊覧船事故対策検討委員会を開催[219]

6月25日

  • 国土交通省は、有識者による事故対策検討委員会での検討内容について、乗客家族向けの説明会を行った[220]

観光船の運航自粛と再開編集

4月24日

  • 事故を受けて知床遊覧船など地元4社で構成される知床小型観光船協議会は、ゴールデンウィーク期間にあたる4月28日から5月8日の間、小型観光船の運航を自粛することを決めた[138]

4月25日

  • 大型の観光船「おーろら」を運航している道東観光開発も「行方不明者の捜索活動に当たる」として営業運航の当面中止を発表した[221]

5月3日

  • 知床小型観光船協議会に所属する3社は5月末まで運行自粛を延長した[168]

5月17日

  • 知床小型観光船協議会に所属する3社は、北海道運輸局が実施した緊急点検において不備が見つかり、通常監査を受ける事となった。北海道運輸局は、監査が終了するまでは運航を自粛するように要請した[222]

5月20日

  • 道東開発観光は、運行再開の要望が強かったことから、安全管理を徹底した上で大型の観光船「おーろら」の運航を再開した[223]

6月14日

  • 知床小型観光船協議会に所属する3社は、6月16日からの運航再開に向け、安全運航の自主ルールをまとめ、斜里町内で地元の宿泊業者や観光業者を対象に説明会を開いた。自主ルールは、運航判断は複数社で協議する、原則単独運航をしない、営業期間を統一する、協議会共通の業務無線などを搭載する、といった4項目を定めた[224][225]

6月16日

  • 知床小型観光船協議会に所属する2社が、自粛していた今シーズンの運航を開始した。安全運航に向けた新たなルールを設けた上で運航を続ける[226]

乗客家族への補償編集

有限会社知床遊覧船の社長は4月27日の記者会見で「今回は乗っていた1人につき1億円。66人乗りなので最大66億円」と説明した[227]。だが、これは誤りであり、同社が加入していたのは1人上限1億円の「船客傷害賠償責任保険」であり、乗船していた26名のうち乗員2名を除く乗客24名にしか適用されないことが判明した。

北方領土付近の捜索時におけるロシアとの調整編集

4月25日、海上保安庁は行方不明者の捜索範囲が北方領土付近まで広がる可能性があることをロシア国境警備局に通知した[228]。これは日露間で結んでいるSAR協定に基づいたものであり、ロシア当局はこれを了承した[228]。ただし、ロシア側が捜索活動をすることはなく、日本側は事故に関する手がかりなどを見つけた場合、情報提供するよう求めた[228]

テレビ・ラジオ放送への影響編集

風評被害編集

事故の影響で大型連休(ゴールデンウィーク)中にも関わらず、全国各地の遊覧船への予約が入らなくなったり、修学旅行などの団体旅行でのキャンセルが相次いだりする風評被害が発生した[230][231][232]

海保の機動救難士の配置及び航空機配備数の見直し編集

捜索の初動において、遭難区域担当の海保航空機が整備と別任務のために到着に時間を要した(詳細は捜索活動の項参照)ことから、機動救難士の配置と航空機配備数の見直しが図られた。当時、事故現場を含んだオホーツク海周辺などの道東道北地方は、事故発生時にいち早く救助に向かう機動救難士が対応できない状態であった。そのため、海保は釧路航空基地にて、新たに機動救難士を配置、事故発生後いち早く救助が行える範囲が拡大されることになった。また、海保の航空基地13か所のうち10か所については配備機数が2機しかなく、今回のような状況が起こりえるため、釧路航空基地を含む全基地に対する3機配備を進めていく方針が示された[233][27]

日本国外の反応編集

  • 5月1日- ベトナムで同国のファム・ミン・チン首相が外遊中の岸田首相との会談の冒頭で、この事故に触れて「人命と財産の大きな被害について、我が国政府と国民を代表し心よりお見舞いを申し上げる」と述べた[234]

近隣海域の旅客船事故編集

  • 2005年6月、斜里町知床岬付近にて、観光旅客船が座礁、20人以上が負傷した[235]
  • 2017年6月14日、旅客船DOLPHIN III は、ウトロ港から出港して営業運航中、定置網付近を航行してスクリューを網に絡め、航行不能となった。その後、船長はスクーバ潜水による絡索除去作業を実施したが、そのまま行方不明となった(原因はボンベ残量不足の可能性が指摘)。乗客は他船に移乗し、ケガ等はなかった[236]
  • 2019年6月26日、斜里町知床半島沖にて、観光旅客船 カムイワッカ55 が岩礁に接触、13人が負傷した[237]
  • 2019年8月6日、斜里町ウトロ漁港北東方沖にて、観光旅客船 カムイワッカ55 が、燃料ホースの劣化によりエンジンが停止、動けなくなった[238]
  • 2020年7月4日、斜里町ウトロ漁港内にて、知床遊覧船が運航する観光旅客船KAZU IIIと、観光旅客船 カムイワッカ55 が衝突した[239]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b ただし、13時13分頃の無線が事務所への最後の連絡だという報道もあり矛盾がある
  2. ^ ただし、船体表記は深田サルベージ建設であり、オフショアエンジニアリングは深田サルベージ建設の関連会社である http://offshore-e.co.jp/vision/
  3. ^ ただし、スポットCMは通常通り

出典編集

  1. ^ a b 北海道網走市沖における観光船事故(第6報) (PDF)”. 消防庁 (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  2. ^ a b 知床観光船遭難、子ども死亡確認 死者計11人に、不明なお15人 | 共同通信” (日本語). 共同通信 (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  3. ^ “速報 水中カメラで「KAZUⅠ」の文字、観光船の船体か…知床半島の「カシュニの滝」付近、水深100メートルの海底”. 北海道放送. (2022年4月29日). オリジナルの2022年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/ZwYII 2022年4月29日閲覧。 
  4. ^ a b 知床観光船「30度傾いている」と報告後、連絡途絶える…7歳男児と3歳女児も乗船か”. 読売新聞. 2022年4月24日閲覧。
  5. ^ 知床遊覧船 - コース案内”. 知床遊覧船. 2022年4月24日閲覧。
  6. ^ 知床巡る定番クルーズ 運航開始初日、他社より早く:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム (2022年4月23日). 2022年4月28日閲覧。
  7. ^ a b 有限会社知床遊覧船 安全管理規定・運航基準 国土交通省 令和4年5月11日
  8. ^ a b c d e f 有限会社知床遊覧船に対する特別監査の結果及び同社の事業許可の取消処分に係る聴聞手続について 国土交通省 令和4年5月24日
  9. ^ 出航時は穏やかだった波、4時間後には荒れて3m超…漁師「1・5m超ならためらう」”. 読売新聞. 2022年4月26日閲覧。
  10. ^ 「今日は出航やめた方がいい」船長に忠告したが… 知床の観光船不明”. 朝日新聞. 2022年4月24日閲覧。
  11. ^ 知床観光船「30度傾いている」と報告後、連絡途絶える…7歳男児と3歳女児も乗船か”. 読売新聞 (2022年4月24日). 2022年6月10日閲覧。
  12. ^ “【動画】知床 航行する船の映像 遭難事故前の観光船か”. NHK. (2022年4月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220426/k10013599331000.html 
  13. ^ “【違和感】事故3時間前の映像「試運転か練習かと」厳しい天候のなか続く捜索 北海道・観光船不明”. STVニュース. (2022年4月27日). https://www.stv.jp/news/stvnews/u3f86t00000dg9e7.html 
  14. ^ “同じ会社の別船の臨時船長、出航は豊田船長の“独断”か…社長は人任せなのにベテラン解雇、会見前の問いかけに無言”. HBC NEWS. (2022年4月27日). オリジナルの2022年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/U3df4 
  15. ^ a b c “あの日「カズワン」に何が起きたのか カズスリー甲板員の混乱と後悔”. 朝日新聞. (2022年5月5日). https://www.asahi.com/articles/photo/AS20220504002343.html?iref=pc_photo_gallery_next_arrow 
  16. ^ 「船沈む」「救命胴衣を」 知床遭難、緊迫の無線交信(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年4月27日). 2022年4月27日閲覧。
  17. ^ a b c d 【証言】あの日何があったのか 無線で「KAZUⅠ」と連絡を取った同業者が語る緊迫の事態 北海道・知床沖観光船不明 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). STV札幌テレビ 放送. 2022年5月5日閲覧。
  18. ^ “エンジン停止 船体破損か 知床の観光船不明”. 北海道新聞. (2022年4月25日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/673335 
  19. ^ a b c d 【独自】「KAZU I」緊迫の通報記録 「バッテリーダメ、エンジン使えない…」知床沖観光船沈没事故” (日本語). HTB北海道ニュース (2022年5月30日). 2022年5月30日閲覧。
  20. ^ “知床 観光船沈没事故 浸水の通報後まもなく沈没したか”. NHK. (2022年5月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220523/k10013639391000.html 
  21. ^ “観光船カズワン海底で発見 救助要請直後に沈没か 水深120メートル、内部確認へ”. 北海道新聞. (2022年4月29日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/675717 
  22. ^ 「沈没しよるけん、今までありがとうね」 知床観光船から妻に電話」『毎日新聞』毎日新聞社、2022年4月26日。2022年4月27日閲覧。
  23. ^ 知床遊覧船事故の概要 国土交通省知床遊覧船事故対策検討委員会 令和4年5月11日
  24. ^ 知床 観光船遭難 乗客の携帯電話で海保に通報” (日本語). NHK (2022年4月30日). 2022年5月28日閲覧。
  25. ^ a b c 日本放送協会. “【詳細】知床 観光船遭難 事故の経緯は | NHK”. NHKニュース. 2022年4月27日閲覧。
  26. ^ 「全員船内にいた…」“事故当日”の観光船動画を独自入手 乗客名簿の携帯電話は全て繋がらず…” (日本語). TBS NEWS DIG. 2022年4月27日閲覧。
  27. ^ a b 産経新聞. “救助の「空白地帯」解消へ 海上保安庁、ヘリ増強など体制強化”. 産経新聞. 2022年5月19日閲覧。
  28. ^ a b c d e f 北海道網走市沖における観光船事故 総務省消防庁災害対策室 令和4年5月12日
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq 知床沖における観光船の捜索救助事案について 総務部危機対策局危機対策課 令和4年6月1日
  30. ^ “海保が救助体制拡充へ ヘリや救難士、釧路航空基地の増強案 知床・観光船事故”. 北海道新聞. (2022年5月18日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/682098 
  31. ^ 日本放送協会. “【詳細】知床 観光船遭難 事故の経緯は | NHK”. NHKニュース. 2022年4月29日閲覧。
  32. ^ 網走海保の巡視船、事故後の救助に遅れ…「翌日到着」との複数証言も”. 読売新聞. 2022年5月17日閲覧。
  33. ^ @jointstaffpa (2022年4月23日). "防衛省統合幕僚監部「災害派遣活動を実施しております」" (ツイート). 2022年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2022年4月29日閲覧
  34. ^ a b 4/24[公表]北海道斜里町における観光船浸水に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月24日). 2022年4月29日閲覧。
  35. ^ a b c 4/24[公表]北海道斜里町における観光船浸水に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月24日). 2022年4月29日閲覧。
  36. ^ a b 4/25[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月25日). 2022年5月1日閲覧。
  37. ^ 日本放送協会. “知床観光船遭難 ソナー探索で乗客発見急ぐ 海上も夜を徹し捜索 | NHK”. NHKニュース. 2022年4月26日閲覧。
  38. ^ 4/26[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月26日). 2022年5月3日閲覧。
  39. ^ 海上保安庁の測量船 海上保安庁海洋情報部
  40. ^ 水深30mで「魚群探知機に大きな物体」 観光船捜索の漁師から連絡” (日本語). 朝日新聞. 2022年5月3日閲覧。
  41. ^ 知床観光船を捜索へ 海上保安庁測量船が台場出発” (日本語). www.ctv.co.jp. 2022年4月26日閲覧。
  42. ^ 4/27[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月27日). 2022年5月6日閲覧。
  43. ^ 日本放送協会. “知床 観光船遭難 死亡の乗客11人全員の身元判明 | NHK”. NHKニュース. 2022年4月27日閲覧。
  44. ^ 魚群探知機がとらえた「影」は、岩の起伏と判明…知床半島「カシュニの滝」の沖合、潜水士が捜索も船体見つからず”. TBS・JNN NEWS DIG. 2022年5月3日閲覧。
  45. ^ 4/28[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月28日). 2022年5月6日閲覧。
  46. ^ 男性3人の死亡確認 死者14人に―知床観光船事故”. www.jiji.com. 2022年4月28日閲覧。
  47. ^ ロシア「漂流者を発見したが見失った」と海保に連絡 知床観光船” (日本語). 毎日新聞. 2022年4月29日閲覧。
  48. ^ ロシア、国後島の西沖で「遭難者見失った」 リュックのみ引き上げる:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年4月29日閲覧。
  49. ^ 4/29[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月29日). 2022年5月6日閲覧。
  50. ^ 日本放送協会. “観光船の画像公開 船体に青い文字で「KAZU1」水深約120mの海底 | NHK”. NHKニュース. 2022年4月29日閲覧。
  51. ^ 日本放送協会. “知床 観光船遭難 船体か 「KAZU1」の文字 海自の水中カメラ | NHK”. NHKニュース. 2022年5月6日閲覧。
  52. ^ 4/30[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年4月30日). 2022年5月6日閲覧。
  53. ^ 日本放送協会. “知床 観光船遭難 水中カメラで船体の確認続く 依然12人不明 | NHK”. NHKニュース. 2022年4月30日閲覧。
  54. ^ 5/1[公表]北海道網走市沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月1日). 2022年5月6日閲覧。
  55. ^ 日本放送協会. “知床観光船沈没 水中カメラ捜索も接近困難 手がかり見つからず | NHK”. NHKニュース. 2022年5月1日閲覧。
  56. ^ 5/2[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月2日). 2022年5月6日閲覧。
  57. ^ 日本放送協会. “知床 観光船沈没 新たに身元が確認された2人の氏名公表 海保 | NHK”. NHKニュース. 2022年5月2日閲覧。
  58. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年5月2日). “海保、飽和潜水で捜索へ 深い海で作業、調査進展も” (日本語). 産経ニュース. 2022年5月3日閲覧。
  59. ^ “観光船事故 出航決定経緯など捜査 サルベージ会社に捜索依頼”. NHK NEWS WEB. (2022年5月3日). オリジナルの2022年5月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220503061538/https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20220503/7000046143.html 2022年5月3日閲覧。 
  60. ^ 「KAZU1」船内など調査に国費8億円超 官民一体で不明12人捜索” (日本語). tv asahi (2022年5月3日). 2022年5月10日閲覧。
  61. ^ オフショアエンジニアリング株式会社”. オフショアエンジニアリング株式会社. 2022年5月24日閲覧。
  62. ^ 5/3[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月3日). 2022年5月6日閲覧。
  63. ^ 海底の船内に初めて水中カメラ入る 知床観光船事故” (日本語). 毎日新聞. 2022年5月4日閲覧。
  64. ^ 【 画像1/10枚 】知床沖で沈没した観光船の内部写真を公表 水中カメラが3日に撮影:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2022年5月4日閲覧。
  65. ^ 日本放送協会. “知床 観光船沈没 船内に水中カメラ入るも手がかり見つからず | NHK”. NHKニュース. 2022年5月6日閲覧。
  66. ^ 不明12人の捜索続く=国後島周辺でも開始―知床観光船事故・北海道” (日本語). 時事通信ニュース. 2022年5月6日閲覧。
  67. ^ 5/4[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月4日). 2022年5月6日閲覧。
  68. ^ a b 5/8[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月8日). 2022年5月8日閲覧。
  69. ^ 5/5[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月5日). 2022年5月6日閲覧。
  70. ^ 【速報】"国後島"周辺海域での捜索開始 日ロ中間線越え ロシア側と調整つく 知床観光船沈没”. FNNプライムオンライン. 2022年5月6日閲覧。
  71. ^ 知床の地元漁協による不明者の捜索終了、漁師は「悔しい」…家族から「お礼言いたいと希望も」 : 社会 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年5月6日). 2022年5月6日閲覧。
  72. ^ 5/6[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月6日). 2022年5月7日閲覧。
  73. ^ 5/7[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月7日). 2022年5月7日閲覧。
  74. ^ 無人潜水機で調査開始 民間の海難専門船―不明12人捜索継続・知床事故” (日本語). 時事ドットコム. 2022年5月17日閲覧。
  75. ^ 不明12人の手がかり求め無人潜水機が水深115mに沈んだ船体撮影…「飽和潜水」に向け調査 : 社会 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年5月8日). 2022年5月9日閲覧。
  76. ^ オフショアエンジニアリング株式会社”. オフショアエンジニアリング株式会社. 2022年5月9日閲覧。
  77. ^ 5/9[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月9日). 2022年5月10日閲覧。
  78. ^ 5/10[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。
  79. ^ “飽和潜水”機材船が福岡を出発・・・知床半島沖で沈没した観光船を調査へ”. TBS NEWS DIG (2022年5月10日). 2022年5月12日閲覧。
  80. ^ 海進 | 船舶・設備 | 日本サルヴェージ株式会社”. www.nipponsalvage.co.jp. 2022年5月23日閲覧。
  81. ^ 5/11[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月11日). 2022年5月11日閲覧。
  82. ^ 5/12[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣について”. 統合幕僚監部 (2022年5月12日). 2022年5月14日閲覧。
  83. ^ a b 5/13[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月13日). 2022年5月14日閲覧。
  84. ^ 国後島で女性の遺体発見 観光船事故の行方不明者の可能性も | NHK” (日本語). NHK NEWS WEB. 2022年5月13日閲覧。
  85. ^ 5/14[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月14日). 2022年5月14日閲覧。
  86. ^ 5/15[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月15日). 2022年5月15日閲覧。
  87. ^ 5/16[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月16日). 2022年5月18日閲覧。
  88. ^ 知床観光船事故の行方不明者 北海道警が陸上での捜索範囲を拡大:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2022年5月19日閲覧。
  89. ^ 5/17[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月17日). 2022年5月18日閲覧。
  90. ^ 5/18[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月18日). 2022年5月18日閲覧。
  91. ^ 5/19[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月19日). 2022年5月24日閲覧。
  92. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【潜水】北海道・知床沖観光船事故 潮流により中断も午後4時過ぎから水中エレベーター降下開始 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月21日閲覧。
  93. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【船内捜索】北海道・知床沖観光船沈没 潜水士による初の船内捜索 行方不明者発見には至らず | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月21日閲覧。
  94. ^ 5/20[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月20日). 2022年5月24日閲覧。
  95. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【乗客か】国後島の沿岸で新たに1人の遺体発見 飽和潜水での捜索も 知床沖観光船沈没事故 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月21日閲覧。
  96. ^ 5/21[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月21日). 2022年5月24日閲覧。
  97. ^ 5/22[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月22日). 2022年5月24日閲覧。
  98. ^ 5/23[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月23日). 2022年5月24日閲覧。
  99. ^ 知床観光船事故、船体のつり上げ作業が完了 海保が発表” (日本語). 毎日新聞. 2022年5月23日閲覧。
  100. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【船体が】沈没観光船を海面近くまで引き揚げ 北海道・観光船事故 水深10メートルで船影あらわに | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月23日閲覧。
  101. ^ 5/24[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月24日). 2022年5月24日閲覧。
  102. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【変更】知床・観光船事故「KAZUⅠ」のえい航方法や作業場所が変わった理由を専門家解説 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月26日閲覧。
  103. ^ 日本テレビ. “知床観光船 ウトロ漁港から11キロの海域で落下…船底を下に沈む” (日本語). 日テレNEWS. 2022年5月24日閲覧。
  104. ^ 北海道新聞. “ベルト2本切断し落下か えい航中の観光船カズワン 潮流で負担” (日本語). 北海道新聞電子版. 2022年5月26日閲覧。
  105. ^ 5/25[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月25日). 2022年5月25日閲覧。
  106. ^ 北海道放送. “知床観光船事故 落下の船に“より太く丈夫な”ベルトかけ直す作業 あす作業船に引き揚げ あさってには陸揚げ見込み” (日本語). TBS NEWS DIG. 2022年5月26日閲覧。
  107. ^ 5/26[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月26日). 2022年5月27日閲覧。
  108. ^ 共同通信. “知床観光船、今夜引き揚げ” (日本語). 共同通信. 2022年5月26日閲覧。
  109. ^ 岩手日報. “落下の観光船、ワイヤ接続 今夜にも引き揚げへ” (日本語). 岩手日報. 2022年5月26日閲覧。
  110. ^ NHK. “知床 沈没事故 作業船で観光船を再びつり上げる作業が始まる” (日本語). NHK. 2022年5月26日閲覧。
  111. ^ 時事通信. “沈没観光船、海面に引き揚げ 水深180メートルから―27日作業船上に・知床事故” (日本語). 時事通信. 2022年5月26日閲覧。
  112. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【船体】ブルーシートに覆われた「事故の痕跡」海底から引き揚げの観光船が北海道・網走に入港 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月27日閲覧。
  113. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【爪痕】KAZUⅠが船上へ 事故の痕跡うかがえる船体 網走港へ向かい陸揚げの予定 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月27日閲覧。
  114. ^ 船のベルト“断裂する瞬間”映像 船体引き揚げの難しさ カズワン再つり上げまでのドキュメント…” (日本語). UHB:北海道文化放送. 2022年5月27日閲覧。
  115. ^ 5/27[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月27日). 2022年5月31日閲覧。
  116. ^ 日本放送協会. “知床 観光船沈没 改めて船内捜索 不明者の新たな手がかりなし | NHK”. NHKニュース. 2022年5月28日閲覧。
  117. ^ 5/28[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月28日). 2022年5月31日閲覧。
  118. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【大規模捜索】北海道知床沖観光船沈没事故 船舶約70隻と航空機約20機で3日間集中的に捜索 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年6月1日閲覧。
  119. ^ 日本放送協会. “知床 観光船沈没事故 集中捜索も手がかりなし あす船体陸揚げ | NHK”. NHKニュース. 2022年6月1日閲覧。
  120. ^ 5/29[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月29日). 2022年5月31日閲覧。
  121. ^ 5/30[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月30日). 2022年6月3日閲覧。
  122. ^ 5/31[公表]北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣”. 統合幕僚監部 (2022年5月31日). 2022年6月3日閲覧。
  123. ^ 日本放送協会. “知床 観光船沈没 船体陸揚げ 保管場所で乗客の家族に公開へ | NHK”. NHKニュース. 2022年6月1日閲覧。
  124. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【穴の原因】沈没観光船を陸揚げ 船底に見えた大きな穴 北海道・知床沖事故 船体を乗客家族に公開 | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年6月1日閲覧。
  125. ^ 北海道知床沖における観光船事故に係る災害派遣【最終報】”. 統合幕僚監部 (2022年6月1日). 2022年6月3日閲覧。
  126. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【身元判明】国後島で発見の2遺体は甲板員男性と乗客女性 北海道・知床沖観光船事故 遺体引き渡しは | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年6月24日閲覧。
  127. ^ 不明の観光船、もともとは瀬戸内海の仕様 関係者「よく知床で…」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年4月28日). 2022年4月28日閲覧。
  128. ^ 沈んだ船は「ひかり八号では」「外海で使われるとは」…穏やかな海を高速で走るための船だった” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年5月24日). 2022年5月24日閲覧。
  129. ^ “知床観光船KAZU1元船長が“改造”を証言「エンジン2基→1基に」船底に空洞も”. テレビ朝日. (2022年5月30日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000256302.html 2022年6月10日閲覧。 
  130. ^ 吉崎洋夫 (2022年4月28日). “消息不明の知床観光船は「かつて瀬戸内海を航海した船」か 船舶情報を独自入手してわかった事実〈dot.〉”. AERA dot. (アエラドット). 2022年4月28日閲覧。
  131. ^ 日本放送協会. “知床 観光船遭難 船の補修業者が指摘 “小型で知床に不向き” | NHK”. NHKニュース. 2022年4月30日閲覧。
  132. ^ 斉藤国土交通大臣会見要旨 国土交通省 令和4年6月3日
  133. ^ “エンジン室の壁に穴 知床事故 補強不十分で浸水か - 北海道新聞”. 北海道新聞. (2021年6月5日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/689649 2022年6月10日閲覧。 
  134. ^ “運航会社「不安定な経営」指摘も 知床観光船事故”. 産経新聞. (2022年4月24日). https://www.sankei.com/article/20220424-TJHMDD4IGFNKLP46P7OJZEZ4KI/ 2022年4月25日閲覧。 
  135. ^ 知床世界自然遺産の深い森の中に唯一あります貴重なホテル、 ホテル地の涯(チノハテ) リブランドオープンのお知らせ”. @Press (2018年6月29日). 2022年4月24日閲覧。
  136. ^ "「知床遊覧船」社長が初の会見、10秒間土下座で謝罪…「出航可能と船長から報告あった」". 讀賣新聞ONLINE. 読売新聞社. 27 April 2022. 2022年4月27日閲覧
  137. ^ “リスクあった岸に近づける“売り” 地元漁業関係者「経営者はビジネス重視の人」”. スポニチAnnex. (2021年6月25日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2022/04/25/kiji/20220425s00042000104000c.html 2022年4月25日閲覧。 
  138. ^ a b c “スタッフ大量退職で「操船未熟」の指摘も…連休前に観光船「お勧めしづらくなった」”. 読売新聞. (2022年4月24日). オリジナルの2022年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220424165932/https://www.yomiuri.co.jp/national/20220424-OYT1T50183/ 2022年4月25日閲覧。 
  139. ^ a b c “同じ会社の別船の臨時船長“証言”注意報など十分確認せず出航か…社長会見「船長判断、引き返す条件付きで認めた」”. 北海道放送. (2022年4月27日). https://www.hbc.co.jp/news/bbfa7fa95d788cf3f2dfb34ade3fa82a.html 2022年4月28日閲覧。 
  140. ^ 26人乗せた知床の観光船、夜通し捜索続く 船は過去2度の事故歴:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2022年4月24日閲覧。
  141. ^ a b “【独自】知床観光船 元従業員が“内情激白”・・・社長は「お金に雑」船長は「イケイケ」(2022年4月27日)”. テレビ朝日. (2022年4月27日). https://www.youtube.com/watch?v=CaXCgaPAOYI 2022年4月29日閲覧。 
  142. ^ “知床の観光船が座礁、乗客らにけがなし:北海道新聞 どうしん電子版”. 北海道新聞. (2021年6月11日). オリジナルの2021年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210613043015/https://www.hokkaido-np.co.jp/article/554366 2022年4月28日閲覧。 
  143. ^ 船長は昨年の座礁事故で書類送検 業務上過失往来危険容疑”. 大阪日日新聞. 2022年4月24日閲覧。
  144. ^ 知床遊覧船事故の概要 国土交通省 令和4年5月11日
  145. ^ 知床沖の観光船遭難、新たに子ども1人の死亡確認…3歳の女児か「悪天候の中なぜ船を出したのか?」疑問の声も”. TBS NEWS DIG (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  146. ^ “観光船捜索 発見された10人全員の死亡確認 去年座礁したのに「修理していなかった」との指摘 北海道”. 北海道放送. (2022年4月24日). オリジナルの2022年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220424114228/https://news.yahoo.co.jp/articles/e31de2a36d634e2fd51d1a053088b25247405545 2022年4月25日閲覧。 
  147. ^ a b 参議院国土交通委員会 参議院インターネット審議中継 2022年4月26日発信・閲覧
  148. ^ a b 国交相“20日の検査問題なし”特別監査で“運航実態”確認へ - FNNプライムオンライン 2022年4月26日
  149. ^ a b c “知床観光船遭難 ソナー探索で乗客発見急ぐ 海上も夜を徹し捜索”. NHKニュース. (2022年4月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220425/k10013598231000.html 2022年4月26日閲覧。 
  150. ^ カズスリーでも事故当日不備 定点連絡なし、衛星電話も「なかった」:北海道新聞 どうしん電子版” (日本語). 北海道新聞 どうしん電子版 (2022年5月7日). 2022年5月8日閲覧。
  151. ^ 携帯電話を通信手段と申請 事故前検査で船長 航路の大半がエリア外:北海道新聞 どうしん電子版” (日本語). 北海道新聞 どうしん電子版 (2022年4月30日). 2022年4月30日閲覧。
  152. ^ 運航会社の無線破損 アンテナ折れ、修理せず―事故2日前、GPS設置なし・知床観光船:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年4月27日閲覧。
  153. ^ 日本放送協会. “知床 観光船遭難【詳細】運航会社社長が初会見 当日の状況は… |NHK 北海道のニュース”. NHK NEWS WEB. 2022年4月28日閲覧。
  154. ^ 日本放送協会. “知床観光船遭難 運航会社の社長が事故後初めて記者会見 |NHK 北海道のニュース”. NHK NEWS WEB. 2022年4月28日閲覧。
  155. ^ <知床の観光船遭難事故>事実解明が待たれる「アマチュア無線で交信」の疑問点 | hamlife.jp”. www.hamlife.jp (2022年4月28日). 2022年5月5日閲覧。
  156. ^ 【知床観光船事故】無線は義務化なし、携帯等は自社判断 通報されたアマチュア無線は認められず - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ (2022年4月27日). 2022年5月5日閲覧。
  157. ^ 総務省 電波利用ホームページ|その他|アマチュア無線は仕事に使えません!”. www.tele.soumu.go.jp. 総務省電波利用ホームページ. 2022年5月5日閲覧。
  158. ^ e-gov 電波法”. デジタル庁. 2022年5月5日閲覧。
  159. ^ 知床遊覧船、業務にアマチュア無線 節約で常用か、関係者証言” (日本語). 毎日新聞 (2022年5月9日). 2022年5月9日閲覧。
  160. ^ 知床観光船、「業務用」ではなく「アマチュア」無線を使用…国交省が昨年行政指導 : 社会 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。
  161. ^ 沈没のカズワン 通信手段は"使用禁止"のアマチュア無線…常態化していたと元従業員の証言あり 知床” (日本語). UHB:北海道文化放送 (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。
  162. ^ 毎日新聞 (2022年5月12日). “北海道総合通信局が観光船運航会社を調査 アマチュア無線使用の疑い | 毎日新聞”. 毎日新聞. 2022年5月13日閲覧。
  163. ^ 「アマチュア無線で定点連絡」日常的に業務で使用を確認 知床遊覧船への聞き取り調査 社長は立ち会わず” (日本語). HTB北海道ニュース (2022年5月12日). 2022年5月12日閲覧。
  164. ^ 「アマチュア無線を業務使用している」 ずさんな安全管理 安価なアマチュア無線を通信手段に?” (日本語). HBC NEWS (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  165. ^ 20年前から「カズワン」アマ無線使用…業務用では禁止、免許ない従業員が交信も” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年5月21日). 2022年5月21日閲覧。
  166. ^ 総務省、カズワン運航会社を電波法違反容疑で告発へ 知床観光船事故” (日本語). 毎日新聞 (2022年6月21日). 2022年6月21日閲覧。
  167. ^ 知床観光船事故 運航会社社長が記者会見・速報” (日本語). 毎日新聞 (2022年4月27日). 2022年6月27日閲覧。
  168. ^ a b “【速報】「運航自粛」を5月末まで延長へ…地元で同業の3社が決定 知床観光船沈没事故 12人の捜索続く”. FNNプライムオンライン. (2022年5月4日). オリジナルの2022年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220504101324/https://www.fnn.jp/articles/-/355988 2022年5月7日閲覧。 
  169. ^ “【知床観光船】事務所から荷物が運び出され看板も撤去 献花台を訪れる人の姿は絶えることなく…”. STVニュース. (2022年6月6日). オリジナルの2022年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220606081502/https://www.stv.jp/news/stvnews/u3f86t00000do9z9.html 2022年6月27日閲覧。 
  170. ^ “「事故の責任は国にもある」事業許可取り消しに不服 知床・観光船沈没事故で聴聞”. HTB北海道ニュース. (2021年6月14日). https://www.htb.co.jp/news/archives_16300.html 2022年6月14日閲覧。 
  171. ^ 「処分は国への批判回避のための見せしめ」 事業許可取り消しで桂田社長 北海道知床沖観光船沈没事故” (日本語). UHB:北海道文化放送 (2022年6月16日). 2022年6月27日閲覧。
  172. ^ 事業許可取り消し「受け入れる」 知床遊覧船社長がコメント - 朝日新聞デジタル 2022年6月17日
  173. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年4月23日). “ヘリコプターが現場到着 捜索開始 近隣漁協では漁船が待機 知床・観光船浸水” (日本語). 産経ニュース. 2022年4月28日閲覧。
  174. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年4月24日). “知床の観光船浸水事故 北海道が対策連絡本部を設置” (日本語). 産経ニュース. 2022年4月28日閲覧。
  175. ^ "熊本から帰京の岸田首相「乗員、乗客発見に至らず」知床沖の遊覧船". 毎日新聞. 23 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  176. ^ "首相、熊本訪問切り上げ帰京 知床の観光船不明で". 日本経済新聞. 23 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  177. ^ "首相動静(4月23日)". 時事ドットコム. 23 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  178. ^ "知床半島沖での観光船浸水についての会見". 内閣総理大臣官邸. 23 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  179. ^ 知床の観光船事故 国交省24日に現地対策本部設置 運航会社の監査も - 北海道新聞 2022年4月24日
  180. ^ a b 観光船事故、10人死亡 知床岬の先端付近―26人乗り、捜索続く・北海道 - 時事ドットコム 2022年4月24日
  181. ^ 【視察】斉藤国交相が北海道・知床岬の観光船事故対策本部へ 今後の対応を指示 - STV札幌テレビ 2022年4月24日
  182. ^ 知床観光船事故、GW前に影響懸念も…国交省は緊急安全点検実施 - 産経ニュース 2022年4月26日
  183. ^ “知床観光船事故、町長がメディア側へ異例のお願い…加熱する遺族取材に「今はまだそんな時じゃない」”. スポーツ報知. (2022年4月27日). https://hochi.news/articles/20220427-OHT1T51083.html?page=1 2022年6月24日閲覧。 
  184. ^ 北海道の鈴木直道知事が斜里町を訪問、遺族らと面会「救助に全力」 - 朝日新聞デジタル 2022年4月29日
  185. ^ 【知床観光船事故】鈴木北海道知事「全力で捜索活動を」国交副大臣に緊急要望書提出 - 日刊スポーツ 2022年4月28日
  186. ^ “海上保安庁 潜水専門業者と締結 費用は8億7700万円”. スポニチAnnex. (2022年5月3日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2022/05/03/kiji/20220503s00042000103000c.html 2022年6月18日閲覧。 
  187. ^ ○○社長 家宅捜索に"立ち合い"か 捜索中に事務所出入りの姿 捜索は8時間以上続く 知床観光船沈没 - 北海道文化放送 2022年5月2日
  188. ^ 運航会社関係先を家宅捜索 業過致死容疑で、2日連続―知床観光船事故・海保 - 時事ドットコム 2022年5月3日
  189. ^ 小型旅客船の緊急安全対策について 国土交通省 令和4年5月10日
  190. ^ 第1回 知床遊覧船事故対策検討委員会 議事概要 国土交通省 令和4年5月11日
  191. ^ 総務省、無線運用調査を開始 北海道斜里、2社違反なし - 河北新報オンラインニュース 2022年5月11日
  192. ^ 「アマチュア無線で定点連絡」日常的に業務で使用を確認 知床遊覧船への聞き取り調査 社長は立ち会わず - HTB北海道ニュース 2022年5月12日
  193. ^ 観光船沈没受け…緊急点検 小型旅客船3社に計12点の不備見つかる 北海道運輸局が運航自粛求める - 北海道文化放送 2022年5月17日
  194. ^ 第2回 知床遊覧船事故対策検討委員会 結果概要 国土交通省 令和4年5月20日
  195. ^ a b 沈没観光船を引き揚げへ 21日から作業着手―船内に行方不明者見つからず” (日本語). 時事ドットコム (2022年5月20日). 2022年6月18日閲覧。
  196. ^ 海保、早めの災害派遣要請へ「迅速対応求められる」 - テレ朝news 2022年5月23日
  197. ^ 避難港「文吉湾」活用を周知 知床観光船事故受け 北海道・斜里” (日本語). 毎日新聞 (2022年6月5日). 2022年6月6日閲覧。
  198. ^ 【監査】知床観光船事故を受けウトロの同業他社に監査 6時間かけじっくり確認 違反見つからず” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). STV札幌テレビ 放送. 2022年6月4日閲覧。
  199. ^ 第3回 知床遊覧船事故対策検討委員会 議事次第 国土交通省 令和4年5月27日
  200. ^ 海保、沈没観光船を検証 業過致死容疑、知床沖事故”. 東京新聞. 2022年5月28日閲覧。
  201. ^ カズワンの陸揚げ完了、不明者捜索は「長期戦」へ 知床観光船” (日本語). 毎日新聞 (2022年6月1日). 2022年6月10日閲覧。
  202. ^ 【公表】国交省・船舶行政指導を受けた事業者名を公表へ 安全にかかわる情報を積極公開の方針” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). STV札幌テレビ 放送. 2022年6月4日閲覧。
  203. ^ 知床に携帯基地局設置、環境相が検討 観光船沈没事故受け” (日本語). 毎日新聞 (2022年6月3日). 2022年6月4日閲覧。
  204. ^ "観光船3社で不備12件=沈没事故受け監査―北海道運輸局". 時事ドットコム. 3 June 2022. 2022年6月4日閲覧
  205. ^ “現地対策本部は網走に移転 国土交通省と運輸局が家族支援へ”. NHKニュース. (2022年6月3日). https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20220603/7000047179.html 2022年6月4日閲覧。 
  206. ^ “知床の観光船2社、不備の是正完了 運輸局発表”. 北海道新聞. (2021年6月8日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/691090/ 2022年6月8日閲覧。 
  207. ^ 最初の"救助要請"を再現か 観光船「KAZU1」沈没事故で海上保安庁が実況見分 無線傍受の状況を確認” (日本語). UHB:北海道文化放送 (2022年6月10日). 2022年6月11日閲覧。
  208. ^ “行方不明者の遺伝子データをロシア側に提供 1管本部 知床の観光船事故”. 北海道新聞. (2021年6月14日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/693130/ 2022年6月14日閲覧。 
  209. ^ 第4回 知床遊覧船事故対策検討委員会 議事次第 国土交通省 令和4年6月10日
  210. ^ “「事故の責任は国にもある」事業許可取り消しに不服 知床・観光船沈没事故で聴聞”. HTB北海道ニュース. (2021年6月14日). https://www.htb.co.jp/news/archives_16300.html 2022年6月14日閲覧。 
  211. ^ [https://www.asahi.com/articles/ASQ6H6T4BQ6HUTIL022.html 救助「圏外」をカバー…知床半島周辺に大型巡視船配備へ 海上保安庁 - 朝日新聞デジタル 2022年6月15日
  212. ^ 知床の観光シーズン、今夏はヘリコプター搭載型の巡視船を運用”. 読売新聞 (2022年6月15日). 2022年6月15日閲覧。
  213. ^ 知床観光船事故、運航会社の事業許可を取り消し…北海道運輸局”. 読売新聞 (2022年6月16日). 2022年6月16日閲覧。
  214. ^ 知床遊覧船は「安全確保の仕組み破綻していた」…事業許可取り消し、社長に電話で伝達”. 読売新聞 (2022年6月16日). 2022年6月16日閲覧。
  215. ^ 総務省、カズワン運航会社を電波法違反容疑で告発へ 知床観光船事故” (日本語). 毎日新聞 (2022年6月21日). 2022年6月21日閲覧。
  216. ^ “北海道 斜里町 観光船事故後の寄付 捜索に活用 基金条例案可決”. NHKニュース. (2022年6月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013685131000.html 2022年6月23日閲覧。 
  217. ^ “観光船沈没 運航会社の別の船1隻を捜索 電波法違反の疑い 海保”. NHKニュース. (2022年6月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013686061000.html 2022年6月23日閲覧。 
  218. ^ “観光船沈没 国後島の2人の遺体 ロシアのDNA鑑定で不明者と一致”. NHKニュース. (2022年6月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220624/k10013686351000.html 2022年6月26日閲覧。 
  219. ^ 第5回 知床遊覧船事故対策検討委員会 議事次第 国土交通省 令和4年6月24日
  220. ^ 知床観光船事故、国交省が対策検討内容を説明 規制強化含め議論” (日本語). 毎日新聞 (2022年6月25日). 2022年6月25日閲覧。
  221. ^ 【ご予約・ご乗船されるお客様へ重要なお知らせ】”. 道東観光開発 (2022年4月25日). 2022年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月26日閲覧。
  222. ^ “緊急点検で不備 斜里町の小型観光船3社に運輸局が来週監査へ”. NHKニュース. (2022年5月19日). https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20220519/7000046618.html 2022年6月15日閲覧。 
  223. ^ 大型観光船おーろら 今シーズンの運行開始 "沈没現場"に近づかないコース…安全性をPR”. FNNプライムオンライン. 2022年6月15日閲覧。
  224. ^ “知床小型観光船協議会が安全運航の自主ルール 地元で説明会”. NHKニュース. (2022年6月14日). https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20220614/7000047489.html 2022年6月15日閲覧。 
  225. ^ “知床 斜里町ウトロの小型観光船 自主ルール定め16日運航開始へ”. NHKニュース. (2022年6月15日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220615/k10013673431000.html 2022年6月15日閲覧。 
  226. ^ 知床、小型観光船が運航再開 新ルール設定「複数社で出航判断」”. 朝日新聞 (2022年6月16日). 2022年6月16日閲覧。
  227. ^ 運航会社社長、乗客家族へ補償説明 慰謝料も言及 知床観光船事故(毎日新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月8日閲覧。
  228. ^ a b c “観光船捜索“北方領土付近に広がる可能性”露当局に通知”. 日テレNEWS. (2022年4月25日). https://news.ntv.co.jp/category/society/2f71548815fb451c83c8ea816ebc24de 2022年4月25日閲覧。 
  229. ^ 日テレ『金田一少年の事件簿』離島での殺人事件描く第2話放送を1週間延期 知床での海難事故を受け”. ORICON NEWS (2022年4月27日). 2022年4月27日閲覧。
  230. ^ TSKさんいん中央テレビ (2022年5月3日). “60年間無事故なのに…北海道遊覧船事故が観光客の心理に影響 期待の大型連休も客激減”. FNNプライムオンライン. 2022年5月7日閲覧。
  231. ^ 知床半島沖事故の影響… 大型連休中300人キャンセル発生 修学旅行の団体キャンセルも 世界ジオパークめぐる鳥取の遊覧船”. BSS山陰放送 (2022年5月4日). 2022年5月7日閲覧。
  232. ^ 「一緒にされたくない」道内の観光船、安全最優先で運航…利用者に丁寧な説明も”. 読売新聞 (2022年5月7日). 2022年5月7日閲覧。
  233. ^ 札幌テレビ放送, STV. “【きょう出港】沈没した観光船の捜索「飽和潜水」19日午後スタート 作業船が北海道・網走出港へ | 北海道 | ニュース | STV札幌テレビ” (日本語). STV札幌テレビ 放送(北海道). 2022年5月19日閲覧。
  234. ^ "ベトナム首相「心よりお見舞い」 知床観光船沈没に 首脳会談". 毎日新聞. 1 May 2022. 2022年5月2日閲覧
  235. ^ 消息不明の観光船、昨年は出港後に座礁…知床沖であいつぐ観光船事故 読売新聞 2022年4月24日
  236. ^ [1]船舶事故調査報告書] 運輸安全委員会 平成30年3月14日
  237. ^ 船舶事故調査報告書 運輸安全委員会 令和2年11月4日
  238. ^ 船舶インシデント調査報告書 運輸安全委員会 令和2年1月22日
  239. ^ 船舶事故調査報告書 運輸安全委員会 令和3年3月24日

関連項目編集

外部リンク編集