メインメニューを開く

石川 俊介(いしかわ しゅんすけ、1985年8月12日 - )は、栃木県安蘇郡葛生町(現:佐野市)出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。阪神タイガースの打撃投手や一軍サブマネージャーを歴任し2018年限りで退団した。

石川 俊介
HT-Syunsuke-Ishikawa20120920.jpg
2012年9月20日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県安蘇郡葛生町(現:佐野市
生年月日 (1985-08-12) 1985年8月12日(34歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト3巡目
初出場 2008年7月15日
最終出場 2010年5月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

プロ入り前編集

葛生町立会沢小学校4年時に、会沢学童クラブで野球を始める。男女あわせて総勢15人の弱小チームで大差がついても泣きながら投げ、当時バッテリーを組んでいた捕手は石川の速球を捕るだけで手が痛くなり大変だったと語っている[1]。その後、葛生中から葛生高校に進学して高校2年時に本格的に投手へ転向。

高校卒業後は関甲新学生野球連盟所属の上武大学ビジネス情報学部へ進学。4年時の2007年全日本大学野球選手権8強入り、その後の秋季リーグでは最優秀防御率を獲得し、明治神宮野球大会では準決勝で同年のドラフト候補の注目選手だった大場翔太を擁する東洋大学に敗れたものの、12奪三振の好投で4強入りし注目された。同年秋の大学・社会人ドラフトで阪神から3巡目指名を受け入団。大学時代の同期には加賀繁がいる。

プロ入り後編集

2008年7月15日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初登板し、1回を1安打無失点に抑えた。9月22日の横浜ベイスターズ戦では、5回4安打4奪三振2四球2失点でプロ初先発・初勝利を記録。そのまま先発ローテーションに定着した。

2009年1月30日に結婚を発表した。

2010年は、5月7日に一軍昇格。4試合に登板し防御率5.79。二軍のウエスタン・リーグでは、32試合に登板し4勝6敗10S防御率6.65であった。

2011年は一軍での登板は無く、ウエスタンリーグでも12試合の登板にとどまった。成績は1勝1敗1S防御率5.25であった。

2012年も一軍での登板は無く、ウエスタンリーグでも中継ぎとして、19試合に登板した。成績は2勝0敗防御率0.59であった。10月2日、戦力外通告を受けた[2]。トライアウトに参加するも獲得を申し出る球団は無く、現役を引退。

引退後編集

2013年は、阪神タイガースの打撃投手を務めた[3]2014年から一軍のサブマネージャーを務める[4]。2017年から打撃投手に戻り、2018年限りで退団。

選手としての特徴編集

バランスの取れたフォーム[5]から投げる切れ味の鋭いスライダーが武器[6]。他に最速140 km/h台中盤[5]ストレートと2種類のフォークボールシュートを投げる[7]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2008 阪神 7 4 0 0 0 2 0 0 0 1.000 99 25.0 22 1 7 0 0 16 0 0 6 6 2.16 1.16
2009 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 47 10.0 12 1 4 0 0 11 1 0 8 8 7.20 1.60
2010 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.2 6 0 2 0 0 3 2 0 3 3 5.79 1.71
通算:3年 14 5 0 0 0 2 1 0 0 .667 167 39.2 40 2 13 0 0 30 3 0 17 17 3.86 1.34

記録編集

背番号編集

  • 48 (2008年 - 2012年)
  • 101 (2013年・2017年 - 2018年)

登場曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ SHIMOTSUKEスポーツサイト
  2. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  3. ^ 打撃投手の契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2012年12月21日). 2012年12月22日閲覧。
  4. ^ 球団仕事納め&小虎日記の転居先(12月28日)”. Sponichi Annex 野球 (2013年12月28日). 2013年12月28日閲覧。
  5. ^ a b 本間勝 バランス抜群のフォーム ウエスタン一番星 日刊スポーツ、2008年9月12日。
  6. ^ 石川 俊介 [選手情報 - プロ野球データ集 - Number Web - ナンバー] Number Web, 2010年4月12日。
  7. ^ 阪神ドラフト“隠し玉”は上武大・石川 日刊スポーツ、2007年11月13日。

関連項目編集

外部リンク編集