メインメニューを開く

石川県道200号向粟崎安江町線

日本の石川県の道路

石川県道200号向粟崎安江町線(いしかわけんどう200ごう むかいあわがさきやすえちょうせん)は、石川県河北郡内灘町と同県金沢市とを結ぶ一般県道石川県道)である。

一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
石川県道200号標識
石川県道200号向粟崎安江町線
路線延長 9.108km(実延長総計)
陸上区間 9.108km
制定年 1960年昭和35年)
起点 海浜向陽台交差点
石川県河北郡内灘町向粟崎)
主な
経由都市
河北郡内灘町、金沢市
終点 堀川町交差点
(金沢市堀川町)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

路線概要編集

起点から南東方向に砂丘地を下り、向粟崎高架橋を渡る。この橋は石川県道8号松任宇ノ気線立体交差になっており、橋の下には、向粟崎交差点がある。高架橋と連続する清湖大橋で大野川を渡り、金沢市に入る。さらに南東に進み、蚊爪橋で浅野川を渡り、更に大浦橋で金腐川を渡り、南へとカーブする。田中交差点で、国道8号金沢バイパス)と接続。そのまま、浅野本町交差点まで南下。同交差点で西へ右折し、石川県道159号金沢停車場北線と重複して西に進み、終点の堀川町交差点に至る。

起点 - 田中交差点は、のと里山海道と国道8号、北陸自動車道金沢東ICとを結ぶコースとなっている。また、金沢のベッドタウン的な存在である内灘町から、金沢市北部の木越団地、瑞樹団地の西を経て、金沢市中心部を結ぶ役割がある。清湖大橋の金沢側橋詰にあたる湊2丁目交差点では、朝のラッシュ時に混雑することが多く、同交差点では、矢印信号で制御される先発・後発式の時差式信号交差点になっている。

田中交差点から浅野本町交差点までの区間と、浅野本町交差点から南下して国道359号の東山交差点までを結ぶ金沢市道の区間は、金沢市中心部と北陸自動車道金沢東ICとを結ぶことから、「東インター大通り」と呼ばれている。

歴史編集

  • 1960年昭和35年)10月15日:河北郡内灘村向粟崎(現・内灘町向粟崎1丁目)の粟崎踏切交差点が起点で、機具橋で大野川を渡り、北陸鉄道浅野川線に沿って浅野川左岸堤防を通る経路で認定。
  • 清湖大橋などの完成に伴い、順次経路変更。清湖大橋の北端を起点に、木越西交差点で西に右折、再度金腐川を渡り、金沢市大浦町地内で再び南へと折れ、浅野川右岸に沿って同市松寺町まで南下、松寺橋で浅野川を西に渡り、橋詰で突き当たる松寺橋交差点を左折、浅野川の左岸堤防の上を南に進み、終点に至るコースへの変更を認定。
  • 1995年平成7年)3月31日:「県道大浦松寺線」を廃止し、本路線に編入。金沢市大浦町から松寺橋交差点の区間にあたる。
  • 起点を能登有料道路との交点である現在位置に移動。
  • 2008年(平成20年)6月20日:木越西交差点から田中交差点の区間を認定。
  • 2009年(平成21年)3月31日:木越西交差点から、大浦町、松寺橋交差点を経て上諸江駅前交差点に至る区間を除外。なお、従来の経路のうち、上諸江駅前交差点から堀川町交差点(金沢市堀川町)の間は、現在も県道200号に認定されたままである。
  • 2009年(平成21年)7月31日石川県道204号八田金沢線の廃止に伴い、同路線だった田中交差点 - 浅野本町交差点を県道200号に認定。

通過する自治体編集

接続道路編集

重複区間編集

  • 石川県道201号蚊爪森本停車場線(金沢市蚊爪町・湊二丁目交差点 - 同市木越町・木越西交差点)
  • 石川県道159号金沢停車場北線(金沢市浅野本町・浅野本町交差点 - 同市堀川町・堀川町交差点:終点)

周辺施設編集

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

別名編集

  • 東インター大通り(金沢市)

関連項目編集