メインメニューを開く

中央流沙』(ちゅうおうりゅうさ)は、松本清張長編小説。『社会新報』に連載され(1965年10月号 - 1966年11月号)、1968年9月に河出書房新社から単行本が刊行された。現在は中公文庫版が刊行されている。

過去3度テレビドラマ化されている。

目次

あらすじ編集

農林水産省の課長補佐・倉橋豊は収賄の疑いで警視庁から事情聴取を受けていた。上司の岡村局長は、農水省の幹部に顔の利く実力者・西秀太郎の示唆を受け、倉橋に北海道への出張を命じた。札幌で不安に怯える倉橋に、西からの連絡が来て、今度は作並温泉に行くようにとの指示が出る。

濃霧に埋まった早朝の作並温泉、旅館近くの断崖下に、倉橋が墜落しているのが発見され、まもなく死亡した。農水省の山田事務官は、岡村局長の指示を受け、作並温泉に遺体の受け取りに赴くが、倉橋の死には政治的な匂いが感じられた…。

主な登場人物編集

  • 原作における設定を記述。
山田喜一郎
農水省総務課事務官。ノンキャリア組で出世とは無縁。
岡村福夫
農水省食糧管理局長。キャリア組。所構わず部下を叱り飛ばし、省内で畏怖されている。大臣とは気安く話す。
西秀太郎
農水省のどの局長ともフリーパスで会うボス的存在。業者にも顔が利く。
倉橋豊
農水省食品課課長補佐。上司の指示に忠実に従っていたが、収賄の疑いで警視庁に連行される。
倉橋節子
倉橋豊の妻。夫の死を知り、悲しみに暮れていたが…。
堀田よし子
西秀太郎の愛人。
川辺
新聞記者。倉橋の死に疑惑を持ち、熱心に調査するが…。

テレビドラマ編集

1975年版編集

松本清張シリーズ
中央流沙
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『中央流沙』
脚本 石松愛弘
演出 和田勉
出演者 川崎敬三ほか
制作 NHK
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1975年10月25日
放送時間 20:00 - 21:10
放送枠 土曜ドラマ (NHK)
放送分 70分

特記事項:
プラハ国際テレビ祭金賞受賞作品
テンプレートを表示

松本清張シリーズ・中央流沙[1]1975年10月25日NHKの「土曜ドラマ」枠(20:00-21:10)にて放映。視聴率16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。プラハ国際テレビ祭金賞受賞作品。原作の松本清張が出演した。DVD化されている。

キャスト
ほか
スタッフ
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
松本清張シリーズ
中央流沙
(1975.10.25)

1998年版編集

松本清張スペシャル
中央流沙
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『中央流沙』
脚本 佐伯俊道
監督 三村晴彦
出演者 緒形拳
石橋凌ほか
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1998年8月4日
放送時間 21:03 - 22:54
放送枠 火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・中央流沙」。1998年8月4日日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」枠(21:03-22:54)にて放映。視聴率18.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ


日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張スペシャル
中央流沙
(1998.8.4)
警部補 佃次郎6
(原作:夏樹静子)
(1998.8.11)

2009年版編集

松本清張生誕100年スペシャル
中央流沙
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『中央流沙』
脚本 洞澤美恵子
監督 山本実
出演者 和央ようか
石黒賢ほか
プロデューサー 登坂琢磨
岡本俊次
制作 TBS
毎日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域   日本
放送期間 2009年12月14日
放送時間 21:00 - 22:54
放送分 114分
回数 1
TBS 「松本清張生誕100年スペシャル 中央流沙」
テンプレートを表示

松本清張生誕100年スペシャル 中央流沙」。2009年12月14日の21:00 - 22:54(JST)に、TBS系列にて放映されたスペシャルドラマ。TBSと毎日放送の共同制作。倉橋節子を主人公とし、収賄の疑いで事情聴取を受ける夫が、急にベトナムへの転勤を命じられ、中国・桂林で死体となって発見される、というストーリー。和央ようかのテレビドラマ初出演・初主演作。視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト

ほか

スタッフ

脚注編集

外部リンク編集