メインメニューを開く
日本最大の石棒・北沢大石棒

石棒(せきぼう)は、縄文時代磨製石器の一つである。男根を模したと考えられる呪術祭祀に関連した特殊な道具とみられる[1]

最大の石棒は長野県佐久穂町にある北沢大石棒で、長さは223cm、直径は25cmである。

概要編集

石棒は広義には石刀石剣を含む棒状の石製品を総じて指し、狭義にはいわゆる大型石棒を指す場合が多い[2]。広義の石棒は九州から北海道までほぼ全国に存在する。

男根を模した石製品としては、千葉県大網白里市升形遺跡出土の旧石器時代後期(約24000年前)のものまで遡れる[3]。いわゆる大型石棒は、縄文時代中期に中部高地で出現したと考えられ、その後近畿地方以東を中心に広がったと考えられる[4][5]

住居内のの側で出土する事例が見られ、火熱による損壊変色があることから、石棒は火と関連する祭祀で用いられた祭祀具と考えられる[6]。石棒の祭祀では、「勃起→性行為→射精→その後の萎縮」という男性器の一連の状態が「摩擦→叩打→被熱→破壊」として疑似的に見立てていたとされるものもある[7]。このように破損して出土する事例が非常に多いため、そこに意味を求める説があるが、それに懐疑的な意見もある[8]。また、に副葬された石棒もあるように、幾通りもの呪術的機能を持っていたことが推定される[9][10]

変遷編集

 
秋田県・山形県の丁岳山頂にある石棒

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山田 2019:204
  2. ^ 鳥居1924
  3. ^ 春成1996
  4. ^ 山本1979
  5. ^ 岡田1960
  6. ^ 山田 2019:204
  7. ^ 山田 2019:204
  8. ^ 後藤1999
  9. ^ 山田 2019:206
  10. ^ 谷口2006

参考文献編集

関連項目編集

  • 石剣
  • 石器
  • マラ石
  • ミシャグジ - 諏訪を中心に中部地方全域、関東地方の一部、近畿地方の一部まで広がる縄文中期頃を起源とした古代信仰の一つで、石棒や樹木を神体とする。

外部リンク編集