石田 卓也(いしだ たくや、1987年2月10日[1][2] - )は、日本俳優[2][3]愛知県出身[1][2][3]

いしだ たくや
石田 卓也
生年月日 (1987-02-10) 1987年2月10日(34歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2005年 -
事務所 個人事務所
主な作品
映画
蟬しぐれ
夜のピクニック
キトキト!
グミ・チョコレート・パイン
リアル鬼ごっこ
テレビドラマ
青春の門
救命病棟24時』第4シリーズ
 
受賞
キネマ旬報 新人賞(2005年)
日本映画批評家大賞 新人賞(2005年)
テンプレートを表示

略歴編集

2002年の第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」において、フォトジェニック賞を受賞[3] したことを機に芸能界入り。

2005年TBS系列テレビドラマ青春の門・筑豊編』でデビュー[2]。同年公開された映画『蟬しぐれ』で、キネマ旬報新人賞を獲得した[3]2006年以降は映画を中心に活動。『ラフ ROUGH』、『夜のピクニック』、『グミ・チョコレート・パイン』、『GSワンダーランド』などに出演。また、劇場アニメ『時をかける少女』では声優もこなした。

2007年公開『キトキト!』『グミ・チョコレート・パイン』2008年公開『リアル鬼ごっこ』や続編の『リアル鬼ごっこ2』、2011年公開の『モンゴル野球青春期』などで主演。

2017年末所属事務所を退社。約3年間の休業期間を経て2021年俳優業を再開。

受賞歴編集

人物・逸話編集

  • 趣味は旅、読書[2]
  • 特技は居合い[2]
  • 撮影自体は映画『蟬しぐれ』が最初であるが、放送は『青春の門〜筑豊編〜』のほうが早い。ドラマ『青春の門〜筑豊編〜』の主人公である信介(13〜18歳)のキャスティングに難航している際に、「『蟬しぐれ』の新人俳優がすごい」と聞きつけて面接の上で選ばれた[要出典]
  • 中学卒業後に造園業で働いていたが、出入りしていた美容院の従業員が「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募して受賞につながった[要出典]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

劇場アニメ編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 石田卓也”. フロム・ファーストプロダクション. 2017年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 石田卓也”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 石田卓也”. タレントデータバンク. 2017年5月6日閲覧。
  4. ^ 過去の受賞作品 | 日本映画批評家大賞 公式サイト”. jmc-award.com. 2021年9月21日閲覧。
  5. ^ 連続ドラマW 海に降る”. WOWOW. 2015年11月15日閲覧。
  6. ^ 時をかける少女”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月9日閲覧。

外部リンク編集