メインメニューを開く

砂の城』(すなのしろ)は、一条ゆかり漫画である。『りぼん1977年7月号から1979年7月まで、および1980年9月号から1981年11月号まで掲載された。最初の連載時は、ほぼ毎号4色カラー4ページ(うち見開き扉2ページ)を確保していた。

フランスを舞台にした長編漫画で、フランシスとナタリーの禁じられた恋愛と、その周囲の複雑な心情を描く。1997年6月30日から10月3日まで、東海テレビフジテレビ系列でテレビドラマ(昼ドラマ)が放送された。

目次

あらすじ編集

裕福な家庭に生まれたナタリーと、彼女の誕生日に屋敷の前に捨てられたフランシスは、兄妹同然に育てられ、やがて2人は惹かれ合う。はじめは強く2人の交際に反対していたナタリーの父親も交際を公認するが、3年にわたって家を離れて学業を修めたフランシスの帰省直後、両親2人が事故で帰らぬ人となる。後を任された伯母の強硬な反対に2人は死を決意し、絶壁から飛び降りてしまう。奇跡的に救助されたナタリーが、行方不明となったフランシスの面影を胸に学生生活を送っていたある日、彼を見かけたとの噂を聞く。ナタリーが訪ねてみると、記憶をなくしたフランシスは結婚し、男の子が生まれていた。フランシスはナタリーを見て記憶を取り戻すが、その直後に交通事故で帰らぬ人となり、彼の妻も後を追う。残された子に「フランシス」という名前をつけて引き取るナタリー。やがて、青春時代を迎えたフランシスはナタリーを意識し始め、そしてナタリーもまた……。

テレビドラマ編集

東海テレビ制作で、フジテレビ系列で、1997年6月30日から10月3日まで放送された。テレビドラマ版では、日本の昭和時代に物語の舞台を移している。

あらすじ編集

昭和32年、磐城美百合は茨城県五浦でホテルを経営する裕福な家に生まれる。時を同じくして、家の前に男の赤ん坊の捨て子があった。男児の誕生を切望していた磐城家当主の雄一は、妻さや子を説得し、美百合と男の子を同じ日に生まれた双子として育てることに。美百合と比羅夫(ヒラフ)と名付けられた男の子は、ともに成長。2人は実の兄妹でないことを知ると、愛し合うようになる。

キャスト編集

磐城美百合
演 - 森下涼子大場久美子
裕福な家庭で何不自由ない暮らしをしていた。祖母の態度などから比羅夫とは血縁がない事に気づいており、両親の死後、比羅夫と恋愛関係になる。そして周囲の反対などから彼と心中を図るが失敗。一方の比羅夫は行方不明となってしまう。数年後に生存していた彼と再会するが、比羅夫は当時の記憶を無くしており、身の回りを世話してくれた女性と結婚し息子(杉彦)を儲けていた事を知ってショックを受ける。ややわがままな面が見られる。レイプ被害に遭ったことがある。
磐城比羅夫
演 - 佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ
生後まもなく磐城家の前に捨てられていた所を不憫に思った雄一によって美百合と双子の兄妹として育てられるが、成長後に恋愛関係となった美百合と心中を図り行方不明となる。
磐城杉彦
演 - 佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)
比羅夫が記憶を無くした際に彼を救出し、身の回りの世話をしてくれた女性との間に生まれた息子。幼い頃に両親と死別した後は美百合に育てられる。
磐城彩
演 - 南田洋子
雄一の継母。夫の不倫・愛人の出産などを見逃して来たが、自分に子供が出来ず跡取りとして愛人の産んだ雄一を引き取った事が心の傷となっている。特に比羅夫を目の敵にしており、雄一とさや子の目の届かない場所で美百合と露骨に差別をしていた為、美百合から嫌悪されている。
津田山毅
演 - 五代高之
磐城さや子
演 - 榊原るみ
美百合の母で比羅夫の養母。さっぱりした心優しい性格。
磐城雄一
演 - 佐藤仁哉
美百合の父で比羅夫の養父。幼い頃に実母と引き離されて父の元へ引き取られるが、継母の彩に疎まれた哀しみなどもあり心優しい性格。家の前に置き去りにされていた比羅夫を引き取り、同日に生まれた美百合と双子として育てる。のちに妻のさや子と外出先で事故死。
船村伊佐子
演 - 八木小織白石まるみ
大橋棚子
演 - 新藤恵美
比羅夫の実母。美百合の経営する店にやって来て「人形に会いに来たい」と申し出る。
真奈美
演 - 西島愛
美百合の婚約者
演 - 吉満涼太
瑞原北帆
演 - 峰岸徹

スタッフ編集

  • 原作 - 一条ゆかり
  • 脚本 - 中島丈博、田部俊行、白石マミ
  • 演出 - 西本淳一、小林俊一
  • プロデューサー - 小林俊一、吉田紀子、鶴啓二郎
  • 企画 - 出原弘之
  • 音楽 - 菅原サトル(ストロベリーフィールズ)
  • 主題歌 - 「愛してる」(作詞・作曲:青山浩志 / 編曲:十川知司 / 歌:バーストフルーツ
  • 演出補 - 菊地光記、林憲昭
  • 記録 - 杉谷小百合
  • 制作補 - 桐ヶ谷嘉久、深見桂子、鈴木辰明
  • 広報 - 近藤眞弓、藤城大子
  • 音効 - 篠沢紀雄
  • 美術制作 - 北林福夫
  • デザイン - 山本修身
  • 人形制作 - もろいあやこ(あ夢)
  • 衣裳 - 杉山正英
  • 撮影協力 - 伊豆長岡温泉・南山荘、東海観光、長岡ホテル ほか
  • 協力 - フォーチュンフジアールパークタワーウエスト第一音響
  • 製作 - 東海テレビ、彩の会

外部リンク編集

東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
氷炎 死んでもいい
(1997.3.31 - 1997.6.27)
砂の城
(1997.6.30 - 1997.10.3)
その時がきた
(1997.10.6 - 1997.12.26)