メインメニューを開く

仁科 貴(にしな たかし、1970年8月21日 - )は、日本俳優である。京都府出身。身長170cm。体重64kg。芸能プロダクション「M.M.P」「オフィス北野」を経て、現在はフリー。俳優・川谷拓三の長男。

にしな たかし
仁科 貴
生年月日 (1970-08-21) 1970年8月21日(49歳)
出生地 日本の旗 日本京都府
身長 169 cm
血液型 A型
ジャンル 俳優
活動期間 1993年 -
活動内容 テレビドラマ映画
著名な家族 仁科熊彦(祖父)
岡島艶子(祖母)
川谷拓三(父)
仁科扶紀(姉)
公式サイト 仁科貴 オフィシャルWEBサイト
テンプレートを表示

目次

人物・来歴編集

父方の祖父・川谷庄平撮影技師で、日本最初の映画スター・尾上松之助の主演映画の撮影監督を務めたことで知られる。祖母の川谷二三子も元女優。母方の祖父である仁科熊彦(紀彦)は『鞍馬天狗』シリーズ、『むっつり右門』シリーズの監督。祖母は映画『浪人街 第一話 美しき獲物』等で知られる岡島艶子(岡嶋艶子)。父・仁科拓三(旧姓・川谷拓三)、母・仁科克子、姉・仁科扶紀はともに俳優。父の母方の叔父は俳優・伊沢一郎。その妻は女優美川かつみ

1993年、『虹の橋』(松山善三監督)でエキストラとしてデビュー。北野武監督、深作健太監督の作品など、映画を中心に活動した。連続テレビ小説オードリー』(2000年、NHK)に出演するなど役者として順調な滑り出しであったが、2002年に大麻所持で逮捕され、執行猶予判決が下り謹慎する。その後2003年に復帰し、田壮壮監督『呉清源〜極みの棋譜〜』(2007年)、北野武監督『アキレスと亀』(2008年)、フローリアン・ガレンベルガー監督『ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜』(2014年)などに出演する。

2018年にオフィス北野を退社。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

Vシネマ編集

  • 新・湾岸ミッドナイトI S30Z VS ゴールドR(1998年)
  • 新・湾岸ミッドナイトII S30Z VS ゴールドR(1998年)
  • 組織暴力 流血の仁義(1999年)
  • 修羅がゆく10 北陸代理決戦(1999年)
  • パチスロ攻略王 GET LUCK アルゼ・スペシャル(1999年)
  • デコトラパチンカー 恋の連チャン大暴走(2000年)
  • デコトラパチンカー ヒットマンに確変の花束を(2000年)
  • 極道三国志5 山陽道10年戦争(2000年)
  • 新・極道三国志 首都攻防戦(2003年)
  • 修羅のみち9 九州烈火篇(2004年)
  • 修羅のみち10 九州全面戦争(2004年)
  • 実録・大日本平和会 極道・平田勝市1 - 3(2005年)
  • 実録・関東やくざ抗争史 松田組1 - 3(2005年)
  • 実録・九州やくざ戦争1 - 3(2006年)
  • 必殺!バトルロード2 妖剣女刺客(2006年)
  • 鬼魄 二代目山口登1 - 3(2006年)
  • ファッション・ヘル(2011年2月)

舞台編集

脚注編集

外部リンク編集