白石 まるみ(しらいし まるみ、1962年11月27日 - )は、日本歌手女優タレントである。本名、南川 光江(みなみかわ みつえ)。旧姓、松田(まつだ)。

しらいし まるみ
白石 まるみ
本名 南川 光江
松田 光江(旧姓)
別名義 白石 マル美
白石 麻琉美
まるみおねえさん
生年月日 (1962-11-27) 1962年11月27日(57歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 163 cm
血液型 O型
職業 女優歌手タレント
ジャンル ラジオテレビドラマテレビバラエティ映画舞台
活動期間 1978年 -
配偶者 一般人/夫
著名な家族 守永真彩(娘、本名・南川麻綾(みなみかわ まあや))
事務所 生島企画室
公式サイト 白石まるみ 公式ホームページ
テンプレートを表示

東京都出身[1]生島企画室所属。

夫は会社経営者(一般人)、娘はグラビアアイドル守永真彩[2]

来歴編集

都立第一商業高校卒業[3]

1978年TBSテレビドラマムー一族』で主演の郷ひろみの恋人役のオーディション(審査員は出演者だった伴淳三郎[4])に応募し、4万人の応募者の中から2位で選ばれた[1][5](このオーディションの優勝者は桂木文[6])。この当時はまだ中学生で、中学生が選ばれるはずもないと思いながらも、不合格でも何か景品がもらえるということだったので、何かもらえたら郷のファンだった友人にプレゼントしようと思い応募したという[6]。他の応募者から送られてきた写真がだいたい写真館などで撮影したものだったのに対し、白石が送ったのは全身写真がストーブの前でオーバーオールのポケットに手を突っ込んで立っているもの、バストアップが制服姿で正座しているものという、たまたま家にあったスナップ写真だった[6]。そして最終審査当日は初めてメイクをしてフリフリのスカートという姿で臨み、ムー一族プロデューサーの久世光彦に「君面白いね、(送られてきた写真と)全然違うじゃん」と言われたという[6]。また樹木希林には「あなたね、美人じゃない所がいいわよ」と言われている[6]

そしてムー一族において「居酒屋ひろみ」の女将の妹役でデビュー[1]。当初はアイドル女優として、テレビドラマだけでなく映画ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍している。

1982年松任谷正隆プロデュースにより、ビクター音楽産業から「オリオン座のむこう」でアイドル歌手としてレコードデビュー[1]。同期デビューは堀ちえみ小泉今日子三田寛子早見優松本伊代中森明菜などの「花の82年組」で、白石も新人賞レースに名を連ねていた。ファーストアルバム『風のスクリーン』も松任谷正隆がプロデュースした。

1988年、自身初の写真集「麻琉美」を発表。

1992年4月には、母と子のテレビタイム土曜版のおねえさんに就任。ニャンちゅうの初代パートナーとなり、「まるみおねえさん」として人気を博す。1995年3月に卒業。在任期間は3年間で、ニャンちゅうの番組の歴代おねえさんとしては、4年間出演した柊瑠美に次ぐ第2位である。

2002年秋、芸名を「まるみ」から「マル美」(読みは同じ)に変更[7]。テレビショッピング番組のMCや『いきなり!黄金伝説』の節約生活、紀行番組のリポーターなどで活躍。

2007年夏、芸名を「白石麻琉美」に改名したが、本人の誕生日である11月27日より、デビュー当時のひらがなの「まるみ」に戻した[7]

趣味はバドミントンで、自らクラブチームに所属する腕前という。また、コスプレも嗜む。

2016年、娘の守永とコンビ「WM(ダブルエム)」を結成し、キングオブコント2016への挑戦したが[8]、予選1回戦で敗退[9]

個性心理學の創始者である弦本將裕に師事し、動物キャラナビ(動物占い)の講師も務める[10]

出演編集

テレビドラマ編集

情報・バラエティ番組編集

映画編集

舞台編集

ラジオ編集

CM編集

写真集編集

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
1982年1月21日 EP SV-7192 A オリオン座のむこう[12] 呉田軽穂 松任谷正隆
B 恋人がいても
1982年7月5日 EP SV-7230 A YoKoSuKa 愛の色 三浦徳子 滝沢洋一 新川博
B レイニー・ガール 戸塚省三
1983年1月21日 EP SV-7280 A 恋人達の明日[13] 大貫妙子 椎名和夫
B 翼をつけてラブ・ソング
1996年9月21日 8cmCD VIDL10806 1 だまされごっこ[14] しろいうさぎ 陳連雀
2 北野誠の全国共通大阪弁講座[15]
2019年2月14日 CD DAKMARUP-1 1 アニマロジーディスコ[16] 白石まるみ
2 アニマロジーディスコ(カラオケ) -

アルバム編集

発売日 規格 規格品番 アルバム
1982年7月21日 LP SJX-30157 風のスクリーン

※ プロデューサー松任谷正隆。コーラスに伊集加代子須藤薫が参加。

No. タイトル 作詞 作曲 編曲
A 1 6月のまばたき 呉田軽穂 松任谷正隆 新川博
2 YoKoSuKa愛の色 三浦徳子 滝沢洋一 新川博
3 レイニー・ガール 戸塚省三 新川博
4 A Little Fall 三浦徳子 松任谷正隆 新川博
5 8月生まれSummer Girl 島エリナ 椎名和夫 新川博
B 1 オリオン座のむこう 呉田軽穂 松任谷正隆
2 End of Love 有川正沙子 新川博
3 恋人がいても 呉田軽穂 松任谷正隆
4 9月の印象 有川正沙子 新川博
5 ときめきシュガー・タウン 岡田冨美子 東郷正和 新川博
2003年1月15日 CD VSCD-3720
2004年2月21日 CD VICL-61325 白石まるみコレクション
No. タイトル 作詞 作曲 編曲
1 オリオン座のむこう 呉田軽穂 松任谷正隆
2 恋人がいても 呉田軽穂 松任谷正隆
3 YoKoSuKa愛の色 三浦徳子 滝沢洋一 新川博
4 レイニー・ガール 戸塚省三 新川博
5 恋人達の明日 大貫妙子 椎名和夫
6 翼をつけてラブ・ソング
7 6月のまばたき 呉田軽穂 松任谷正隆 新川博
8 A Little Fall 三浦徳子 松任谷正隆 新川博
9 8月生まれSummer Girl 島エリナ 椎名和夫 新川博
10 End of Love 有川正沙子 新川博
11 9月の印象 有川正沙子 新川博
12 ときめきシュガー・タウン 岡田冨美子 東郷正和 新川博

著書編集

  • まぁるいシアワセ ― 50代・ナイスエイジングのためのやさしい教科書(2014年10月3日、集英社) ISBN 978-4087807370
  • Animalogy(アニマロジー) ― 人間の取扱説明書(2017年11月22日、牧野出版) ISBN 978-4895002189
  • 繋がる(2018年11月1日、牧野出版、共著) ISBN 978-4895002257

脚注編集

  1. ^ a b c d 公式プロフィール”. 生島企画室. 2014年6月7日閲覧。
  2. ^ “白石まるみ娘、守永真彩が初舞台初主演”. 日刊スポーツ. (2010年2月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100202-591903.html 2014年6月7日閲覧。 
  3. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1978年11月3日号 p.40
  4. ^ “白石まるみ&守永真彩が親子コンビで1回戦に初挑戦!!”. キングオブコント2016|TBSテレビ. http://www.tbs.co.jp/kingofconte/news/20160729.html 2016年11月20日閲覧。 
  5. ^ 白石 まるみ”. 日刊スゴい人! (2014年12月16日). 2016年11月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『昭和40年男』2019年2月号(クレタパブリッシング)p.84 - 87 俺たちのアイドル 白石まるみインタビュー
  7. ^ a b 公式プロフィール”. 白石まるみ公式ホームページ. 2014年6月7日閲覧。
  8. ^ “白石まるみ 守永真彩と親子でKOC挑戦、セクシーネタでノリノリ”. スポニチアネックス. (2016年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/28/kiji/K20160728013047000.html 2016年7月28日閲覧。 
  9. ^ “白石まるみ&守永真彩親子が“KOC”予選1回戦で敗退”. ORICON STYLE. (2016年8月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2076092/full/ 2016年8月2日閲覧。 
  10. ^ 講師紹介 白石 まるみ - 一般社団法人個性心理學研究所総本部 個性心理學研究所
  11. ^ “白石まるみが語る朝ドラの思い出「撮影中は長い修学旅行のよう」”. Smart FLASH(FLASH DIAMOND 2018年4月15日増刊号). (2018年5月13日). https://smart-flash.jp/entame/40481 
  12. ^ 1994年に、笹峰愛カバー
  13. ^ 大貫妙子のカバー。
  14. ^ 北野誠と白石まるみ。
  15. ^ 北野誠。
  16. ^ “白石まるみの20年ぶり新曲がスゴイ! ディスコに「どうぶつ占い」盛り込んだ異色作 (1/2ページ)”. zakzak. (2019年1月10日). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190110/ent1901109848-n1.html 

関連項目編集

外部リンク編集