メインメニューを開く

社台駅

日本の北海道白老郡白老町にある北海道旅客鉄道の駅

社台駅(しゃだいえき)は、北海道白老郡白老町字社台にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H22電報略号シタ

社台駅
駅舎(2017年9月)
駅舎(2017年9月)
しゃだい
Shadai
H23 白老 (5.5km)
(6.3km) 錦岡 H21
所在地 北海道白老郡白老町字社台
駅番号 H22
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 119.1km(長万部起点)
電報略号 シタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1907年明治40年)12月25日
備考 無人駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

 
1976年の社台駅と周囲約750m範囲。左が東室蘭方面。駅裏左側に社台ファーム。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

開設当初は信号所、その後貨物駅となってから旅客を扱う駅になったという変わった経歴を持つ。

駅名の由来編集

アイヌ語の「サタイペッ(sa-tay-pet)」(前の[浜側の]・林の・川)に由来するとされるが[1][2]、明らかでない[1]

駅構造編集

島式ホーム1面2線の地上駅無人駅である。2段になった屋根を持つ駅舎がある。

駅周辺編集

あたりにはいくつかの牧場が点在している。

その他編集

  • 当駅から沼ノ端駅手前までは直線区間が続いている(実際には白老駅との間から直線区間になる)。直線区間の総延長は28.7kmである。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
白老駅 (H23) - 社台駅 (H22) - 錦岡駅 (H21)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、72頁。
  2. ^ アイヌ語地名リスト シベ~セツ P61-70P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2019年3月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集