メインメニューを開く

神永 大輔(かみなが だいすけ、1985年8月17日[1])は、福島県いわき市出身の尺八奏者。都山流尺八師範(竹号は耀山)。

神永大輔
別名 神永耀山
生誕 (1985-08-17) 1985年8月17日(33歳)
出身地 日本の旗 日本福島県いわき市
学歴 千葉大学文学部卒業
ジャンル 邦楽
ロック
J-POP
ゲームミュージック
職業 ミュージシャン
尺八奏者
講師
担当楽器 尺八
活動期間 2008年 -
共同作業者 HeavensDust
Heavenese
KAO=S
華風月
和楽器バンド
公式サイト www.daisukekaminaga.com

これまでに10カ国以上の海外公演経験をもち国内外の大型イベントにも多数出演、伝統邦楽の演奏にとどまらず、世界中のあらゆる音楽、表現とコラボレーションしている[2]

目次

人物・経歴編集

5歳からピアノを始め、高校時代には軽音楽愛好会を創立しキーボードを担当していた。 18歳の時に尺八に出会い、曽我哲山、クリストファー遙盟小湊昭尚の各師に師事、尺八の二大流派である都山流と琴古流それぞれの奏法を学ぶ[1]。 大学3年の頃から、酔っ払って路上で尺八を吹いていたところ「演奏してみないか?」と声をかけられたことがきっかけとなり、ライブハウスでの演奏を始めるようになった。[4]
2008年より所属したメタルバンドHeavensDustロサンゼルスのHensley Musicレーベルと契約しアメリカでデビュー、アメリカ国内での演奏活動や、韓国などの海外ツアーを経験する。[5]
2012年から2013年にかけては、 Heavenese また KAO=S の一員として、テキサス州オースティンで開かれる世界最大級の音楽コンベンションSXSWや、フランス・パリ市で開かれる日本文化のフェスティバルJapan Expoで演奏を行う。
2014年に和楽器バンドメジャーデビュー。

一方、尺八講師として都内に教室を持つほか、複数の大学、教育機関等でも講義を行っている。地元いわき市では、いわき芸術文化交流館アリオス主催のおでかけアリオス登録アーティストとして参加[2]、市内の小中学校等に演奏を届けている。[6][7]

ゲーム音楽との関わり

ゲーム音楽をこよなく愛し、そもそも尺八を始めたきっかけもゲーム音楽との関わりからで[8]、「ゲーム音楽に出てくる『どこの国の笛か分からないけど、何となく民族っぽい笛の音』を再現するのに最も適した楽器が尺八だと思ってやり始めた」[9]という。
ゲーム音楽を演奏するバンド・ユニットに複数所属し演奏を行うとともに、光田康典菊田裕樹なるけみちこ植松伸夫といった著名な作曲家とのコラボレーション企画「Playing Works」シリーズ[10][11][12]を立ち上げ、その魅力を伝えている[13]
2015年に入っても、「DeepCrystal」シリーズで霜月はるかとの共演[14]や、4年に一度開催のゲーム音楽の祭典“4starオーケストラ2015”では全3日間・4ステージに出演を果たし、また“光田康典20周年記念ライブ”への出演[15]など、積極的な演奏活動を続けている。
2016年にケルトミュージックをはじめ様々なシーンで活躍するメンバーと、ゲーム音楽を中心に演奏するバンド『風とキャラバン』を結成。[16]

所属バンド・ユニット編集

現在の所属バンド・ユニット [17]
関係するバンド・ユニット [2]
その他の活動など

著書編集

脚注編集

外部リンク編集