神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜

神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜(かみやひろし・おのだいすけのディアガールストーリーズ)は、文化放送で放送されているラジオ番組

神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜
ラジオ
愛称 DearGirl、DGS
放送期間 2007年4月7日 - 放送中 -
放送局 文化放送
放送時間 毎週日曜 1:00〜1:30(土曜深夜)
ネット局 ラジオ大阪
毎週日曜 23:00〜23:30
パーソナリティ 神谷浩史小野大輔
構成作家 諏訪勝
プロデューサー 内田浩之
提供 アニメロミックス、
アスキー・メディアワークス
ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント
ドワンゴクリエイティブスクール
漫画:Dear Girl〜Stories〜 響
原作・原案など 諏訪勝
作画 いわさき砂也
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 シルフ
レーベル シルフコミックス
発表期間 2009年3月23日 - 2012年2月22日
巻数 全4巻
漫画:Dear Girl〜Stories〜 緋月
原作・原案など 諏訪勝
作画 氷堂れん
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 シルフ
レーベル シルフコミックス
発表期間 2012年11月22日 - 2014年10月22日
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

目次

概要編集

声優である神谷浩史小野大輔ストーリーテラーとなって「親愛なるラジオの前のたった1人の『アナタ』のため」(Dear girl)に物語を届ける。携帯サイト「アニメロミックス Dear Girl」や雑誌『シルフ(旧名comic SYLPH)』や『電撃Girl's Style』の企画と連動している。

2016年3月27日に発表された第2回アニラジアワードにおいて、「RADIO OF THE YEAR 最優秀ラジオ大賞」、「BEST MALE RADIO 最優秀男性ラジオ賞」を受賞した[1]

放送時間編集

文化放送
毎週日曜 1:00 – 1:30(土曜深夜)(2007年4月7日 - )
ラジオ大阪
毎週土曜 23:30 – 日曜0:00(2008年4月5日 - 2010年4月3日 )
毎週日曜 23:00 – 23:30(2010年4月11日 - )
超!A&G+
毎週金曜 23:00 – 23:30(リピート:毎週土曜 14:30 – 15:00、月曜11:00 – 11:30 2009年7月11日 - 2011年3月25日 )
毎週金曜 23:00 – 23:30(リピート:毎週土曜 11:00 – 11:30、月曜 11:00 – 11:30 2009年4月10日 - 2009年7月4日)

番組構成編集

現在行われているコーナー編集

オープニング
時事ネタ・近況・番組関連告知・打ち合わせ中の出来事などが語られ、以後のコーナーが立て込んでいる場合は非常に短く圧縮される場合もある。締めに2人で番組タイトルをコールし、最後に小野から番組サブタイトルが読み上げられる。サブタイトルは直前に構成作家が決めており、神谷は読み上げられるまで把握していない。
ふつすと
リスナーからの投稿を紹介するコーナー。
開始当初は“普通のお便り”の略である「ふつおた」であったが、第22話から番組タイトルにちなみ、“普通のストーリー”の略である「ふつすと」に変更された。投稿が一切紹介されずフリートークに終始する回も多い。
談話室
番組と連動している雑誌の関係者からのお便りを紹介するコーナー。
開始当初は「シルフ相談室」というタイトルで、シルフにて執筆中の漫画家もしくは編集部から寄せられた悩み相談に答えるコーナーだった。お便り内容が相談ではないものが多くなってきた為、第25話から「シルフ談話室」に変更された。2012年4月からの『電撃Girl's Style』月刊化に伴い、第261話以降は毎月1・2週目が「ガルスタ談話室」、3・4週目が「シルフ談話室」となっている。2015年1月より「Dear Girl談話室」となり、DearなGirl or Boy=リスナーのふつすとを紹介するコーナーとなった。結果的に「ふつすと」との違いは1枚に割かれる時間と後述のコントのみとなっている。
第63話では、「シルフ」で連載中の作品「マジナ!」のドラマCDのオリジナルショートストーリーをゲストの鈴木裕斗と一緒に演じるため、「ドワンゴ談話室」という名前で紹介し、「マジナ!」のオリジナルストーリーを放送した。
紹介内容を受けてコント・オリジナルキャラ・企画モノに発展するケースがあり、放送中で最も多くの時間が割かれる。
シルフ談話室の場合、コーナー冒頭で漫画のストーリー紹介(ミニラジオドラマ)を二人がする。その際、ヒロインは小野が演じる。
また、お便りを読む時、作家の名前をもじった全くの別人や物からのお便り、として紹介する事がある(左近堂絵里先生→テコンドー先生など)。
Dear Voice
第65話より開始。リスナーからパーソナリティ2人に言ってもらいたいセリフを募集し、それを着信ボイスとして配信するコーナー。採用されるセリフは、番組内の発言から引用されたものがほとんどである。リスナーの応募の中から番組スタッフが独断で選んでおり、1人からのリクエストしかないものが採用されるケースもある。
エンディング
番組内容を振り返ったフリートーク。投稿先の住所やメールアドレスなどの告知後、一般的な次回予告のように「第◯◯話に続く!」とパーソナリティー2人が読み上げて終わる。

過去のコーナー編集

「Dear Letter」
リスナーが「直接本人には言えない」誰かに宛てた手紙をストーリーテラーの2人が代読し、ラジオの電波を通して伝えるコーナー。現在は終了。
「ワンフレーズ ストーリー」
リスナーの身の回りで起こった出来事や、ふと思った出来事を「あんたバカ?!」「間に合わない…!」などワンフレーズに集約して投稿し、そのフレーズからパーソナリティが勝手にストーリーを想像するコーナー。上のdearletterと同じく現在は終了。
毎回レギュラーで取り上げられているのは「ふつスト」と「シルフ談話室」のみ(第65話以降は「Dear Voice」も)で、「Dear Letter」「ワンフレーズ ストーリー」は最初の数回実施したのみですぐに行われなくなり、第100話で'“死亡宣告”(コーナーの終了宣言)がなされた。

毎年行われる企画編集

毎年、ある時期になると恒例で行われる企画。

「神谷浩史聖誕祭」/「小野大輔聖誕祭」
パーソナリティそれぞれの誕生日間際(神谷は1月下旬~2月上旬、小野は5月上旬ごろ)に行う。当人には内容は知らされない。
放送の内容によっては複数週にわたって放送することがある(2012年の神谷浩史聖誕祭は3週に渡っての放送となった[2])。
浴衣回
七夕前後(7月の1~2周目)に行う。浴衣を着て放送する(内容は通常放送)。
秋の代永
秋の夜長(代永)にかけて行われる。カッパ(代永翼)に電話をかけて駄洒落を言ってもらう企画。スタジオには代永翼を呼ぶことはなく毎回電話のみの出演。
大体3回電話をかける。

2015年では2回電話をかけた。

ハロウィン回
10月下旬~11月上旬のハロウィンの時期に談話室のコーナーにて行われる。パーソナリティの2人は何に仮装するのか知らされないまま、衣装の入った袋やケースを渡され着替えてくる。仮装の内容はターゲット層である若い女性は知らないであろうものばかりである。また、仮装はスタジオにいる構成作家、番組スタッフ、スポンサーも全員する事になっている。基本的には女性スタッフは仮装をしないが、たむたむだけは率先して仮装をする。この回の隙間は、仮装したスタッフも含めたハロウィン集合写真を特別に載せる事になっている。
DGSアワード
12月上旬(年末最後から3番目の週[3])に談話室のコーナーにて行われる。番組独自に選んだその年の番組内の流行や流行語を振り返る。その後、グランプリ受賞者に電話をかけ受賞コメントをもらう。2016年はグランプリが10人(DGSキャラクターズ)だったため、電話時間確保のため振り返りパートはなく、いきなりグランプリの発表だった。
どうしてもゲットしたいストーリー
略称『DGS』。クリスマス前後に行う。番組パーソナリティ・スタッフ・スポンサーからのプレゼント企画。
年明けの放送で当選者の発表が行われるが、当選は抽選ではなく『「プレゼントがほしい理由」が最も面白かった人』となる。
鍋回
年内最後の放送で、鍋をつつきながら、一年間を振り返る。

各話サブタイトル編集

ラジオタイトルである「DearGirl〜Stories〜」に因んで各回を「第〜話」と呼んでいる。番組終了時のあいさつも、「DearGirl〜Stories〜、第〜話に続く!」となっている。

各話にはそれぞれにサブタイトルが付けられており、ストーリーテラーである小野大輔が毎回読み上げている。

サブタイトル名は各回の前打合せ中に構成作家が付けているが、第19話と第21話、第402話、第552話は構成作家がタイトルを付け忘れたため、小野大輔がその場で考え読み上げた。番組内で小野が読み上げるサブタイトルは、番組が始まる直前に構成作家が小野にしか教えていないため、小野が読み上げるまで神谷はサブタイトルを知らない状態になっている。

ただし、第108話(小野大輔聖誕祭)のようにその日の番組内容自体を小野が知らされていない場合は、神谷が読み上げる時もある。

2017年 第508話 -

  • 第508話 「酉年。今年はチキン・ジョージ先生が干支です!」
  • 第509話 「神谷おじさんお年玉ちょうだい!すぐ課金して溶かすからさぁ!」
  • 第510話 「もうすぐフリーになって1年」
  • 第511話 「タグ・ホイヤー!出てこいやー!」 - 『神谷浩史聖誕祭2017』
  • 第512話 「500回記念、総額500万円を目指します!」 - 『神谷浩史聖誕祭2017』
  • 第513話 「取材、受けたよ」
  • 第514話 「クラーク像からテレビ塔!」
  • 第515話 「あれ?もうこんな時間?」
  • 第516話 「MMM まだ・待ち受け・美輪明宏」
  • 第517話 「YSO 八木橋・すすきので・大暴れ」
  • 第518話 「来てくれたみんな、ホンマおおきにな!やで!よう知らんけどな!やで!」
  • 第519話 「ガリガリ君を食うと、ガリガリになれる」
  • 第520話 「年度末だからドクペ3本いっちゃうよね!」
  • 第521話 「ンマ~イ!」
  • 第522話 「11年目の目標はデヴィッド・リンチ越え!」
  • 第523話 「今日はカレー食べたよ!」
  • 第524話 「あー!ロードバイク楽しい!」
  • 第525話 「改めて、我思う。Dear Girl Sマンの完成度の高さ」
  • 第526話 「僕パスポート持ってきてないんですけど」 - 『小野大輔聖誕祭2017』
  • 第527話 「ところで今日は高知何日目?」 - 『小野大輔聖誕祭2017』
  • 第528話 「一応突っ込んでおきますけど、高知は国じゃなーい!県!県!」- 『小野大輔聖誕祭2017』
  • 第529話 「今夜は30分で、旅の2日目まるまるお届け!」- 『小野大輔聖誕祭2017』
  • 第530話 「本当は6週分ぐらいあったみたいぜよ」
  • 第531話 「こちら遅刻ドーナツになります。お納めください」
  • 第532話 「今年は俺もB'zみたいな短パン履こうかな」
  • 第533話 「俺も自伝でも書こうかな」
  • 第534話 「あとで裏アカに写真アップしておきまーす!」
  • 第535話 「久しぶりにおいなりをもらったのだ!」
  • 第536話 「おれサマーお疲れサマー!みんなのおかげサマー!」
  • 第537話 「おい、食い逃げ野郎!」
  • 第538話 「文化放送は人気声優がいっぱいなのだ!」
  • 第539話 「はい、ごっくん馬路村送りマシーンからです」
  • 第540話 「ヒロC、ナイトプール行こうぜ!」
  • 第541話 「ナイスレタッチ!」
  • 第542話 「牢屋から出ました」
  • 第543話 「俺ぐらいになるとアイス差し入れるよね」
  • 第544話 「神谷浩史カレンダー2018発売中止!」
  • 第545話 「59.6cm!」
  • 第546話 「この後更に重大発表!」
  • 第547話 「高知でこの映画を上映したら高知の人はどんな気持ちになるかを僕はまだ知らない。」
  • 第548話 「10月8日は八木橋君名古屋でフリー!」
  • 第549話 「新高梨送りマシーンに異変が!このあと詳しく。」
  • 第550話 「私は差し入れがおいしい声優になりたい」
  • 第551話 「台本が醤油臭い」
  • 第552話 「汁飲む?」
  • 第553話 「たまごサンド、召し上がれ!」

ゲスト編集

  • 第11話:安元洋貴
  • 第18話:杉田智和 - 神谷が夏風邪で休んだため、代打ストーリーテラーとして登場。
  • 第20話:杉田智和
  • 第28話:中村悠一
  • 第29話:中村悠一 - ゲストとしては紹介されなかった。
  • 第30話:杉原千秋 - comic SYLPH編集長
  • 第31話:小林ちゃんこちゃんこ - 文化放送AD
  • 第34話:御徒町鳩 - 公録ゲスト、「腐女子っス!」(comic SYLPH連載)作者
  • 第38話:安元洋貴・杉田智和・中村悠一
  • 第39話:安元洋貴・杉田智和・中村悠一
  • 第43話:進藤学南圭介八神蓮
  • 第45話:ニャンコ先生 - 神谷の愛猫。
  • 第54話:楠大典
  • 第56話:ママD - 小野の母、電話越しに登場。
  • 第63話:鈴木裕斗
  • 第74話:いわさき砂也 - 公録ゲスト、「DearGirl〜Stories〜 響」作画担当。
  • 第81話:遊佐浩二
  • 第82話:石川英郎
  • 第90話:中村悠一・安元洋貴 - DG5のうち、杉田はスケジュールが合わなかったため不在。
  • 第91話:中村悠一・安元洋貴
  • 第94話:ママD・パパD - ゲストではないが小野大輔の両親がブースの外で見学していた。
  • 第95話:杉田智和 - ニャンコ先生役、杉田智子という設定で登場。
  • 第96話:楠大典・Jenya(ジェーニャ) - 楠はメイド服姿でてむ子という設定で登場。
  • 第101話:鈴木裕斗 - Dear Girl〜Lesson〜のご褒美企画で登場。
  • 第113話:小野坂昌也
  • 第114話:小野坂昌也
  • 第128話:代永翼 - 厳密にはゲストではないがシルフ談話室で両パーソナリティから電話を受ける、という形で出演。
  • 第135話:楠大典 - 小野が風邪で休んだため、代打ストーリーテラーとして登場。
  • 第143話:小野坂昌也 - 141話からスタジオに居た。ゲストとして紹介されたのは143話のみ。
  • 第147話:ハマーン・カーン - マネキンで登場。ただし関係者の快諾により、は神谷の聖誕祭用に完全録り下ろし。
  • 第160話:三石琴乃 - ゲストではなく、「牛久る?」ナレーションとして登場。ゲストではないがママC・パパCが見学。第161話も見学。
  • 第161話:代永翼 - 牛久でレストランのウェイターと『ヨナガッパ』という河童として登場。
  • 第171話:八木橋くん - 小野が風邪で声が出ない為、小野の代役としてセリフを読み上げた。
  • 第172話:八木橋くん - 前回同様小野の声が出ない為、小野の代役としてセリフを読み上げた。
  • 第173話:阪口大助 - 小野の声が出なかったら、という保険の為呼ばれたゲストである。
  • 第174話:置鮎龍太郎 - 前回同様小野の声が出なかったら、という保険の為呼ばれたゲストである。
  • 第175話:八木橋くん - シルフ談話室にて股間バズーカを受けとめた。
  • 第182話:代永翼 - 秋ということで、恒例の電話出演。
  • 第195話:遊佐浩二 - 年始ゲストとして登場。
  • 第200話:阪口大助・山田ルイ53世 - 架空ラジオ「阪口大助のわくわく恐竜ランド!」のラジオパーソナリティ、コントライブの相方としてそれぞれ登場。
  • 第213話:楠大典 - 小野大輔聖誕祭(公開録音)でダミーママDと偽って赤いチャイナドレス姿で登場。
  • 第233話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。
  • 第247話:遊佐浩二
  • 第265話:ママD・DearGirl・代永翼・楠大典 - 小野大輔聖誕祭で出演。音源を使いまわし、予算がないため途中まで収録、特別に5月のヨナガッパ。
  • 第269話:小野友樹
  • 第279話:遊佐浩二 - 年始にゲストで訪れた際の口約である『遊佐浩二聖誕祭』のため。
  • 第280話:遊佐浩二 - 『遊佐浩二聖誕祭』一話半撮っていたことに気づいた時には帰っていたため前半戦だけ出演。
  • 第286話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。
  • 第303話:阪口大助 - 頭にたい焼きのかぶりものをかぶり海原雄山の格好で登場。
  • 第304話:阪口大助 - 前回に引き続き海原雄山の格好で登場。
  • 第310話:楠大典・中村悠一 - DGS祭『まだまだあぶない神谷浩史聖誕祭!』にて登場。
  • 第317話:ママD - 小野の母、電話出演
  • 第331話:岡本信彦 - 電撃Girl'sStyleのウェブラジオ「木村良平・岡本信彦の電撃Girl'sSmile」の宣伝のため。
  • 第338話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。
  • 第349話:ハマーン・カーン - 前回同様マネキンで登場。声はDearBoy祭の為に完全録り下ろし。
  • 第388話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。
  • 第400話:MASOCHISTIC ONO BAND - MOBメジャーデビュー記念パーソナリティ。電波ジャック扱いで神谷・小野両氏は未出演。
  • 第401話:代永翼 - 『DGSアワード2014』 グランプリ受賞にあたり、電話出演。
  • 第442話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。
  • 第484話:代永翼 ‐ DGS EXPO『小道具アワード』内で電話出演。
  • 第495話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。
  • 第547話:代永翼 - 秋恒例の電話出演。

番組オープニングテーマ・エンディングテーマ編集

毎年10月始めの改編期にオープニングテーマ・エンディングテーマが新しくされている。

番組開始当初は不定期に変更されていた。

放送話 オープニングテーマ エンディングテーマ 備考 収録CD
1 第5話 ‐ 第35話 Prologue To be continued 両曲、当初はインストのみでアルバム収録時に歌詞が入った。 Stories
2 第36話 ‐ 第104話 Say Your Name~Dear Girl~ キエナイオモイ~Dear Letter~ Dear Girl~Stories~
3 第105話 ‐ 第178話 My Dear Girl! 月の真似 My Dear Girl!
4 第179話 ‐ 第234話 Dear Girlは眠らない 軌跡 Dear Girlは眠らない
5 第235話 ‐ 第286話 Smiley Time 30minutes Shootin' Star Smiley Time Coin toss Drive
6 第287話 ‐ 第338話 僕達だけの物語 Teller's nights 僕達だけの物語
7 第339話 ‐ 第390話 Glow My Way ツムギイト Glow My Way
8 第391話 ‐ 第442話 Masochistic Over Beat この歌がとぎれないように 両曲、MASOCHISTIC ONO BANDによる楽曲 Masochistic Over Beat
9 第443話 ‐ 第494話 Monster's Show TRIBE DRIVE Monster’s Show
10 第495話 TEN‐der land Say Your Name~Dear Girl~ OPは、10周年記念イベント「DGS EXPO」のテーマ曲

EDは、「DGSクロニクル」と題して過去の楽曲を毎週1曲放送

Dear Girl〜Stories〜 Stories

(OP以外)

第496話 キエナイオモイ~Dear Letter~
第497話 DIRTY AGENT
第498話 My Dear Girl! My Dear Girl!
第499話 月の真似
第500話 熱愛S・O・S! 熱愛S・O・S!
第501話 ねこまっしぐら
第502話 Dear Girlは眠らない Dear Girlは眠らない
第503話 軌跡
第504話 Prologue
第505話 To be continued
第506話 パーティーフライト
第507話 Smiley Time Smiley Time Coin toss Drive
第508話 30minutes Shootin' Star
第509話 僕達だけの物語 僕達だけの物語
第510話 Teller's nights
第511話 Shiny × Shiny Shiny × Shiny
第512話 ようかい体操第一/小野大輔
第513話 Glow My Way Glow My Way Coin toss Drive
第514話 ツムギイト
第515話 Ace of Asia/MASOCHISTIC ONO BAND Ace of Asia
第516話 Masochistic Over Beat/MASOCHISTIC ONO BAND Masochistic Over Beat
第517話 この歌がとぎれないように/MASOCHISTIC ONO BAND
第518話 Dangerous Groove Six/MASOCHISTIC ONO BAND
第519話 Monster's Show Monster's Show Coin toss Drive
第520話 TRIBE DRIVE
第521話 Say Your Name~Dear Girl~(2017ver.)
11 第522話 - ON the AIR トケイとテガミ

メディアミックス編集

携帯編集

前述の携帯サイト内に番組HPがあり、毎週放送後にトップの写真、『第〜話の隙間』が更新される。

『第〜話の隙間』には、スタッフの雑記と収録風景の写真が掲載されている。当初は誰でも全ての写真を見ることが出来たが、現在は1ページ目以降の写真はアニメロミックス会員にしか見ることが出来ないようになっている。

上記のページ以外にも七夕に放送された回や、上述の「どり☆すた」で収録された回など、特設ページができることもある。神谷浩史と小野大輔が番組内のコーナーで描いた似顔絵の携帯待受け画像や、DG5が揃った際には特別なボイスの配信もされた。

同サイトでは声優の着ボイスも配信しており、ストーリーテラー2人のボイス配信の際には「メカひろC」「メカおのD」として番組内でとりあげた。番組CD内でもこの着ボイスを使用したコーナーが設けられている。

番組CD編集

発売日 タイトル 規格品番 備考 オリコンチャート

最高位

こむちゃーとベスト10

最高位・回数 登場週数 (年間順位)

2007年12月19日 Dear Girl〜Stories〜 BMCM-1002 ミニアルバム 110位 -
2009年6月17日 My Dear Girl! BMCS-1001 15位 2位2回 12週 (2009年15位)
2010年2月24日 熱愛S・O・S! BMCS-1003 15位 2位5回 11週 (2010年8位)
2010年9月29日 DearGirlは眠らない DGBS-10006 13位 1位3回 11週 (2010年6位)
2011年2月24日 Dear Girl〜Stories〜Birthday Disc2010 神谷浩史聖誕祭ラジオCD[4] QRAG21-22 - -
2011年4月6日 Stories DGBA-10006 1stフルアルバム 12位 -
2011年11月2日 Smiley Time DGBS-10013 12位 1位4回 12週 (2011年14位)
2012年11月21日 僕達だけの物語 DGBS-10015/B 16位 1位1回 14週 (2013年13位)
2013年2月23日 Shiny × Shiny[5] BMCS-1006 - -
2013年11月20日 Glow My Way DGSA-10087 14位 4位1回 8週 (2013年・2014年圏外)
2015年12月9日 Monster's Show DUED-1154 9位 1位2回 10週 (2016年15位)
2016年6月25日 TEN-der land[6] MO-AG-DGSEXPO16-03 - -
2017年3月15日 Coin toss Drive DUED-1208 2ndフルアルバム 5位 -
2017年7月12日 ON the AIR DUED-1224 17位 1位3回 12週

イベント映像編集

発売日 タイトル 規格品番
2011年9月29日 Dear Girl〜Stories〜 4 Lovers Only MGDV-0001/2
2013年9月19日 Dear Girl〜Stories〜 Festival Carnival Matsuri EXQR BD-0001/2(BD)
EXQR DV-0001/2(DVD)
2014年6月26日 Dear Girl〜Stories〜 Dear Boy祭 EXQR BD-0003(BD)
EXQR DV-0005(DVD)
2016年2月18日 MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015 What is Rock?〜ロックって何ですか?〜in KOBE WORLD HALL QEBD-0005/6(BD)
QEDV-0008/9(DVD)
2016年3月17日 MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015 What is Rock?〜ロックって何ですか?〜in MAKUHARI MESSE EVENT HALL QEBD-0007/8(BD)
QEDV-0010/11(DVD)
2017年4月14日 DGS EXPO 2016 QEBD-0009/10(BD)
QEDV-0012/13(DVD)

Dear Girl〜Stories〜 響編集

作画をいわさき砂也、原作を諏訪勝が担当。アスキー・メディアワークス発行の少女漫画誌シルフに連載されていた。

ドラマCD
  • Dear Girl〜Stories〜 響(2008年12月24日 発売)
  • Dear Girl〜Stories〜 響 ドラマCD 暗黒響編(2010年10月22日 発売)
  • Dear Girl〜Stories〜 響 ドラマCD THE Final(2012年10月20日 発売)
コミックス
  • DearGirl〜Stories〜 響 第1巻(2009年3月23日 発売)
  • DearGirl〜Stories〜 響 第2巻(2010年1月22日 発売)
  • DearGirl〜Stories〜 響 第3巻(2012年3月22日 発売)
  • DearGirl〜Stories〜 響 第4巻(2012年4月21日 発売)
DS用ソフト
  • Dear Girl〜Stories〜 響 響特訓大作戦!(2009年12月17日 発売)
ファンブック
  • Dear Girl‐Stories‐響 響特訓大作戦!~ガチdeビジュアルブック(2010年3月 発売)

Dear Girl~Stories~ 緋月編集

作画を氷堂れん、原作を諏訪勝が担当。現在アスキー・メディアワークス発行の少女漫画誌シルフで連載されていた。

ドラマCD
  • Dear Girl〜Stories〜 緋月(2014年4月10日 発売)
コミックス
  • Dear Girl〜Stories〜 緋月 第1巻(2013年5月22日 発売)
  • Dear Girl〜Stories〜 緋月 第2巻(2014年1月22日 発売)
  • Dear Girl〜Stories〜 緋月 第3巻(2014年6月21日 発売)
  • Dear Girl〜Stories〜 緋月 第4巻(2015年1月22日 発売)

劇場版編集

第一弾『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE

2010年10月23日よりシネ・リーブル池袋(東京)、シネ・リーブル梅田(大阪)、センチュリーシネマ(愛知)にて公開が開始され他劇場でも順次公開し、全国26館での上映となった。

当初、池袋でレイトショーのみの公開となっていたが、モーニング公開追加、他映画館上映などが公開前から決定され、最終的に公開日から昼の時間の上映も開始された。

劇場版公式サイトも開設され、内田プロデューサーのTwitterとともに情報が更新されている。

ラジオ本編の第160話、第161話で放送された牛久市でのロケを編集したものとなっている。(ラジオでは三石琴乃のナレーションがついていたが、劇場版はない。)

シネ・リーブル池袋では『DGS EXPO』と題し、『DearGirl〜Stories〜響』のつなぎや映画の中で代永翼が着用したカッパの衣装などが公開された。

2011年2月24日に発売された『Dear Girl〜Stories〜Birthday Disc2010 神谷浩史聖誕祭ラジオCD』にDVD特典として収録されている。

第二弾『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE -ACE OF ASIA-

2013年11月24日に開催された『Dear Girl〜Stories〜 Dear Boy祭』にて劇場第二弾の公開が発表され、2014年2月15日より全国ロードショーされた。[7]

公開録音・イベント、等編集

  • 2007年11月25日(日) 「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜公開録音 in 電撃15年祭」開催。(第34話放送分)
  • 2008年8月31日(日) 「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜公開録音 in キャラホビ2008」開催。(第74話放送分)
  • 2008年10月26日(日) 出演者が番組スタッフのみの「Dear Girl~Stories~×秋葉原エンタまつり2008 DGS外伝! スピン・オフ会」開催。
  • 2009年8月31日(日) 「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~公開録音 in 電フェス2009」開催。(第131話放送分)
  • 2010年8月29日(日) 「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~公開録音 in キャラホビ2010」開催。(第178話放送分)
  • 2011年4月23日(土) パシフィコ横浜にて「DearGirl〜Stories〜 4 Lovers Only」開催。(イベントの一部を第213話で放送)
  • 2011年8月27日(日) 「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~公開録音 in キャラホビ2011」開催。(第231話放送分)
  • 2012年10月21日(日) 「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜公開録音 in 電撃20年祭」開催。(第290話放送分)
  • 2013年2月23日(土) 日本武道館にて「DearGirl〜Stories〜 Festival Carnival Matsuri」開催。(イベントの一部を第310話で放送)
  • 2013年11月24日(日) 埼玉県三郷市文化会館にて番組史上初の男性限定イベント「Dear Girl〜Stories〜 Dear Boy祭」開催。(イベントの一部を第349話で放送)
  • 2014年8月23日(土) 「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~公開録音 in キャラホビ2014」開催。(第387話放送分)
  • 2015年6月、7月 「MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015 What is Rock?〜ロックって何ですか?〜」全国2箇所4公演に「神谷浩史+小野大輔」としてゲスト出演[8]
  • 2016年6月25日(土)、26日(日) さいたまスーパーアリーナにて「DGS EXPO」開催。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『第2回アニラジアワード』 「DGS」「洲崎西」「ユニゾン!」「週刊マネーランド」が受賞しました!投票ありがとうございました!”. 文化放送. 2016年3月31日閲覧。
  2. ^ 3週目は編集の都合上番組の尺が余ったため、後半部分を新録している。
  3. ^ 年末最後2週は先に始まった「どうしてもゲットしたいストーリー」「鍋回」のため。
  4. ^ 特典として、2010年10月に劇場公開された劇場用映画「Dear Girl〜Stories〜THE MOVIE」を収録したDVDを同梱。
  5. ^ 2013年に武道館で開催された「DearGirl〜Stories〜 Festival Carnival Matsuri」会場限定販売
  6. ^ 2016年に埼玉スーパーアリーナで開催された「DearGirl〜Stories〜 10th ANNIVERSARY DGS EXPO」会場限定販売
  7. ^ DearGirl〜Stories〜THE MOVIE -ACE OF ASIA-公式サイト
  8. ^ MASOCHISTIC ONO BAND全国ツアー開催決定!!”. 2015年7月13日閲覧。

外部リンク編集

文化放送 毎週土曜 25:00〜25:30
前番組 番組名 次番組
神谷浩史・小野大輔の
DearGirl〜Stories〜
-
ラジオ大阪 毎週土曜 23:30〜24:00
神谷浩史・小野大輔の
DearGirl〜Stories〜
(2008年4月5日 - 2010年4月3日)
ラジオ大阪 毎週日曜 23:00〜23:30
神谷浩史・小野大輔の
DearGirl〜Stories〜
-
超!A&G+ 毎週金曜 23:00〜23:30
神谷浩史・小野大輔の
DearGirl〜Stories〜
(2009年4月10日 - 2011年3月25日)
RADIO ROND ROBE
(→90分繰り下げ)
(2011年4月8日~)