メインメニューを開く

山内 禎子(やまうち さちこ、1885年(明治18年)6月27日 - 1966年(昭和41年)2月9日)は、日本の元皇族である。侯爵山内豊景夫人。伏見宮貞愛親王の長女で、旧名は禎子女王。母は家女房の增山奈越子。

禎子女王
続柄 伏見宮貞愛親王第一王女
身位 女王臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
Her Imperial Highness
出生 1885年6月27日
死去 (1966-02-09) 1966年2月9日(80歳没)
配偶者 山内豊景
父親 伏見宮貞愛親王
母親 增山奈越子
テンプレートを表示

経歴編集

1893年(明治26年)、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の妃に内定する。しかし、1899年(明治32年)、肺病の疑いありとて、皇太子妃内定の内約が解かれた。1901年(明治34年)、山内豊景と結婚した。ともに妃候補で大正天皇妃となった貞明皇后との親交は絶えることなく続いたという。

1942年(昭和17年)に大日本婦人会が政府指導の下で設立され、会長職についた[1]。大日本婦人会は同年、大政翼賛会の傘下に統合される。そのため、戦後、公職追放となる[2]

直心影流薙刀術の使い手であり、1930年(昭和5年)、宮中済寧館台覧試合園部秀雄と共に薙刀の形を演武した。1955年(昭和30年)には全日本薙刀連盟の初代会長となった[3]1983年(昭和58年)、故人として高知県スポーツの殿堂に入る[4]

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 国立国会図書館「資料に見る日本の近代 開国から講和まで100年の軌跡」大日本婦人会概況
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、745頁。NDLJP:1276156 
  3. ^ 全日本なぎなた連盟サイト
  4. ^ 高知県スポーツの殿堂入り名簿 高知県庁ホームページ
  5. ^ 『官報』第7874号、「叙任及辞令」1909年09月21日。