メインメニューを開く

福井県立武生東高等学校(ふくいけんりつ たけふひがしこうとうがっこう)は、福井県越前市北町にある県立高等学校。通称「ひがし」。

福井県立武生東高等学校
Takefu higashi high school.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 福井県の旗 福井県
設立年月日 1987年
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
国際科
高校コード 18130H
所在地 915-0841
福井県越前市北町第89号10番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
福井県立武生東高等学校の位置(福井県内)
福井県立武生東高等学校

目次

設置学科編集

沿革編集

1984年 6月 4日 高問協より第3学区に全日制普通科高校の新設答申 1986年 7月21日 普通科・国際科を設置することを発表 1986年 9月11日 校名を福井県立武生東高等学校とすることを発表 1986年 2月28日 第一期工事完成(普通教棟,特別教棟,体育館,テニスコート,クラブハウス) 1987年 3月11日 第一回入学者選抜学力検査を武生高校で実施 1987年 4月 7日 開校式・入学式を行う 入学者276名(普通科229名,国際科47名) 1987年 5月27日 PTA設立総会 1987年 8月20日 第二期工事完成(普通科教棟,管理棟,特別教棟,クラブハウス) 1989年 6月21日 校歌制定,発表会 1989年 8月25日 第二体育館建設工事(第二体育館,渡り廊下)完成 1989年 9月30日 校門,メモリアル広場完成 1989年10月 7日 総合落成式を行う 1991年 4月   県教育委員会より「新教育課程推進研究委託事業指定校」に指定される 1992年 5月10日 創立5周年記念事業(緑の杜)完成 1992年11月11日 福井県教育委員会委託事業「国際理解に関する研究発表会」を行う 1993年 4月   文部省より「国際理解のための活動に関する調査研究校」に指定される 1995年 7月19日 創立十周年記念事業実行委員会発足 1996年 9月30日 創立十周年記念事業完成 1996年10月12日 創立十周年記念事業式典 1997年11月 8日 パーマー賞を受賞する 1998年 8月 4日 姉妹校リッカートン高校訪問 2000年 4月   文部省より「保育・介護体験総合推進事業実践研究校」に指定される 2000年 8月   姉妹校リッカートン高校訪問 2000年 12月   「読書活動優秀実践校」として文部大臣表彰を受ける 2002年 8月 2日 姉妹校リッカートン高校訪問 2004年 3月13日 国際科オーストラリア研修 2004年 4月 1日 文部科学省より「Super English Language High School」に指定される 2004年 8月   姉妹校リッカートン高校訪問 2004年 8月   姉妹校リッカートン高校、ザビエル高校訪問 2007年 2月   姉妹校ラムジー高校訪問 2007年 4月 1日 文部科学省より「キャリア教育調査研究推進校」に指定される 2008年 8月   姉妹校ザビエル高校訪問 2010年 8月   姉妹校リッカートン高校、ザビエル高校訪問 2011年 8月   姉妹校ワシラ高校訪問 2011年10月 7日 創立25周年記念講演会開催 2012年 4月   文部科学省より「英語授業改善拠点校」に指定される 2012年 8月   姉妹校ザビエル高校訪問 2012年12月 3日 国際科海外語学研修(シンガポール・マレーシア)始まる 2015年11月20日 創立三十周年記念事業実行委員会発足 2016年10月29日 創立三十周年記念事業式典

所在地編集

  • 緑に恵まれた環境の中に、東京ドームの1.3倍の広大なキャンパス。

学校の特色編集

  • スクールモットー HINOISM (Healthy, Intelligent, and Noble like Mt.Hino)
    「心身共に健やかで、知性高く、人格高潔であれ 日野山のごとく」
  • 校風
    明るく、のびのびとした校風の進学校。
    部活動や学校行事に力を入れ、骨太な人間形成を目指す教育方針。
  • クラス構成
    普通科4クラス、国際科2クラスの1学年約200名強。
  • スーパーイングリッシュランゲージハイスクール
    国際科を中心として、全校体制で国際理解教育に取り組んでいる。英語教育のレベルが高く、1997年には英語教育のノーベル賞といわれているパーマー賞も受賞している。
    ニュージーランドオーストラリアアメリカ合衆国など世界各地に姉妹校や交流校があり、生徒や教員の相互派遣や語学研修を実施している。2004年度(平成16年度)に、文部科学省からスーパーイングリッシュランゲージハイスクールに指定されている。
  • 進路
    卒業生のうち、約100名が国公立大学に進学。約8割が大学で約2割が短大や専門学校に進学。
    京都大学、一橋大学、神戸大学、名古屋大学などにも合格者を出している。進路状況
  • 部活動
    部活動では、吹奏楽部、水泳部、陸上部、弓道部、テニス部、放送部、男子ソフトボール部などが全国大会出場レベル。
  • 学びの特色
    質の高い授業と、しっかりした量の家庭学習を目指している。全生徒がダイアリーを持ち、日々の家庭学習の記録をしながら勉強に励んでいる。「学びのガイドブック」などの自主教材を用いて、生徒の学びの改善にも独自の指導を行っている。総合的な学習の時間のプログラムも独自の思想が反映された内容となっている。低学年からの進路学習と教科学習の両輪のバランスにも配慮して、系統だった指導が行われている。
  • 初代全国食育王
    平成19年6月にサンドーム福井で行われた全国高校生食育王選手権大会にて初代食育王に輝く。

出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集