メインメニューを開く

秋冬」(しゅうとう)は、中山丈二の作詞、堀江童子の作曲による楽曲である。中山の遺作にあたる[1]

概要編集

1980年6月、中山丈二が愛用のギターと1本のデモ・テープを残し、36歳の若さで逝去した。そのデモテープに入っていた曲が「秋冬」である[1]。当時親交のあった関口宏峰岸徹カルーセル麻紀らが協力しあい、自主制作で「秋冬」のレコードを400枚製作し、それがひそかに聴き続けられてきた。

1983年、橘美喜のシングルリリースをきっかけとした「秋冬」ブームが起き、1984年頃にかけて数名の歌手によって競作された。その際、「中山本人の歌っているものが聴きたい」とRIV.STAR RECORDSに要望があったため、オリジナル版も発売された。デモテープ音源から声だけを取り出し、新たな演奏と組み合わせる手法により制作された。

1984年高田みづえは『第35回NHK紅白歌合戦』にこの楽曲で5年連続7回目の出場を果たしたが、翌1985年6月に芸能界引退の為、これが高田自身最後の紅白出演となった。

中山丈二のシングル収録曲編集

1980年盤

  • 上述の自主制作による追悼盤
  1. 秋冬 作詞:中山丈二、作曲:堀江童子

1983年盤(RIV.STAR RECORDS:7RC-0017)

  • 両曲とも、作詞:中山丈二、作曲:堀江童子、編曲:竜崎孝路
  1. 秋冬(3:46)
  2. 秋冬カラオケ(3:46)

カバー編集

1983年 - 1984年の競作編集

秋冬
原大輔シングル
B面 恋唄遊び
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ディスコメイト
チャート最高順位
  • 週間19位(オリコン
  • 1984年度年間90位(オリコン)
テンプレートを表示
秋冬
三ツ木清隆シングル
B面 倖せづかれ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
チャート最高順位
  • 週間24位(オリコン)
テンプレートを表示
秋冬
高田みづえシングル
B面 北へ
リリース
ジャンル ポップス
レーベル ユニオンレコード
チャート最高順位
  • 週間22位(オリコン)
  • 1984年度年間100位(オリコン)
高田みづえ シングル 年表
そんなヒロシに騙されて
(1983年)
秋冬
(1984年)
原宿メモリー
(1984年)
テンプレートを表示
  • 橘美喜
1983年のシングル(編曲:Pecker)、c/w「秋冬Ⅱ」(同曲スローバージョン)[2]
1983年のシングル(編曲:竜崎孝路 ※中山丈二とは別アレンジ)、c/w「恋唄遊び」
1984年のアルバム『秋冬』に収録
1983年のシングル(編曲:矢野立美)、c/w「ジェラシーはDameよ」
1983年のシングル(編曲:石田勝範)、c/w「倖せづかれ」
1984年のアルバム『秋冬 - 女情歌』に収録
1983年のシングル(編曲:馬飼野俊一)、c/w「傘はじゃま」
1984年のシングル(編曲:若草恵)、c/w「北へ[3]
1984年のアルバム『秋冬~季節めぐり』に収録
1984年 ※カセット・テープのみの発売
2014年のアルバム『たかじん やっぱ好きやねん -シングル・コレクション-』に収録
1984年のシングル、c/w「別れるのになぜ」
1984年のアルバム『酒場すずめ』に収録
  • ラブ・サントス
1984年のシングル(編曲:佐伯亮)、「おんな虫」c/wに収録

その他にカバーした歌手編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中山丈二のEP盤(1983年、RIV.STAR RECORDS:7RC-0017)ジャケットに記載。
  2. ^ 追悼盤を元にした企画・制作 - 橘美喜のEP盤(1983年、RIV.STAR RECORDS:7RC-0008)添付の歌詞カードに記載。
  3. ^ 小林旭が1977年1月にシングル発売した『北へ』のカバー