メインメニューを開く

馬飼野 俊一(まかいの しゅんいち 、1946年10月16日[1] - )は、日本の作曲家アレンジャー愛知県豊橋市出身。愛知県立豊橋商業高等学校卒業。

馬飼野 俊一
生誕 (1946-10-16) 1946年10月16日(72歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県豊橋市
学歴 愛知県立豊橋商業高等学校卒業
ジャンル 歌謡曲全般
職業 作曲家編曲家
活動期間 1960年代末期 - 現在

弟は作曲家の馬飼野康二[1]

略歴・人物編集

父はギタリストとして活動し、大津美子のバックバンドやご当地ソングの作曲もしていた馬飼野昇[1]。弟・馬飼野康二とともに、幼少時から家族でタンゴバンドを組むなど音楽活動をしていた[1]

同郷の斉藤恒夫に師事し、「斉藤恒夫とニュー・タンゴ・メロディアンズ」のフルート奏者として活動[1]。1969年、ピーター「夜と朝のあいだに」の編曲を担当し、編曲家デビューした[1]

1970年、和田アキ子の「笑って許して」で第12回日本レコード大賞・編曲賞を受賞した[1]。天地真理の編曲で、一連の大ヒットを連発した[2]。他にヘドバとダビデ、あべ静江、チェリッシュ、しばたはつみらの編曲でも知られている。

作曲作品編集

作曲、編曲は別々に表示している。

編曲作品編集

作品の香港広東語版 (Cover Version)編集

  • May Cheng(鄭寶雯)
    • 人生多少欠債(1979)- 白い微笑(麻丘めぐみ)(日本語元版)
  • ケン・チョイ(蔡楓華)
    • 再不想買花(1980)- 千羽鶴 (チェリッシュ)(日本語元版)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 馬飼野元宏「馬飼野俊一」『昭和歌謡 職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(監修/編集)・真鍋新一(編集)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2018年4月15日、初版、196-197頁。ISBN 978-4-401-64371-4
  2. ^ http://www.jcaa1970.com/arrangers/konsakka30.htm

関連項目編集