メインメニューを開く

種川駅

北海道瀬棚郡にある瀬棚線の廃駅

種川駅(たねかわえき)は、北海道瀬棚郡今金町字種川にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)瀬棚線廃駅)である。電報略号タネ。瀬棚線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月16日に廃駅となった。

種川駅
たねかわ
Tanekawa
北住吉 (3.1km)
(4.8km) 今金
所在地 北海道瀬棚郡今金町字種川
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 瀬棚線
キロ程 25.8km(国縫起点)
電報略号 タネ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1930年昭和5年)10月30日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月16日
備考 瀬棚線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1976年の種川駅と周囲約750m範囲。左が瀬棚方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

歴史編集

駅名の由来編集

当駅附近を流れるメップ川の通称である「種川」に由来する[1][3]。なおメップ川の名称はアイヌ語の「メㇺ(mem)」(湧壺)に由来する[1][4]

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった[5]。ホームは、線路の北側(瀬棚方面に向かって右手側)に存在した。

業務委託駅となっていた。駅舎は構内の北東側に位置し、ホームに接していた[5]

利用状況編集

  • 1981年度の1日当たりの乗降客数は88人[5]

駅周辺編集

駅跡編集

2000年(平成12年)時点で駅前商店街が駅附近の様子を止めており[6]。2010年(平成22年)時点でも同様であった[7]。2011年(平成23年)時点では、鉄道関連の遺構は何もない[8]。小さい工場があるだけである。

また、旧駅国縫方の下ハカイマップ川と瀬棚方のメップ川に架かるガーダーの橋桁が2000年(平成12年)時点では残存していたが[6]、2010年(平成22年)時点では撤去されていた[7]。築堤は2010年時点でも残存している[7]

隣の駅編集

日本国有鉄道
瀬棚線
北住吉駅 - 種川駅 - 今金駅

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1981年(昭和56年)4月時点では直営駅(書籍『コロタン文庫36 国鉄駅名全百科 56.4訂補版』(小学館1981年10月発行)61ページより。)、1983年(昭和58年)7月時点では業務委託駅であった(書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)64ページより)。

出典編集

  1. ^ a b c 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、24頁。
  2. ^ a b c d 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行。
  3. ^ 『駅名の起源』札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、25頁。NDLJP:1029473
  4. ^ アイヌ語地名リスト ホロナ~モオ P121-130”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年11月26日閲覧。
  5. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)64ページより。
  6. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)76-78ページより。
  7. ^ a b c 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)163ページより。
  8. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)75-76ページより。

関連項目編集