メインメニューを開く

稲毛浅間神社

千葉市稲毛区稲毛にある神社

稻毛浅間神社(いなげせんげんじんじゃ)は、千葉県千葉市稲毛区稲毛にある浅間神社旧社格は村社。登記上の宗教法人名称は浅間神社(せんげんじんじゃ)。ちば遺産100選に選定されている。

浅間神社
拝殿
本殿
所在地 千葉県千葉市稲毛区稲毛1-15-10
位置 北緯35度38分11.39秒
東経140度4分57.14秒
座標: 北緯35度38分11.39秒 東経140度4分57.14秒
主祭神 木花咲耶姫命
瓊々杵命
猿田彦命
社格 村社
創建 大同3年(808年
別名 稻毛浅間神社、稲毛浅間神社
例祭 7月15日
地図
浅間神社の位置(千葉県内)
浅間神社
浅間神社
テンプレートを表示
二の鳥居

目次

祭神編集

由緒編集

大同3年(808年)、富士山本宮浅間大社から勧請したのに始まるとされている。

治承4年(1180年)に源頼朝が東六郎胤頼を使者として御幣物を寄進して武運長久を祈願したのを始め、千葉常胤以来、代々千葉氏の信仰が篤かったことが古記録などから伺える。

文治3年(1187年)の社殿再建に際して、富士山の形に土盛りし、参道も富士登山道にならい、三方に設け、社殿は東京湾を隔てて富士山と向かい合って建立された。

江戸時代には境内が東西400間(約720メートル)に及んでいたが、明治維新に際し現在の社地(6,400坪)を残して上地された。

1964年昭和39年)9月に原因不明の火災により、文治再建の社殿が焼失したが、1966年(昭和41年)に再建された。これが現在の社殿である。

1986年(昭和61年)、昭和天皇の御在位60年に社殿前庭の拡張・擁壁工事が行われ、2015年平成26年)10月、稲毛浅間神社再建50周年を記念して神門が建立された。

一の鳥居編集

 
二の鳥居から千葉街道を挟んだ向かい側に位置する鳥居

公式サイトに記述は無いがかつては海上に存在した。

現在は二の鳥居から千葉街道を挟んだ向かい側の場所に万葉軒社長が奉納した鳥居がある[1]

浅間神社の神楽編集

浅間神社の神楽は1962年(昭和37年)に県指定無形民俗文化財に指定されている。

稲毛浅間神社に伝わる十二座神楽は、1504年(永正元年)に九州地方から来た神楽の名手が、当時の神主、大越蔵之助に伝授し、その後村人達に伝えられ、同神社特有の神楽が出来上がったといわれている。この神楽は12座からなり、最初に神様をお迎えする舞(巫女舞)から始まり、最後にお送りする舞、お囃子の舞にて終わる。日本神話を基に、仮面を用い(巫女舞を除き)黙劇風に筋を運ぶ様は洗練された江戸神楽の影響を受けている[2]

稲毛の松林編集

 
松林に囲まれた参道

浅間神社の創建以来、次第に形成されてきた松林で、かつてはすぐ近くまで波が打ち寄せた眼望絶景の地であった。浅間神社境内を含めた丘上一帯が名勝地となっており、その一部が市の公園として開放されている[3]

1960年(昭和35年)に記念物名勝として市指定天然記念物に指定されている。

境内編集

境内社編集

末社
その他

ギャラリー編集

交通編集

公共交通機関編集

鉄道
バス
  • 千葉シティバス:プラウドシティ線
    • 稲50:稲毛駅→浅間神社→高洲プール前→プラウドシティ・ヤオコー前→千葉西警察署→真砂中央公園→検見川浜駅
    • 稲51:検見川浜駅→真砂中央公園→千葉西警察署→プラウドシティ・ウエスト→高洲プール前→浅間神社→稲毛駅
    • 稲52:稲毛海岸駅→プラウドシティ・ヤオコー前→歯科大入口→高洲プール前→浅間神社→稲毛駅
    • 稲53:稲毛駅→浅間神社→高洲プール前→プラウドシティ・ヤオコー前→歯科大入口→稲毛海岸駅
    • 稲55:稲毛駅→浅間神社→高洲プール前→プラウドシティ・ヤオコー前→歯科大入口

自動車編集

高速道路
一般道路
駐車場
  • 「稲毛浅間神社前」交差点から千葉方面に150メートル進むと無料駐車場有(約80台駐車可)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 海辺の活性化について(千葉市)https://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/documents/161018seikeikonwakai.pdf
  2. ^ 千葉市. “浅間神社の神楽” (日本語). 千葉市. 2019年2月20日閲覧。
  3. ^ 千葉市. “稲毛の松林(市指定名勝)” (日本語). 千葉市. 2019年2月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集