稲毛海岸駅

日本の千葉県千葉市美浜区にある東日本旅客鉄道の駅

稲毛海岸駅(いなげかいがんえき)は、千葉市美浜区高洲三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線である。駅番号JE 15

稲毛海岸駅
P3295522 Jpg (158381123).jpeg
南口(2016年3月)
いなげかいがん
Inagekaigan
JE 14 検見川浜 (1.6km)
(3.7km) 千葉みなと JE 16*
所在地 千葉市美浜区高洲三丁目24-1
駅番号 JE15
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京葉線
キロ程 35.3km(東京起点)
電報略号 ナイ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
21,716人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1986年昭和61年)3月3日[1]
備考 直営駅管理駅
* この間に新港信号場有り(当駅から1.5km先)。
テンプレートを表示
北口(2008年9月)

歴史編集

元々は埋立地であったため、地名はなく、駅名の仮称は稲毛駅に因み「新稲毛」だった。千葉トヨタ自動車カメラのきむら新稲毛店、京葉銀行千葉銀行の新稲毛支店などは仮駅名の名残りで、開業後の駅名も「新稲毛」になるものと見越して使用していたものである。また、駅付近の高架にもその名残りがある。開業後も「新稲毛駅」と誤記される場合がある。また、当駅の北側に稲毛海岸という地名が実在する。高架下にはかつてパターゴルフ場が存在していた[2]

年表編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。高架下には駅舎があるほか、駅ビル「ペリエ稲毛海岸」がある[4]。外観は海岸の海をイメージした波模様があしらわれている。

直営駅駅長配置)であり、管理駅として検見川浜駅千葉みなと駅を管理している。自動券売機指定席券売機併設)、自動改札機自動精算機設置駅。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   京葉線 下り 千葉みなと蘇我方面
2 上り 南船橋東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

発車メロディ編集

2008年3月11日に放送装置がベルからメロディに更新された。メロディはテイチク製を使用している。

1   ドリームタイム
2 美しき丘

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員21,716人である。

開業以後の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1985年(昭和60年) [備考 1]16,326 [* 1]
1986年(昭和61年) 8,838 [* 2]
1987年(昭和62年) 10,416 [* 3]
1988年(昭和63年) 12,334 [* 4]
1989年(平成元年) 14,465 [* 5]
1990年(平成02年) 17,190 [* 6]
1991年(平成03年) 18,922 [* 7]
1992年(平成04年) 20,111 [* 8]
1993年(平成05年) 20,840 [* 9]
1994年(平成06年) 21,377 [* 10]
1995年(平成07年) 21,519 [* 11]
1996年(平成08年) 21,801 [* 12]
1997年(平成09年) 21,953 [* 13]
1998年(平成10年) 21,923 [* 14]
1999年(平成11年) 21,750 [* 15]
2000年(平成12年) [JR 1]22,518 [* 16]
2001年(平成13年) [JR 2]22,621 [* 17]
2002年(平成14年) [JR 3]22,867 [* 18]
2003年(平成15年) [JR 4]22,992 [* 19]
2004年(平成16年) [JR 5]22,854 [* 20]
2005年(平成17年) [JR 6]22,884 [* 21]
2006年(平成18年) [JR 7]23,010 [* 22]
2007年(平成19年) [JR 8]23,050 [* 23]
2008年(平成20年) [JR 9]22,831 [* 24]
2009年(平成21年) [JR 10]21,918 [* 25]
2010年(平成22年) [JR 11]21,603 [* 26]
2011年(平成23年) [JR 12]21,112 [* 27]
2012年(平成24年) [JR 13]21,324 [* 28]
2013年(平成25年) [JR 14]21,771 [* 29]
2014年(平成26年) [JR 15]21,437 [* 30]
2015年(平成27年) [JR 16]21,652 [* 31]
2016年(平成28年) [JR 17]21,620 [* 32]
2017年(平成29年) [JR 18]21,689 [* 33]
2018年(平成30年) [JR 19]21,722 [* 34]
2019年(令和元年) [JR 20]21,716
備考
  1. ^ 1986年3月3日開業。開業日から同年3月31日までの計29日間を集計したデータ。

駅周辺編集

 
ベイマークスクエアシティコートタワー

海浜ニュータウン稲毛地区の中心である。※ 稲毛駅までは徒歩約30分ほど。

最寄り駅である施設編集

バス路線編集

南口発着編集

乗場 行先 経由地 運行事業者 系統または路線 備考
0番 羽田空港 京成バス
ちばシティバス
東京空港交通
京浜急行バス
高速バス
成田空港 京成バス
ちばシティバス
成田空港交通
高速バス
1番 千葉駅 幸町団地・千葉みなと駅・ポートアリーナ・千葉中央駅 千葉海浜交通 美浜線
小湊鐵道 千42
海浜病院 磯辺高校・千葉西高校 千葉海浜交通 高洲線(運輸支局入口経由)
高洲東線
平日のみ
海浜病院 真砂第三公団・検見川浜駅・磯辺中央 美浜線 平日のみ
高浜車庫 高浜消防署・稲毛高校 美浜線
ZOZOマリンスタジアム
イオンモール幕張新都心ファミリーモール前
検見川浜駅・イオン幕張店・海浜幕張駅幕張メッセ マリンスタジアム線
京成団地 園生台公園入口 京成バス 稲海01
草野車庫 園生台公園入口・京成団地入口・宮野木小学校 稲海02
草野車庫 穴川十字路・スポーツセンター・あやめ台団地 稲03 土曜日のみ
2番 海浜公園入口 高浜南団地 千葉海浜交通 高浜線(こじま公園経由)
磯辺高校 平日のみ
アクアリンクちば
稲毛駅 高浜車庫・アクアリンクちば・新港1番・(黒砂陸橋)・黒砂台二丁目 千葉海浜交通 アクアリンク線 平日のみ
稲毛駅 プラウドシティウエスト・浅間神社京成稲毛駅 ちばシティバス 稲52
ルネグランマークス プラウドシティウエスト 稲54
稲毛駅 プラウドシティウエスト・(稲毛陸橋)・京成稲毛駅入口 稲56
3番 稲毛駅 稲毛高校・運輸支局入口・高洲一丁目 千葉海浜交通 高洲線(運輸支局入口経由)
4番 稲毛駅 東京歯科大正門・稲岸公園・京成稲毛駅入口 千葉海浜交通 高浜線(歯科大経由)
5番 稲毛駅 こじま公園・京成稲毛駅入口 千葉海浜交通 高浜線(こじま公園経由)
マリンスタジアム線
畑町ホームランド スカイタウン・平和交通本社・にれの木台中央 平和交通
ベイタウン循環線 検見川高校・パティオス1番街・海浜打瀬小学校・打瀬中学校 あすか交通 平日のみ

北口発着編集

乗場 行先 経由地 運行事業者 路線 備考
高浜車庫 運輸支局入口・稲毛高校 千葉海浜交通 高洲2街区線 平日のみ

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
  京葉線
通勤快速
通過
快速・各駅停車
検見川浜駅 (JE 14) - 稲毛海岸駅 (JE 15) - (新港信号場〔旧:千葉貨物ターミナル駅〕) - 千葉みなと駅 (JE 16)

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

出典編集

  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』45号 埼京線・八高線・川越線・武蔵野線・京葉線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年6月6日、27頁。
  2. ^ a b c “稲毛海岸駅ビルが開業”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1996年10月22日) 
  3. ^ “駅ビル「ペリエ」に刷新 鮮度重視の食品スーパー JR稲毛海岸駅”. 千葉日報. (2012年9月15日). オリジナルの2020年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201031114814/https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/101068 2020年10月31日閲覧。 
  4. ^ a b “本物志向の食料品提供 新規6店誘致、あすオープン ペリエ稲毛海岸”. 千葉日報. (2012年11月29日). オリジナルの2020年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201031114628/https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/112103 2020年10月31日閲覧。 
  5. ^ 駅の情報(稲毛海岸駅):JR東日本” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月30日閲覧。
  6. ^ a b 営業施策について提案を受ける! (PDF)” (日本語). JR東労組千葉地方本部 (2020年6月12日). 2020年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月13日閲覧。
広報資料・プレスリリースなど一次資料編集
  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月28日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 千葉市統計書 - 千葉市
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集