メインメニューを開く

空挺普通科群(くうていふつうかぐん、JGSDF Airborne Infantry Group)は、千葉県船橋市習志野駐屯地に駐屯していた第1空挺団隷下部隊の一つ。第1空挺団の主幹部隊として数多くの災害派遣参加実績を持っていた。平成期に入って様々な事件、事案があったが平成15年度末の空挺団部隊改編に伴い廃止された。

空挺普通科群
創設 1958年昭和33年)6月25日
廃止 2004年平成16年)3月28日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 普通科
兵種/任務/特性 空挺
人員 約1,000名
所在地 千葉県 船橋市
編成地 習志野
最終上級単位 第1空挺団
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1956年(昭和31年)1月25日:第101空挺大隊編成完結。
  • 1958年(昭和33年)6月25日:第1空挺団編成完結に伴い、普通科群として編成完結。
  • 1982年(昭和57年)1月:第4中隊が新編される。
  • 1985年(昭和60年)8月:日本航空123便墜落事故で災害派遣出動。
  • 1995年(平成07年)1月:兵庫県南部地震で災害派遣出動。
  • 2004年(平成16年)3月28日:廃止。46年の歴史に幕を閉じる。

廃止時の編成編集

  • 群本部及び本部中隊
  • 第1中隊
  • 第2中隊
  • 第3中隊
  • 第4中隊
歴代の第1空挺団普通科群長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 倉重翼 1958年06月25日 - 1960年07月31日
→1959年8月1日 1等陸佐昇任
陸上幕僚監部
02 田中賢一 1960年08月01日 - 1964年03月15日
→1964年1月1日 1等陸佐昇任
第3戦車大隊
今津駐とん地司令
03 那須明 1964年03月16日 - 1966年03月15日 第7師団司令部第1部長
→1966年1月1日 1等陸佐昇任
陸上幕僚監部第5部普通科班長
04 早川一喜 1966年03月16日 - 1967年07月16日 陸上幕僚監部第2部勤務
→1966年7月1日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊調査学校語学教育課長
05 田茂佐一 1967年07月17日 - 1970年03月15日 第12師団司令部第3部長 空挺教育隊
06 小林正信 1970年03月16日 - 1972年03月15日 陸上自衛隊幹部学校 陸上幕僚監部第5部訓練演習班長
07 柏木明 1972年03月16日 - 1973年07月15日 陸上幕僚監部第2部勤務 東北方面総監部第1部長
08 米正七 1973年07月16日 - 1975年07月15日 陸上幕僚監部付 西部方面総監部第2部長
09 若月勲 1975年07月16日 - 1977年03月15日 帯広駐とん地業務隊 第1混成団本部高級幕僚
10 水野智之 1977年03月16日 - 1978年07月31日 第1空挺団本部付 陸上幕僚監部人事部補任課勤務
11 小林英雄 1978年08月01日 - 1980年07月31日 陸上幕僚監部調査部調査第2課
調査別室第3科長
統合幕僚会議事務局第2幕僚室勤務
12 南雲満雄 1980年08月01日 - 1983年07月31日 陸上自衛隊調査学校勤務 陸上自衛隊幹部学校研究員
13 菅原素生 1983年08月01日 - 1985年08月07日 第1空挺団本部勤務 東北方面調査隊
14 重高昭教 1985年08月08日 - 1987年07月31日 第1空挺団本部勤務 空挺教育隊長
15 沼生淑康 1987年08月01日 - 1990年03月15日 陸上幕僚監部調査部付 自衛隊香川地方連絡部
16 高橋佳嗣 1990年03月16日 - 1992年03月15日 西部方面総監部防衛部訓練課長 自衛隊富山地方連絡部
17 村田拓生 1992年03月16日 - 1993年11月30日 陸上幕僚監部調査部勤務 北部方面総監部調査部長
18 秀島裕展 1993年12月01日 - 1995年03月22日 第6師団司令部第3部長 陸上自衛隊幹部学校主任研究開発官
19 越村正朔 1995年03月23日 - 1997年07月31日 陸上幕僚監部付 陸上自衛隊富士学校企画室長
20 坂田善穗 1997年08月01日 - 2000年03月31日 北部方面総監部防衛部訓練課長 自衛隊鳥取地方連絡部
21 阪谷泰久 2000年04月01日 - 2002年03月21日 北部方面総監部調査部調査課長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
野田一巳 2002年03月22日 - 2004年03月28日 東部方面総監部防衛部訓練課長 部隊訓練評価隊

関連項目編集