メインメニューを開く

立樹 遥(たつき よう、1973年11月10日 - )は、元宝塚歌劇団星組の男役。

神奈川県横浜市横浜女学院高等学校出身。身長172cm。血液型B型。愛称は「しい」。

目次

来歴編集

人物編集

横浜市内で一人っ子として出生。中学3年生の時に、日向薫のステージを見て宝塚を志す。それまでは子供が好きだったこともあり、漠然と保育士を目指していた。その後、東京アートスクールでレッスンを積み、2度目の挑戦で合格。

イルカが好きで、あらゆる水族館のイルカショーを見ている。三重県鳥羽市イルカ島もお気に入りのひとつ。

趣味はドライブ。突然思い立って、ひとりで車を飛ばすこともあるという。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演編集

雪組時代編集

星組時代編集

  • 2003年7月、『王家に捧ぐ歌』ケペル
  • 2003年12月、『永遠の祈り -革命に消えたルイ17世-』(ドラマシティ)ニコラス
  • 2004年2月、『1914/愛』マルク・シャガール/『タカラヅカ絢爛』
  • 2004年4月、立樹遥ディナーショー『Luce 〜陽だまりの足音〜』 *初ディナーショー
  • 2004年8月、『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-』楊国忠(楊鉦)/『ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェ・ヴィータ!-』(博多座)
  • 2004年10月、『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-』楊国忠(楊鉦)/『ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェ・ヴィータ!-』
  • 2005年1月、TSミュージカルファンデーション『タック』 *外部出演
  • 2005年5月、『長崎しぐれ坂』舘岡/『ソウル・オブ・シバ!!』
  • 2005年9月、『ベルサイユのばら』アンドレ/『ソウル・オブ・シバ!!』(全国ツアー)
  • 2005年11月、『ベルサイユのばら』アンドレ/『ソウル・オブ・シバ!!』(韓国公演)
  • 2006年1月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』ベルナール
  • 2006年6月、『フェット・アンペリアル -帝国の祝祭-』(バウ)ウィリアム・ワルシンガム *バウホール主演
  • 2006年8月、『愛するには短すぎる』マーシャル・ウェンズワース/『ネオ・ダンディズム! - 男の美学 -
  • 2006年12月、『ヘイズ・コード』(ドラマシティ・東京特別)ラルフ・カートン
  • 2007年3月、『さくら -妖しいまでに美しいおまえ-』/『シークレット・ハンター』ジョエル・ロビュション
  • 2007年8月、『さくら -妖しいまでに美しいおまえ-』/『シークレット・ハンター』ジョエル・ロビュション(博多座)
  • 2007年11月、『エル・アルコン-鷹-』ジェラルド・ペルー/『レビュー・オルキス』
  • 2008年3月、『赤と黒』(シアタードラマシティ・東京特別・名古屋特別)レナール氏
  • 2008年6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』アントニー・デュハースト
  • 2008年11月、『外伝ベルサイユのばら -ベルナール編-』アンドレ/アラン/『ネオ・ダンディズム!Ⅲ』(全国ツアー)
  • 2009年2月、『My Dear New Oleans -愛する我が街-』ジュール・アンダーソン/『ア ビアント(a bientot)』 *退団公演

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.105 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010
  2. ^ こんばんは(*^o^*)(立樹遥オフィシャルブログ、2011年8月13日)

外部リンク編集