メインメニューを開く

LET'S JAZZ』 -踊る五線譜-(レッツジャズ おどるごせんふ)は宝塚歌劇団の舞台作品。雪組[1][2]公演。形式名は「グランド・ショー[1][2]」。24場[1][2]

作・演出は草野旦[1][2]。併演作品は『春櫻賦[1][2]』。

目次

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]を参考にした。

ニューオーリンズで黒人によってジャズが誕生した。様々な角度からジャズの魅力をフィーチャーし、そのエンターテイメント性を前向きに押し出したグランド・ショー。未来に対する希望と、計り知れないエネルギーをジャズの本質である明るさ、楽しさに託した躍動感に溢れた作品。ジャズの都会的な雰囲気、その起源であるアフリカの力強さ等が、お洒落な音楽に乗せてスピーディーに展開した。

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役編集

※下記の配役は宝塚[1]・東京[2]共通。

  • キング・オブ・ジャズ、クレオール、プリチャーマンS、マルディグラの男S・老人、マルディグラの男S、ルイ、歌う紳士S、デュエットの紳士S、パレードの紳士S - 轟悠
  • ジャズシンガー女S、ミンストレル・スター女、マルディグラの女S・老人、マルディグラの女S、ローズマリー、デュエットの淑女S、パレードの淑女S - 月影瞳
  • ジャズシンガー男S、ミンストレル・スター男、プリチャーマンA、マルディグラの男A、キングフォスター、歌う紳士A、デュエットの歌手、パレードの紳士S2 - 香寿たつき
  • ジャスシンガー男A、ミンストレル・シンガー、ジャズスピリット・男、マルディグラの男A、踊る紳士A、パレードの紳士A - 汐風幸
  • ジャズシンガー男A、ミンストレル・シンガー、ジャズスピリット・男、マンディグラの男A、ジャズメン、踊る紳士A、パレードの紳士A - 安蘭けい
  • ヒップ - 未沙のえる
  • ホップ - 箙かおる

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 80.
  2. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 83.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 177.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3