メインメニューを開く

愛するには短すぎる』(あいするにはみじかすぎる)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。原案は小林公平。脚本・演出は正塚晴彦

概要編集

2006年に星組で初演。その後も再演されているオリジナル作品。

原案の小林公平は主題歌の作詞も手がけた。

あらすじ編集

資産家の養子であるフレッド・ウォーバスクは、英国留学を終え、友人のアンソニー・ランドルフと共にサザンプトンからニューヨークへと向かう大西洋横断豪華客船で帰国の途中だった。ケンブリッジの大学院を卒業したフレッドは、帰国後に養父の事業を継承すること、資産家令嬢のナンシー・ブラウンとの婚約が決まっていた。

航海初日にフレッドは、船のショーチームのメンバーであるバーバラ・オブライエンと出会う。フレッドがバンドマネージャーから言い寄られているバーバラを助ける。お互いの話をしているうち、フレッドとバーバラは、同じ故郷の幼なじみであることに気づく。その偶然が、お互いの気持ちにあるときめきと葛藤を芽生えさせた。そして、フレッドは自ら歩んで来た道とこれから選ぶ道について、色々な葛藤が生まれていくことになる。

フレッドからバーバラを紹介されたアンソニーは、バーバラに一目惚れをしてしまう。バーバラにバンドマネージャーからの借金があることを知ったアンソニーは、彼女の借金の肩代わりをするためにフレッドに借金を申し込む。心中おだやかではないフレッドだった。

4日間の短い航海の中でも、宝石の盗難事件や、若手女優の立てこもりなど、船上にてさまざまな出来事が繰り広げられる。その最中にフレッドとアンソニーの男の友情、フレッドとバーバラの揺れ動く恋心などが織り交ぜられていく。

航海を終えたとき、フレッドとバーバラはどのような結論を出すのだろうか…。

登場人物編集

  • フレッド・ウォーバックス - 資産家の養子、元の名前はマイケル・ウェイン
  • バーバラ・オブライエン - 船のショーチームのメンバー、元の名前はクラウディア・ヘニング
  • アンソニー・ランドルフ - フレッドの友人
  • ジェラルド・ウォーバスク - フレッドの養父で資産家
  • ブランドン・オサリバン(アンマリー・オサリバン) - フレッドの執事
  • マーシャル・ウェンズワース - 客船の船長
  • マクニール・オコーナー - 客船の乗客で舞台プロデューサー
  • フランク・ペンドルトン - 船のショーチームのマネージャー
  • ナンシー・ブラウン - フレッドの婚約者
  • ドリー・マコーミック - 新人女優
  • デイブ・キャシディ - ドリーのマネージャー

これまでの公演編集

2006年星組・初演
宝塚大劇場(8月11日(金)-9月18日(月)(新人公演:9月5日(火)))/東京宝塚劇場(10月6日(金)-11月12日(日)(新人公演:10月17日(火)))でそれぞれ上演。
併演はレヴュー「ネオ・ダンディズム! - 男の美学 -[1]」(作・演出:岡田敬二)。
16場[1]
湖月わたるの退団公演。
2011年星組・中日劇場(2月1日(火)-2月24日(木))公演
併演はショー「ル・ポァゾン 愛の媚薬II 」(作・演出:岡田敬二)。
この公演をもって、当時の二番手男役スターの凰稀かなめ宙組に組替え。
2012年月組・全国ツアー(10月20日(土)-11月14日(水))
ブランドン・オサリバン役が、アンマリー・オサリバン役として、男役から女役にリメイクされた。
併演は「Heat on Beat!」(作・演出:三木章雄
公演場所

スタッフ編集

2006年編集

宝塚大劇場公演のデータ

配役一覧編集

()は新人公演。不明点は空白とする。

公演キャスト
  2006年星組
(劇場:宝塚・東京)
2011年星組
(劇場:中日)
2012年月組
(劇場:全国))
フレッド・ウォーバスク 湖月わたる[4][5]
和涼華[4][5]
柚希礼音[6] 龍真咲[7]
バーバラ・オブライエン 白羽ゆり[4][5]
陽月華[4][5]
夢咲ねね[6] 愛希れいか[7]
アンソニー・ランドルフ 安蘭けい[4][5]
彩海早矢[4][5]
凰稀かなめ[6] 美弥るりか[7]
ジェラルド・ウォーバスク 未沙のえる[4][5]
鶴美舞夕[4][5]
未沙のえる 綾月せり
ブランドン・オサリバン 未沙のえる[4][5][注 1]
(鶴美舞夕[4][5][注 1]
未沙のえる[6] -[7]
アンマリー・オサリバン -[4][5][6] 憧花ゆりの[7]
マーシャル・ウェンズワース 立樹遥[4][5]
水輝涼[4][5]
十碧れいや[6] 星条海斗[7]
マクニール・オコーナー 涼紫央[4][5]
夢乃聖夏[4][5]
鶴美舞夕[6] 光月るう[7]
フランク・ペンドルトン 柚希礼音[4][5]
麻尋しゅん[4][5]
夢乃聖夏[6] 紫門ゆりや[7]
デイブ・キャシディ 和涼華[4][5]
紅ゆずる[4][5]
麻央侑希[6] 煌月爽矢[7]
エドワード・スノードン 英真なおき[4][5]
一輝慎[4][5]
英真なおき[6] 越乃リュウ[7]
ヴィクトリア・スノードン 万里柚美[4][5]
花愛瑞穂[4][5]
万里柚美[6] 玲実くれあ[7]
オレステス・カラマンディス にしき愛[4][5]
天緒圭花[4][5]
美稀千種[6] 響れおな[7]
キャサリン・リパートン しのぶ紫[4][5]
華美ゆうか[4][5]
花愛瑞穂[6] 咲希あかね[7]
マーサ しのぶ紫[4][5][注 2]
純花まりい[4][5]
花愛瑞穂 憧花ゆりの
エレクトラ・カラマンディス 朝峰ひかり[4][5]
初瀬有花[4][5]
毬乃ゆい[6] 妃鳳こころ[7]
ロバート・ストックトン 高央りお[4][5]
七風宇海[4][5]
美城れん[6] 綾月せり[7]
デイビッド 高央りお[4][5][注 3]
(七風宇海[4][5][注 3]
美城れん 貴澄隼人
エリック 美稀千種[4][5]
碧海りま[4][5]
壱城あずさ[6] 瑞羽奏都[7]
サンドラ 百花沙里[5][注 4]
(-)
ダイアナ 涼乃かつき[5][注 4]
(-)
リリー 琴まりえ[4][5]
妃咲せあら[4][5]
妃咲せあら[6] 紗那ゆずは[7]
デイモン 大真みらん[4][5]
壱城あずさ[4][5]
碧海りま[6] 貴澄隼人[7]
ビリー 綺華れい[4][5]
美弥るりか[4][5]
天寿光希[6]
大輝真琴[6][注 5]
星輝つばさ[7]
マーガレット 南海まり[4][5]
羽桜しずく[4][5]
夢妃杏瑠[6]
ルイス 天霧真世[4][5]
如月蓮[4][5]
天霧真世[6] 輝城みつる[7]
ナンシー・ブラウン 陽月華[4][5]
花ののみ[4][5]
早乙女わかば 愛風ゆめ
ドリー・マコーミック 陽月華[4][5][注 6]
音花ゆり[4][5]
早乙女わかば[6] 愛風ゆめ[7]
ロイ 彩海早矢[4][5]
朝都まお[4][5]
スーザン 華美ゆうか[4][5]
成花まりん[4][5]
シェリル 音花ゆり[4][5]
南帆サリ[4][5]
スコット 夢乃聖夏[4][5]
羽鷺つばさ[4][5]
ベル 麻尋しゅん[4][5]
天寿光希[4][5]
ヘンリー 水輝涼[4][5]
真風涼帆[4][5]
ひろ香祐[6]
クラウディア 羽桜しずく[4][5]
南風里名[4][5]
稀鳥まりや[6] 花陽みら[7]
マイケル 如月蓮[4][5]
千寿はる[4][5]
千寿はる[6] 蓮つかさ[7]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b ジェラルド・ウォーバスクと二役
  2. ^ キャサリン・リパートンと二役
  3. ^ a b ロバート・ストックトンと二役
  4. ^ a b 東京のみ
  5. ^ 天寿光希休演に伴い、代役。期間は2月12日~2月24日。
  6. ^ ナンシー・ブラウンと二役

出典編集

  1. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 191.
  2. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 212.
  3. ^ a b c d e f g h 100年史(人物) 2014, p. 213.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo 2006年宝塚キャスト(宝塚公式)より(2013年12月8日閲覧)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq 2006年東京キャスト(宝塚公式)より(2013年12月8日閲覧)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 2011年中日キャスト(宝塚公式)より(2013年12月8日閲覧)
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 2012年全国ツアーキャスト(宝塚公式)より(2013年12月8日閲覧)

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0

外部リンク編集