代書

代書(だいしょ)は、落語の演目のひとつ。代書屋(だいしょや)とも呼ばれる。もとは上方落語であるが、現在は東京落語でも広く演じられる。新作落語の中では古典に近い存在となっている。

目次

概要編集

成立編集

昭和10年代、大阪市東成区今里の自宅で副業として一般代書人(今日の行政書士のルーツ)事務所を営んでいた4代目桂米團治が、その経験から創作した新作落語。

1939年4月初演。原典にあたる口演速記は雑誌『上方はなし』第46集(1940年5月発行)に掲載されている。従来の落語で使われてきたクスグリがひとつも使われていないことが、4代目米團治の自慢であったという。

発表当時から人気作となり、4代目米團治が高座に上がると客席から「代書屋!」「代書!」と叫ぶリクエストが絶えなかったという。

主な演者編集

4代目米團治から直弟子である3代目桂米朝に伝えられたが、米朝は3代目桂春團治2代目桂枝雀に付けた(=伝授した)後、彼らの十八番となったこともあり、高座に掛けなくなった。米朝の息子である5代目桂米團治も襲名後、多く演じている。

東京では同地で上方落語を演じた2代目桂小南をはじめ、江戸噺のスタイルで3代目柳家権太楼古今亭寿輔などの多くの落語家が手掛ける。

あらすじ編集

以下は、上方での演じ方に準じる。

前半編集

代書人の男(以下、代書屋)のもとに、無筆の男が履歴書の代書を依頼しにやって来る。代書屋はさっそく仕事に取り掛かる(以下、演者は扇子を筆に見立て、男の言ったことを代書屋が紙に書き写す一連の動きを演じ続ける)。

男は、本籍地現住所を「大阪市浪速区日本橋3丁目26番地、風呂屋の向かい」、氏名の漢字表記を「おまかせします」、生年月日を「そういうもンは、なかったように思う」と答え、代書屋をいちいち困らせる。生まれた年については、男が「御大典おましたやろ。そのときに提灯行列が出ましたやろ。あのとき『お前も若いもンの仲間入りさしたる』ちゅわれた(=と言われた)んだ。その晩に、今の嬶(かか=妻)と……」と語るので、代書屋はしかたなく逆算で割り出す。学歴については、男が「ジンジョウ、という小学校を2年で卒業した」と言うので、代書屋は紙に「本籍地内小学校を中途退学」と書きこんだ。

代書屋は次に「職歴、と言うてもわからんやろ。あんたのやって来た仕事、商売を順々に言うてもらおう」と男にたずねる。「提灯行列の明けの年に、友達が『巴焼きの道具ゥ空いてるさかい、使えへんか』言うて貸してくれたんだ。借りに行たら、錆びで緑青が吹いてまんねや。それをペーパーで……」「余計なこと言いなはんな。場所は?」「玉造の駅前でんがな。家賃が……」「家賃はどうでもええねや。『同市内玉造駅前において』……」ここで代書屋は、「巴焼き」をフォーマルに説明する語句が思い浮かばず、思案する。「『回転焼き』『太鼓焼き』『太鼓まんじゅう』……そうや、『まんじゅう商を営む』と、こない(=こういうふうに)しとこか。これはいつ頃まで?」「いや、やろう思いましたんやけど、家賃高いから、やめた」

「……一行抹消。あんた、ホンマにやったことだけを言いなはれや」「同じ年の12月に、夜店出しやったんだ」「『露店営業人として』……何を売りなはった?」「ヘリドメを売ったんで」「服のえり止め?」「いや、減り止め。下駄の歯ァの裏に打つゴム」「『下駄の裏面に打ち付けたる摩耗防止用ゴム製』……どない書いたらええんや、こんなケッタイなもン。『履物付属品を販売す』と、こうしよか。これはいつまで?」「これはちゃんと道に品物並べましたんや。ところが12月でっしゃろ、冷たい北風がピューピュー吹いてくる。アホらしなって、2時間でやめた」

「……一行抹消。あんたが、ご飯を食べてた本職は一体何だんねん」「わたい大体は、河太郎(がたろ)だんねん」「河太郎て何だんねん」「胸のとこまであるゴム靴履いてな、金網で川底をさらって、鉄骨の折れたんやら釘の曲がったんやら選(よ)ってる奴がおまっしゃろがな」「ああ、あれ河太郎ちゅうのん。いよいよ書きようがない」「どうでっしゃろ、『河太郎商を営む』ちゅうのは」「黙ってなはれ。『河川に埋没したる廃品を収集して生計を立つ』」「うまいもんでんなあ」

男はすかさず続ける。「昭和5年の5月5日(あるいは、昭和10年10月10日)や。忘れもせん、飛田(あるいは、松島)だ」「『西成区山王町(松島の場合は、西区松島町)において』。これは何をやりなはったんや」「わたいと松っちゃんが初めて女郎買い行たんや」「アホか! どこぞの世界に、履歴書に女郎買いに行ったん載せる人がおます」「これぐらいのこと書いとかなんだら、読むもンがおもろない」代書屋は頭を抱える。

「もう、こっちでええ加減に書きます。賞罰はないな?」「わたいにも年に一遍おまっせ」「正月やない。警察へ引っぱられたとか、ほめられたとか。ほめられたことないやろ?」「ありまっせ」「ちょっと人にほめられたぐらいではあかんのや。大きく表彰されたとか」「わたい、こんな大きな賞状もろて、新聞に写真入りで載ったんだっせ。新聞社主催の大食会でぼた餅56個……」

後半編集

「もうよろし。『右の通りに、これ相違なく候(そうろう)なり』。ここへ名前書きなはれ。本人自署というて、名前だけは本人が書かな(=書かないと)いかんねん」「それが書けるなら、あんたとこへ頼みに来るか」「ちょっとを貸しなはれ。『自署不能につき代書す』と書いといたるわ。1枚30が2枚かかったさかい、60銭置いていきなはれ」「30銭より持ってまへんねん。1枚だけもろて帰りま」「そんなもん半分だけ持って行てどないもなるかいな。もう、負けたるさかい持って行きなはれ」

このあと、中気で字が書けない、という老人が結納受け取りの代書を頼みにやって来る。老人は、「贅沢を言うて申し訳ないのじゃがな、ゲンの(=縁起をかつぐ)もンじゃでな、筆と墨をサラ(=新調)のもので頼めませんかな」と言うので、代書屋は応じる。筆を下ろし、墨をすったところで老人が「あの表の『中濱代書事務所』の字は看板屋に書かしなはったんか?」とたずねる。代書屋が「あらァわたしが書きましたんや」と答えると、老人は「あまり名筆でないなあ。……せっかくじゃが、また何ぞおたの申します」と言って帰ってしまう。

その後、上述の老人宅の奉公人の女性が、「先ほど、手前どものご隠居さんが失礼をいたしました。ほんの些少ではございますが、お筆料でございます」と、大金を持って謝罪にやって来る。代書屋は喜び、「これはご丁寧に。どうぞよろしくお伝えを願います」と頭を下げる。女性が「一応、お金のことでございますから、受け取り(=領収)のしるしに、何かにお名前を。紙切れで結構でございますので」と言うので、代書屋は「待っておくれやす。チョチョッと書きますよって」と机に向かうが、女性は「チョチョッとでなく、丁寧にお願いいたしとうございます」と念を押し、老人が字のことにうるさいのは、病気をする前に高名な書家であったためだ、と明かす。それを聞いた代書屋は緊張で自分の名前「中濱賢三」が書けなくなる。女性は「こういう風にお書きあそばしたらどうでっしゃろか」と言い、立派な「中濱賢三」を書き上げる。代書屋は「うまいもんでんなあ」とうなる。女性は「ほんならここへ、判をお願いいたします」と書き上がった領収書を代書屋に差し出す。そこには、「中濱賢三」の横に小さい字で、

「自署不能に付き代書す」

バリエーション編集

  • 後半まで演じることはまれとなっており、多くの場合は、ひとり目の客の男のくだりで噺を切る。
4代目米團治の原話では、老人と女性の間に、本国からやって来る妹のために、渡航証明書の記入を依頼する朝鮮人が登場する(複雑な手続きのため、たくさんの書類を作る羽目になるが、すべてキャンセルになる)。
  • マクラでしばしば使われる川柳「儲かった日も代書屋の同じ顔」は、原作者・4代目米團治の自作である。
川柳には他にも「割り印で代書罫紙に箔を付け」というものもあり、やはりこの演目のマクラに、4代目米團治の逸話をともなって取り込まれることがある。
  • 最初にやってくる無筆の男の名は、4代目米團治の原話では「太田藤助」。その他、「田中彦次郎(笑福亭福笑ら)」「松本留五郎(2代目枝雀ら。「松本」は枝雀の祖父方の旧姓[1])」「河合浅治郎(=2代目桂春團治の本名。3代目春團治ら)」「湯川秀樹(3代目権太楼ら。「ノーベル賞取った科学者と同姓同名じゃないですか」「おいらも、天皇賞取りました」というクスグリがある)」など。戦後は前半のみが多く演じられることから、無筆の男の名を楽屋ネタとする事例が多いが、作者の4代目米團治は、自身がモデルの代書屋の名を、本名の「中濱賢三」とする楽屋ネタを使っていた。
  • 男が「生年月日は確かなかったはずです」と答えるくだりは、6代目笑福亭松鶴の証言によれば、6代目松鶴が米團治に提案して採用されたもので、それ以前は「そんなんまだ食べた事おまへん」と答える、という演じ方だったという[2]
2代目枝雀は「『生年月日』を言ってください」という代書屋の質問に対して、男が「セーネンガッピ!」と大声で復誦する、というアレンジを加えている。
  • 巴焼き屋を開いた場所は、4代目米團治の原話では「住吉区浜口町(=現在の住之江区浜口東・浜口西)」である。「減り止め」の材質は、4代目米團治の原話ではブリキである。
  • かつて笑福亭鶴光は男が本籍地を答えるくだりで、「マクドナルド(当時流行った1号店のこと)の2階」と答えた。楽屋で米朝に「受けるから言うて何でも言っていいもんちゃう」と怒られた。
  • 「河太郎(がたろ)」は大阪の俗語で、本来は川太郎=河童の意味であったが、転じて、川さらいの廃品回収業者を指したものである。
2代目枝雀は、男が名乗る職業を河太郎から「ポン」(=ポン菓子の行商人)に変更して、ポン菓子ができる際の「ポーン!」という音を、大きな動きとともに口演するところでオチとする、大幅な改変を行った。米朝一門会において、枝雀が前トリで同演目を演じた際、トリの米朝は「ほんまは大食いのオチなんですけど、あんな派手な噺やなかったんですが……」と苦笑した。
  • 2代目枝雀の弟子のアナウンサー出身の桂音也は現代風にアレンジした「新・代書」(別名「履歴書」)がある。
  • 2代目小南は、女郎買いのくだりを当世風に「ストリップを見に行きました」とアレンジした。
  • 6代目三遊亭円楽に、パロディ的改作『代書屋~天野幸夫伝~』がある。天野幸夫は、三遊亭小遊三の本名であり、同演目は『笑点』の大喜利コーナーにおける小遊三の恒例のギャグをモチーフにアレンジしたもの。主人公の天野は、落語芸術協会公益社団法人にするために履歴書を書かなければいけないが、自分の名前が分からない、というプロットである。
  • 昔昔亭桃太郎の持ちネタに代書をアレンジした「結婚相談所」という演目がある

エピソード編集

4代目米團治と『代書』編集

  • 4代目米團治本人は、代書人でありながら肝心の公文書作成が下手であったため、代書業者としては専ら能筆を活かして賞状・書状書きばかり手がけていたという。
  • 4代目米團治が京都の寄席に出た際、『代書』を高座に掛けたところ受けに受けたため、その寄席の席亭は「出演期間中、ずっと『代書』をやってくれ」と頼んだ。しかし4代目米團治は「おれの古典は気に食わないのか」とヘソを曲げ、この時の出演では最後まで『代書』を再演しなかった。
  • 『代書』創作70周年にあたる2009年に、地元の有志団体「東成芸能懇話会」などの発起で、東成区役所敷地の一隅(4代目米團治のかつての代書事務所の跡)に、4代目米團治の顕彰碑が建立された[3]。同年5月2日の除幕式には米朝らゆかりの人々も出席し、東成区民ホールでは5代目米團治によって『代書』が口演された。
顕彰碑には「中濱代書事務所ノ地」の標記と並んで、東成区と4代目米團治や『代書』との関わりについての文章が刻まれており、5代目米團治の墨跡による「儲かった日も代書屋の同じ顔」が刻まれている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ DVD『桂枝雀落語大全』第一集「枝雀散歩道」より3代目桂南光が解説。
  2. ^ 『六世笑福亭松鶴はなし』
  3. ^ 落語「代書」のふるさと 東成区役所敷地内で市民協働で四代目桂米團治の顕彰碑建立記念落語会を開催します2009年4月3日付 - 4代目米團治顕彰碑についての東成区役所によるプレスリリース。碑文の図のPDF等あり。[リンク切れ]