メインメニューを開く

第37回ベルリン国際映画祭は1987年2月20日から3月3日まで開催された。

目次

概要編集

コンペティション部門には21本の長編と19本の短編が出品され、金熊賞にはソ連制作のドラマ『Tema』が、銀熊賞には日本映画『海と毒薬』が選ばれた。公式部門においては、これまで海外で見る機会のあまりなかったソ連映画が多く上映された。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
'Night, Mother トム・ムーア   アメリカ合衆国
愛は静けさの中に
Children of a Lesser God
ランダ・ヘインズ   アメリカ合衆国
Comrades ビル・ダグラス   イギリス
エムペドクレスの死
Der Tod des Empedokles
ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ   フランス  西ドイツ
Die Verliebten
(Days to Remember)
Jeannine Meerapfel   西ドイツ  ユーゴスラビア
El año de las luces
(The Year of Awakening)
フェルナンド・トルエバ   スペイン
For Love Alone スティーヴン・ウォレス   オーストラリア
首相暗殺
Il caso Moro
ジュゼッペ・フェラーラ   イタリア
Le miraculé ジャン=ピエール・モッキー   フランス
Les fous de bassan
(In the Shadow of the Wind)
イヴ・シモノー   カナダ  フランス
仮面
Masques
クロード・シャブロル   フランス
汚れた血
Mauvais sang
レオス・カラックス   フランス
日記
Napló szerelmeimnek
マールタ・メーサーロッシュ   ハンガリー
プラトーン
Platoon
オリヴァー・ストーン   アメリカ合衆国
Skorbnoe bescuvstvie (Mournful Unconcern) アレクサンドル・ソクーロフ   ソビエト連邦
So viele Träume ハイナー・カーロフ   東ドイツ
Тема
(The Theme)
Gleb Panfilov   ソビエト連邦
海と毒薬 熊井啓   日本
Vera セルジオ・トレド   ブラジル
Vlcí bouda
(Wolf's Hole)
ヴェラ・ヒティロヴァ   チェコスロバキア

コンペティション外編集

日本映画編集

コンペティション部門に熊井啓の『海と毒薬』が出品され銀熊賞を受賞したが、その他はフォーラム部門に原一男の『ゆきゆきて、神軍』が上映されたのみであった。

審査員編集

外部リンク編集