メインメニューを開く

第47回世界卓球選手権団体戦

第47回世界卓球選手権団体戦(だい47かいせかいたっきゅうせんしゅけんだんたいせん)は、2004年3月1日から3月7日まで、カタールドーハで開催された。男子は中国が2連覇、女子は中国が6連覇を果たした。

試合形式編集

試合形式は11点5ゲーム制、シングルスのみ5試合中3試合を制したチームが勝利(ABCAB、XYZYXのいずれかの順に選手が出場)であった。

上位12チームが争うチャンピオンディビジョンでは、それぞれが6チームずつ2つのリーグに分けて予選が行われ、その後リーグ1位から6位同士が対戦するなどにより順位を争った。

  • 1位対1位 - 勝ったチームは決勝、敗れたチームは2位対2位で勝ったチームと準決勝、
  • 2位対2位 - 敗れたチームは4位、勝ったチームは1位対1位で敗れたチームと準決勝
  • 3位対3位 - 勝ったチームは5位決定戦。敗れたチームは7位決定戦
  • 4位対4位 - 敗れたチームは8位、勝ったチームは7位決定戦
  • 5位対5位 - 9位、10位決定戦
  • 6位対6位 - 11位、12位決定戦

結果編集

男子編集

順位 チーム 主な出場選手
1   中国 馬琳王励勤(2位)、王皓(3位)、孔令輝(12位)、劉国正陳玘
2   ドイツ ティモ・ボルソルタン・フェイヤー=コーナートクリスティアン・ズースヨルグ・ロスコフ
3   韓国 朱世赫(16位)、柳承敏(8位)、呉尚垠(15位)、金擇洙金延勲
4   スウェーデン ピーター・カールソンヨルゲン・パーソンイェンス・ルンクウィストフレドリク・ハッカンソンパル・イェレルヤン=オベ・ワルドナー
5   香港 李静高礼澤梁柱恩張鈺
6   オーストリア ヴェルナー・シュラガー(10位)、陳衛星(27位)、ロベルト・ガルドシュ(75位)、カール・インドラクコスタディン・レンゲロフ
7   チャイニーズタイペイ 荘智淵呉志祺蒋澎龍江宏傑
8   イタリア ヤン・ミン(51位)、マッシミリアノ・モンデーロ(112位)、バレンティノ・ピアチェンティーニ(145位)、ウメベルト・ジアルディーナ
9   フランス パトリック・シーラ(40位)、ダミアン・エロワ(60位)、ダニー・ロー(237位)、エリック・バリン
10   ベルギー マルティン・ブラタノフマルク・クロセットヤニク・ボスト
11   ロシア アレクセイ・スミルノフドミトリ・マズノフ(84位)、フェドル・クズミン(49位)、キリル・スカチコフアレクセイ・リウェントソフ(177位)
12   日本 松下浩二(46位)、田崎俊雄(54位)、遊澤亮(112位)、新井周(158位)、村守実(152位)
予選 1位 2位 3位 4位 5位 6位
A組   中国   韓国   オーストリア   イタリア   フランス   日本
B組   ドイツ   スウェーデン   香港   チャイニーズタイペイ   ベルギー   ロシア

女子編集

順位 チーム 主な出場選手
1   中国 張怡寧(1位)、王楠(2位)、郭躍牛剣鋒李菊(8位)
2   香港 帖雅娜(6位)、柳絮飛(12位)、張瑞(21位)、桑亜嬋于國詩
3   日本 梅村礼(13位)、福原愛(30位)、藤沼亜衣谷口直子平野早矢香(43位)
4   韓国 金璟娥李恩美石恩美金戊校
5   ルーマニア オティリア・バデスクミハエラ・シュテフアドリアーナ・ツァムフィルゲオルギアナ・ネクラ
6   ドイツ ニコレ・シュトルーゼエルケ・ボージクターニャ・ハイン=ホフマンラウラ・シュトゥンパー
7   ロシア ガリナ・メルニクスベトラーナ・ガニナイリーナ・パニラ
8   ハンガリー マリア・ファゼカシュゲオルギナ・ポータチラ・バトルフィ
9   イタリア ニコレータ・ステファノバラウラ・ネグリソーリワン・ユー
10   シンガポール リ・ジャウェイチャン・シュエリンシュー・ヤンジン・ジュン・ホン
11   ベラルーシ ビクトリア・パブロビッチ(40位)、タチアナ・コストロミナ(58位)、ベロニカ・パブロビッチ(93位)
12   チャイニーズタイペイ 黄怡樺陸雲鳳潘俐君
予選 1位 2位 3位 4位 5位 6位
A組   中国   韓国   ロシア   ドイツ   シンガポール   チャイニーズタイペイ
B組   日本   香港   ルーマニア   ハンガリー   イタリア   ベラルーシ

日本代表編集

男子は宮崎義仁、女子は西村卓二が監督としてチームを率いた。男子は予選リーグで1勝もできず予選6位同士のロシア戦も敗れて12位となった。

女子は世界ランキング6位の帖雅娜に2勝するなど予選リーグを全勝で通過した女子はグループリーグ1位同士の中国との試合は梅村礼王楠にフルセットで敗れ、福原愛張怡寧に敗れて0-2となったが藤沼亜衣李菊を梅村礼が張怡寧をそれぞれフルセットで破り2-2となった。最後は福原愛が王楠にストレートで敗れた。香港との再戦になった準決勝では0-3で敗れ銅メダルを獲得した。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集