メインメニューを開く

第五航空戦隊

日本海軍の部隊
第5航空戦隊から転送)

概要編集

当時の日本海軍空母建造技術の粋を集めた最新鋭艦、翔鶴型航空母艦2隻(翔鶴瑞鶴)、春日丸級特設航空母艦(大鷹型航空母艦)春日丸(大鷹)[3]瑞鳳型航空母艦1番艦「瑞鳳[4]、護衛の吹雪型駆逐艦17番艦「[5]、第18駆逐隊2隻(陽炎[6]陽炎型駆逐艦19番艦「秋雲[7]第27駆逐隊時雨白露有明夕暮[8]等が所属もしくは指揮下に入った。

五航戦が参加した主要作戦(海戦)は、真珠湾攻撃(昭和16年12月)、ラバウル攻略作戦支援(昭和17年1月下旬)、セイロン沖海戦(昭和17年4月上旬)、珊瑚海海戦(昭和17年5月上旬)など。珊瑚海海戦で「翔鶴」は大破[2][9]。健在の「瑞鶴」も航空隊の消耗甚大のためミッドウェー作戦には参加せず、内地で待機した[10][11]。 6月上旬のミッドウェー海戦で[12]、日本海軍は主力空母4隻(赤城加賀蒼龍飛龍)を喪失[13][14]。これに伴う艦隊再編にともなって五航戦は解隊され、所属3隻(翔鶴、瑞鶴、瑞鳳)は新たに編成された第三艦隊第一航空戦隊に所属[15][16]。緒戦期の実戦参加を通じ実力を向上し、大日本帝国海軍の中心戦力に成長した[1]

練度編集

五航戦の航空機搭乗員の充員が完了したのは1941年(昭和16年)10月初旬[1]であり、真珠湾攻撃のために10月から鹿児島湾で行われた訓練にも参加できず基礎訓練を実施していた[1]。航空隊の練度については同じく第一航空艦隊を形成していた第一航空戦隊の空母2隻(赤城、加賀)、第二航空戦隊の2隻(蒼龍、飛龍)に及ばないものとして扱わた[17][18]。このため、空母機動部隊としての行動時には、容易な陸上攻撃を担任させられた[17]。幾度かの作戦に従事して練度は向上したが、夜間の発着艦や夜間攻撃の訓練は行っていない[18]珊瑚海海戦での航空機の大量損失も搭乗員の練度の低さが原因とされた。また珊瑚海海戦は日本側認識では大勝利だったため、第一航空艦隊では「妾の子でも勝てた」と評し、一航戦・二航戦ならば「米空母など問題にならない」と広言する者も多かったという[17]。「五航戦で互角ならば、それよりはるかに優れる一航戦・二航戦にかかれば米空母部隊など鎧袖一触」との楽観的気運・自惚れ・慢心は、航空隊関係者だけでなく、連合艦隊や軍令部などを含め日本海軍全体に広まっていたとみられる[19]

ただし「赤城」から1941年5月「翔鶴」の戦闘機隊に異動した小町定は「陸上基地から配置転換されたばかりで、練習不足の者も数人はいましたが、他艦で訓練を積んでから異動して来た者もおり、必ずしも全員が練度不足というわけではない」と書いている[20]

歴史編集

太平洋戦争以前編集

ワシントン海軍軍縮条約により航空母艦(空母)建造を制限された大日本帝国海軍は、有事において大型貨客船を空母に改造することを計画していた[21]。この方針に基づき海軍が関与して建造されたのが、日本郵船の浅間丸級貨客船3隻(浅間丸秩父丸龍田丸)である[21]。日本海軍が想定していた第五航空戦隊は、この浅間丸級特設航空母艦3隻と[21]峯風型駆逐艦秋風」「羽風」であった(昭和10年11月12日案)[22]

1941年(昭和16年)9月1日、日本海軍は第五航空戦隊を正式に編制、日本海軍は原忠一少将を第五航空戦隊司令官に任命する[23]。初代旗艦は春日丸級特設航空母艦1番艦「春日丸〈大鷹〉」となる[3]。 9月8日、第一航空艦隊旗艦を空母「翔鶴」から「赤城」に変更[24]。9月10日、第五航空戦隊旗艦は「春日丸」から「翔鶴」に交代した[25]

9月12日に内示された昭和17年度海軍戦時編制によれば、第一航空戦隊を翔鶴型航空母艦2隻(翔鶴瑞鶴)と第11駆逐隊(吹雪白雪初雪)で再編[26]、それまでの一航戦(赤城加賀)は第51駆逐隊(白雲薄雲)と共に第五航空戦隊となる予定であった[27][28]。だが、この編制を実施する前に、日本海軍は太平洋戦争に突入する。

9月25日、翔鶴型2番艦「瑞鶴」が竣工し、第五航空戦隊に編入される(春日丸は第四航空戦隊に転出)。五航戦の駆逐艦は「」1隻だったが[5]9月27日附で陽炎型駆逐艦19番艦「秋雲」が編入され[7]、所属駆逐艦は2隻となる。だが「朧」は南洋部隊(指揮官井上成美第四艦隊司令長官、旗艦「鹿島」)の指揮下に入りグアム島攻略作戦に参加、第五航空戦隊(瑞鶴、翔鶴、秋雲)および南雲機動部隊とは別行動となる。 11月14日、原司令官は五航戦旗艦を「翔鶴」から「瑞鶴」に変更した[29]。11月26日、南雲機動部隊は択捉島単冠湾を出撃した[30]

真珠湾攻撃時の編成編集

太平洋戦争開戦時の五航戦(翔鶴、瑞鶴)常用(括弧内補用)搭載機は、各艦とも艦戦18(3)、艦爆27(3)、艦攻27(3)、常用72(補用9)であった[31]。第一次攻撃隊では第二集団急降下爆撃隊と、第三集団制空隊のうち第五制空隊と第六制空隊を担った[32]

第二集団急降下爆撃隊はフォード島ヒッカム飛行場とホイラー飛行場への攻撃を担当した[32]。使用機材は九九式艦上爆撃機高橋赫一少佐が指揮官であった[32]翔鶴の第十五攻撃隊は26機で攻撃隊指揮官は高橋赫一少佐が兼任した[32]瑞鶴の第十六攻撃隊は25機で攻撃隊指揮官は坂本明大尉が担当した[32]。真珠湾攻撃における航空攻撃の初弾は第二集団急降下爆撃隊がホイラー飛行場に投下した250kg爆弾である[32]

第五制空隊と第六制空隊はカネオヘ航空基地上空の制空を担当した[32]。使用機材は零式艦上戦闘機[32]瑞鶴の第五制空隊は6機で指揮官は佐藤正夫大尉[32]翔鶴の第六制空隊は5機で指揮官は兼子正大尉[32]

第二次攻撃隊では第一集団水平爆撃隊を担った[32]。使用機材は九七式艦上攻撃機嶋崎重和少佐が指揮官であった[32]翔鶴の第六攻撃隊は27機で指揮官は嶋崎重和少佐が兼任し、カネオヘ航空基地への攻撃を担当した[32]瑞鶴の第五攻撃隊は27機で指揮官は市原辰雄大尉[32]。フォード島のカネオヘ飛行場への攻撃を担当した[32]

昭和17年の行動編集

1942年(昭和17年)1月1日、五航戦の搭載機は艦戦18、艦爆18、艦攻18の常用計54機に削減された[31]。同月20日、一航戦(赤城、加賀)と五航戦(瑞鶴、翔鶴)はラバウルカビエンに空襲を敢行[33]、南洋部隊(指揮官は井上成美第四艦隊司令長官)のラバウル攻略作戦を支援する(ラバウルの戦い[34]。続いて五航戦はニューギニア島東部(マダンラエサラマウア)に空襲をおこなった[33][34]。一航戦と五航戦は1月末にトラック泊地に帰投した[35]。「翔鶴」は機動部隊の航空機を補充するため横須賀に帰投した[36]

2月1日、米軍機動部隊は南洋諸島の日本軍基地に空襲を敢行する[37]マーシャル・ギルバート諸島機動空襲[38][39]連合艦隊は「対米国艦隊第三法」(アメリカ艦隊の機動に対する作戦要領)[37]を発令して本土東方海面の警戒強化を企図、2月8日(連合艦隊電令作第64号)[注 1]をもって五航戦を基幹戦力とする連合艦隊附属航空部隊を編成する[40][6]。 同日夜には第一艦隊司令長官高須四郎中将を指揮官とする警戒部隊が編成された[41](連合艦隊電令作第69号)[注 2][6]。警戒部隊の戦力は、第二戦隊(伊勢日向扶桑山城)、第九戦隊(北上大井)、第三航空戦隊(鳳翔瑞鳳三日月夕風)、附属航空部隊(瑞鶴、翔鶴、秋雲、霰、陽炎)、第27駆逐隊第1小隊(時雨、白露)、駆逐艦「矢風」であった[6]

附属航空部隊のうち2隻(翔鶴、陽炎)は横須賀から三河湾に移動し、3隻(瑞鶴、秋雲、霰)は2月9日にパラオを出発し13日横須賀に到着した[41]。附属航空部隊は内地に揃い、敵機動部隊出現に備えた[42]。日本列島本土東方海面を警戒したが特に異状はなく、対米国艦隊第三法は2月15日に解除された[40][43]。五航戦(翔鶴、瑞鶴、秋雲、陽炎、霰)は連合艦隊電令作第80号(3月3日1440発令)により3月5日付で機動部隊に復帰した[44]。 3月4日、米軍機動部隊は南鳥島を空襲する[45]。3月5日午前7時30分、駆逐艦「時雨」が「横須賀の110度360浬に国籍不明の飛行機13機 西航す」と報告した[44]。連合艦隊の命令により横須賀在泊の3隻(翔鶴、陽炎、秋雲)は出撃したが、味方機の誤報とわかり帰投した[注 3][44]。五航戦のうち翔鶴隊は3月7日東京湾出発、瑞鶴隊は8日に内海西部出発、洋上で合流しインド洋方面作戦に向かった[46]

4月10日、駆逐艦「朧」と「秋雲」は第五航空戦隊から除籍[8]。「朧」は横須賀鎮守府警備駆逐艦となり[47]、「秋雲」は4月15日附で夕雲型駆逐艦3隻(夕雲巻雲風雲)の第10駆逐隊に編入されている[48]

一方、南雲機動部隊(第一航空艦隊)としてセイロン沖海戦に参加した第五航空戦隊は[49]ポートモレスビー作戦に参加すべく南洋部隊(第四艦隊)に編入され、南洋部隊指揮官井上成美第四艦隊長官の指揮を受けることになった[50]。同時に、護衛部隊として第27駆逐隊(時雨白露有明夕暮)が加わる[18][8]。 本来、ポートモレスビー作戦には空母「加賀」(内地修理中)が参加することになっていたが、南洋部隊(第四艦隊)と連合艦隊と協議した結果、取りやめとなる[51][52]。そこで南洋部隊は第二航空戦隊(蒼龍、飛龍)の派遣を希望するも、第五航空戦隊(瑞鶴、翔鶴)に差し替えられたという経緯がある[52]。五航戦のポートモレスビー攻略作戦参加は、実戦経験の蓄積と戦力向上の意味合いがあったという[51][17]

同年5月上旬、第五航空戦隊(瑞鶴、翔鶴、時雨、白露、有明、夕暮)は珊瑚海海戦を戦うが、日本側機動部隊の指揮官は先任の第五戦隊(妙高羽黒)司令官高木武雄少将で、五航戦司令官原忠一少将は『機動部隊の航空戦の指揮を行う』という立場だった[18]。本海戦でMO攻略部隊の空母「祥鳳」が沈没、MO機動部隊からは「翔鶴」が大破する[2][9]。無傷だった「瑞鶴」も、搭載航空機部隊の消耗は甚大だった[53]。最精鋭とみなされていた米軍機動部隊(レキシントン、ヨークタウン)と練度の劣っていた五航戦が互角に渡り合ったため、航空隊関係者に「日米空母の戦力差に大差あり」「一航戦・二航戦なら米空母など鎧袖一触」との慢心に繋がり、やがて日本海軍全体に拡大した[11][19]。また珊瑚海海戦は史上初の空母機動部隊同士の対決であり、貴重な戦訓が多々含まれていたが、一航艦・連合艦隊とも戦術的勝利に惑わされて事後の研究をおこなわなかった[11][54]

同海戦に参加した空母のうち、五航戦(翔鶴、瑞鶴)はミッドウェー作戦における南雲機動部隊に、「祥鳳」は攻略部隊本隊に編入予定であった(当時、連合艦隊や南雲機動部隊司令部は戦艦大和において図上演習を実施中)[2][55]。だが珊瑚海海戦の結果速報から、攻略部隊主隊に2隻(空母瑞鳳、駆逐艦三日月)を編入、「瑞鶴」は機動部隊編入、「翔鶴」は北方部隊編入と定められる(連合艦隊機密第29番電)[53][56]。北方部隊の空母2隻(翔鶴、隼鷹)はミッドウェー島占領後、同島進出用の戦闘機を輸送する任務を負っていた[57][58]。 だが5月14日になり五航戦から各方面に詳細報告が入ると、五航戦2隻は次期作戦に投入できない事が判明する[55][59]。「翔鶴」(5月17日、呉帰投)の修理は3ヶ月と見込まれ、「瑞鶴」も航空隊の消耗甚大で、戦力回復には2-3ヶ月かかると判定された[11][59]。このため「翔鶴」は北方部隊からのぞかれ、2隻とも第一機動部隊(指揮官南雲忠一第一航空艦隊司令長官)に編入されたものの[60][61]、実際には内地に残留した[10][62]

6月5日-7日のミッドウェー海戦で、第一航空艦隊は空母4隻(赤城、加賀、蒼龍、飛龍)を一挙に喪失[13][63]。日本海軍はアメリカ軍機動部隊がアリューシャン列島より来襲すると予期し、北方への戦力集結を開始する[64][65]。 6月14日、「瑞鶴」と駆逐艦「浦風」(第17駆逐隊)は北方部隊編入を命じられ、駆逐艦2隻(秋月)に護衛され柱島を出港、4隻(瑞鶴、浦風、秋月、朧)は大湊へ向った[66]。北方方面で行動中の第五艦隊等と合流後、6月20日附で瑞鳳型航空母艦1番艦「瑞鳳」(第一艦隊所属)が第五航空戦隊に編入された[4]

7月14日附で、日本海軍は第三艦隊を新編する[16](司令長官南雲忠一中将、参謀長草鹿龍之介少将)[67]。第一航空戦隊は第三艦隊司令長官の直率部隊となり、旧第五航空戦隊(翔鶴、瑞鶴、瑞鳳)を中心として再建された[15]。対空母航空決戦に徹するため、攻撃に専念する大型空母2隻と、警戒を主とする小型空母の組み合わせになった[16]

以上の艦隊再編にともない第五航空戦隊は解隊、原忠一少将は利根型重巡洋艦2隻(利根筑摩)の第八戦隊司令官へ転任した[68]。 7月22日、第五航空戦隊部残務整理事務所を設置[69]。8月15日、残務整理事務所は撤去された[70]

1944年(昭和19年)6月19日-20日のマリアナ沖海戦で日本海軍は大敗、第一機動艦隊の空母3隻(大鳳翔鶴飛鷹)と艦載航空隊の大部分を喪失した[71]軍令部第一部は空母部隊について第一航空戦隊(瑞鶴)、第二航空戦隊(隼鷹、龍鳳)、第三航空戦隊(千歳、千代田、瑞鳳)、第四航空戦隊(伊勢、日向)、第五航空戦隊(雲龍〈8月6日就役〉、天城〈8月10日就役〉)とする計画をたてる[71]。第五航空戦隊は雲龍型航空母艦2隻(雲龍天城)で再編予定だったが、諸事情により五航戦は編成されなかった[72]。雲龍と天城は第一航空戦隊に編入され、8月上旬時点の一航戦は空母4隻(瑞鶴、龍鳳、雲龍、天城)となった[72]

編制編集

  • 1941年(昭和16年)9月25日
  • 1941年(昭和16年)9月27日
  • 1941年(昭和16年)12月10日 太平洋戦争開戦時の編制(第一航空艦隊所属)
    • 翔鶴、瑞鶴
    • 朧、秋雲
  • 1942年(昭和17年)4月10日 第10戦隊新編時の編制(第一航空艦隊所属)
    • 翔鶴、瑞鶴
  • 1942年(昭和17年)7月1日時点[73]
    • 翔鶴、瑞鶴、瑞鳳(6月20日編入)[4]

  

  • 1942年(昭和17年)7月14日 解隊

歴代司令官編集

  • 原忠一少将:1941年(昭和16年)9月1日[23] - 1942年(昭和17年)7月14日[68]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 聯合艦隊電令作第六四号(2月8日0000)一 機動部隊〔第五航空戦隊(朧欠)、霰、陽炎欠〕及第二潜水戦隊ヲ南方部隊ニ編入/二 第五航空戦隊(朧欠)、霰、陽炎ヲ聯合艦隊附属トシ附属航空部隊(指揮官第五航空戦隊司令官)ト呼称/三 附属航空部隊ハ搭載機整備次第三河湾ニ回航 敵機動部隊ノ東京方面空襲ニ備フルト共ニ兼ネテ訓練ニ従事スベシ 
  2. ^ 聯合艦隊電令作第六九号(2月8日1830)主力部隊中警戒部隊ヲ編成 兵力 第二戦隊、第九戦隊、第三航空戦隊、附属航空部隊、第二十七駆逐隊第一小隊、矢風/指揮官 第一艦隊司令長官/任務 本州近海ニ来襲スル敵空襲部隊ノ捕捉撃滅 出撃時機ハ特令ス 出撃時迄附属航空部隊ノ行動ハ既令ノ通 
  3. ^ 瑞鶴と霰は3月2日に入港し、整備をおこなっていた。

出典編集

  1. ^ a b c d 『世界の艦船 新版・連合艦隊華やかなりし頃』p.29-32「航空母艦」。
  2. ^ a b c d 戦史叢書ミッドウェー海戦95頁「珊瑚海海戦」
  3. ^ a b c 昭和16年9月3日(水)海軍公報(部内限)第3888号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C12070397300 「○旗艦指定 第五航空戦隊司令官ハ九月一日旗艦ヲ春日丸ニ指定セリ」
  4. ^ a b c #海軍航空部隊編制p.11「瑞鳳 6/20 1Fヨリ5Sfへ」
  5. ^ a b c #支那事変第10回功績(朧)p.1「自9月1日至11月20日|聯合艦隊第五航空戦隊ニ属シ艦隊諸訓練ニ従事シツヽ対事変待機」
  6. ^ a b c d 本土方面海軍作戦75頁「警戒部隊の編成」
  7. ^ a b c #支那事変第10回功績(秋雲)p.1「記事|昭和一六.九.二七 第一航空艦隊第五航空戦隊ニ編入」
  8. ^ a b c d #S1704五航戦日誌(経過)p.4『四月十日附秋雲朧ハ五航戦ヨリ除カル 四月十八日以降二十七駆五航戦司令官ノ指揮下ニ入ル」
  9. ^ a b 戦史叢書80巻370-372頁「五 ポートモレスビー攻略作戦失敗/作戦経過」
  10. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦115-116頁「第二期作戦への移行と兵力部署の再訂正」
  11. ^ a b c d 戦史叢書80巻374-375頁「本作戦の及ぼした影響」
  12. ^ 戦史叢書80巻444-445頁「MI作戦中止の指示」
  13. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦601頁「水上艦艇の被害」
  14. ^ 戦史叢書80巻383頁「ミッドウェー、アリューシャン作戦」
  15. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦637-639頁「第三艦隊の新設」
  16. ^ a b c 戦史叢書80巻463-465頁「空母部隊の再建と新戦法」
  17. ^ a b c d 戦史叢書ミッドウェー海戦124-125頁「わが空母戦力にする自負」
  18. ^ a b c d 南東方面海軍作戦(1)187-189頁「MO機動部隊」
  19. ^ a b 戦史叢書80巻429-432頁「楽観気運の増大」
  20. ^ 『歴史街道』2001年9月特別増刊号『真珠湾攻撃』p.37-39「機動部隊上空、異状なし」。
  21. ^ a b c 日本空母物語100-102頁「連合艦隊の戦力倍増策」
  22. ^ #S16年度海軍戦時編制案(昭和10年2月)p.2「外戰部隊|GF|1F|5Sf|特空母|秩父丸、浅間丸、龍田丸、秋風、羽風」
  23. ^ a b 昭和16年9月1日(発令9月1日付)海軍辞令公報(部内限)第701号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081900 
  24. ^ 昭和16年9月11日(木)海軍公報(部内限)第3895号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C12070397400 「○旗艦變更 第一航空艦隊司令長官ハ九月八日旗艦ヲ赤城ニ變更セリ」
  25. ^ a b 昭和16年9月13日(土)海軍公報(部内限)第3897号 p.41』 アジア歴史資料センター Ref.C12070397400 「○旗艦變更 第五航空戦隊司令官ハ九月十日旗艦ヲ翔鶴ニ變更セリ/支那方面艦隊司令長官ハ九月十一日旗艦ヲ飛鳥ニ變更セリ」
  26. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1「呉|第十一驅逐隊|吹雪、白雪、初雪|(戦時編制ニ依ル所属)第一航空戦隊」
  27. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1「呉|第五十一驅逐隊|薄雲、白雲|(戦時編制ニ依ル所属)第五航空戦隊」
  28. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制p.5「艦隊|第一航空艦隊|第一航空戦隊/翔鶴、瑞鶴、第十一驅逐隊|第二航空戦隊/蒼龍・飛龍・第十二驅逐隊|第四航空戦隊/龍驤、《飛鷹》、《隼鷹》、第三驅逐隊|第五航空戦隊/赤城、加賀、第五十一驅逐隊|第六航空戦隊/《第三十一驅逐隊》/特設航空母艦三」
  29. ^ 昭和16年11月21日(金)海軍公報(部内限)第3951号 p.37』 アジア歴史資料センター Ref.C12070398400 「○旗艦變更 第五航空戦隊司令官ハ十一月十四日旗艦ヲ瑞鶴ニ變更セリ」
  30. ^ 戦史叢書80巻7-8頁「聯合艦隊の展開」
  31. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦136頁「主力空母六隻の搭載機数の変動状況」
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『歴史街道』2001年9月特別増刊号『真珠湾攻撃』p.65-80「ニイタカヤマノボレ一二〇八」。
  33. ^ a b 南東方面海軍作戦(1)69-72頁「機動部隊の作戦」
  34. ^ a b 戦史叢書80巻134-136頁「ラバウル攻略作戦決定と攻略」
  35. ^ 戦史叢書29 1969, pp. 115a-116警戒部隊の編成
  36. ^ 戦史叢書29 1969, p. 115b.
  37. ^ a b 戦史叢書29 1969, p. 108.
  38. ^ 本土方面海軍作戦74-75頁「米機動部隊マーシャル諸島来襲」
  39. ^ 南東方面海軍作戦(1)101-102頁「米空母機動部隊の作戦」
  40. ^ a b 戦史叢書80巻169-173頁「情勢緩和の誤判断とマーシャル被攻撃」
  41. ^ a b 戦史叢書29 1969, p. 117.
  42. ^ 戦史叢書29 1969, p. 118.
  43. ^ 戦史叢書29 1969, p. 110.
  44. ^ a b c 戦史叢書29 1969, p. 121.
  45. ^ 戦史叢書80巻179-181頁「南鳥島来襲」
  46. ^ 戦史叢書29 1969, p. 122.
  47. ^ #内令昭和17年4月(4)pp.1-2「内令第六百四十八號|呉鎮守府豫備艦 軍艦 長鯨 右練習兼警備艦ト定メラル|横須賀鎮守府豫備驅逐艦 驅逐艦 朧 右警備驅逐艦ト定メラル|昭和十七年四月十日 海軍大臣 嶋田繁太郎」
  48. ^ #内令昭和17年4月(4)p.3「内令第六百五十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年四月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第十驅逐隊ノ項中「夕雲」ノ上ニ「秋雲、」ヲ加フ」
  49. ^ 戦史叢書80巻202-205頁「機動作戦」
  50. ^ 南東方面海軍作戦(1)169-170頁「南洋部隊の兵力」
  51. ^ a b 戦史叢書80巻355-359頁「聯合艦隊の兵力部署転換」
  52. ^ a b 南東方面海軍作戦(1)167頁
  53. ^ a b 戦史叢書29 1969, p. 221.
  54. ^ 戦史叢書80巻462-463頁「用兵思想に及ぼした影響」
  55. ^ a b 戦史叢書80巻424-428頁「出撃直前の研究と作戦計画等の修正」
  56. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦96-97頁「兵力部署の第一次訂正」
  57. ^ 戦史叢書29 1969, pp. 222-225.
  58. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦102頁「北方部隊」
  59. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦114-115頁「珊瑚海海戦の被害判明」
  60. ^ 戦史叢書29 1969, p. 228聯合艦隊電令作第151号(5月20日0000)
  61. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦137頁「第一機動部隊の編制」
  62. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦162-163頁「作戦計画」
  63. ^ 戦史叢書29 1969, pp. 248-249ミッドウェー作戦不成功に伴う聯合艦隊及び第五艦隊司令部等の作戦指導
  64. ^ 戦史叢書29 1969, pp. 258-260第一次邀撃作戦
  65. ^ 戦史叢書80巻445-446頁「離脱後の作戦指導」
  66. ^ 戦史叢書29 1969, p. 260.
  67. ^ 昭和17年7月14日(発令7月14日付)海軍辞令公報(部内限)第899号 p.50』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086200 
  68. ^ a b 昭和17年7月14日(発令7月14日付)海軍辞令公報(部内限)第899号 pp.1-2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086300 
  69. ^ 昭和17年7月22日(水)海軍公報(部内限)第4148号 p.38』 アジア歴史資料センター Ref.C12070413300 「○旗艦變更 第三艦隊司令長官ハ七月二十日旗艦ヲ翔鶴ニ變更セリ|○残務整理 第五航空戰隊司令部残務整理事務所ヲ呉海兵團内ニ設置セリ 追テ郵便物發送先ハ 呉海兵團気付 瑞鶴司令部残務整理委員宛」
  70. ^ 昭和17年8月17日(月)海軍公報(部内限)第4170号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C12070413700 「○事務所撤去 第五航空戰隊残務整理事務所ハ八月十五日撤去セリ 追テ自今特ニ必要書類ハ左ニ送付相成度 横須賀海軍航空隊氣付 海軍少佐 大谷藤之助(第五航空戰隊残務整理員)」
  71. ^ a b 戦史叢書45巻44-46頁「航空兵力の緊急再建案」
  72. ^ a b 戦史叢書45巻50-51頁「七月初頭における作戦指導方針概案」
  73. ^ #海軍航空部隊編制p.12「 17-7-1 GF|(×)1AF|5Sf|瑞鶴/翔鶴|各C×27 B×27 O×18/瑞鳳|C×12 O×6 」

参考文献編集

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年4月(4)』。Ref.C12070162400。
    • 『昭和16年度(1941) 帝国海軍戦時編制(案)昭和10年2月12日』。Ref.C14121165400。
    • 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度帝国海軍戦時編制/附表』。Ref.C14121196200。
    • 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度戦時駆逐隊・潜水隊・水雷隊・掃海隊・驅潛隊・通信隊・航空隊編制予定表 昭和17年度警備隊・防備隊附属艦艇及防備機関編制予定表 昭和17年度戦時艦船飛行機搭載予定表/第1表~第9表』。Ref.C14121196500。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/7駆隊機密第27号の22 第7駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120978900。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/漣機密第5号の2 駆逐艦漣支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120991500。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/横鎮残務整理機密第3号の254 駆逐艦朧支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120991400。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/秋雲機密第8号の2 駆逐艦秋雲支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120991300。
    • 『第5航空戦隊戦時日誌(作戦及一般之部)昭和17年4月/1.経過』。Ref.C13120037200。
    • 『第5航空戦隊戦時日誌(作戦及一般之部)昭和17年5月/1.経過』。Ref.C13120038500。
  • 『世界の艦船 1994年11月号増刊 No.489 新版・連合艦隊華やかなりし頃』海人社
  • 福井静夫福井静夫著作集-軍艦七十五年回想記第七巻 日本空母物語』光人社、1996年8月。ISBN 4-7698-0655-8
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 北東方面海軍作戦』第29巻、朝雲新聞社、1969年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 ミッドウェー海戦』第43巻、朝雲新聞社、1971年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<6> ―第三段作戦後期―』第45巻、朝雲新聞社、1970年4月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南東方面海軍作戦<1> ガ島奪還作戦開始まで』第49、朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<2> ―昭和17年6月まで―』第80巻、朝雲新聞社、1975年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 本土方面海軍作戦』第85巻、朝雲新聞社、1975年6月。
  • 『歴史街道』2001年9月特別増刊号『真珠湾攻撃』PHP研究所

関連項目編集