メインメニューを開く

第62回ベルリン国際映画祭

第62回ベルリン国際映画祭は、2012年2月9日から19日までの開催された。

第62回ベルリン国際映画祭
オープニングマリー・アントワネットに別れをつげて
会場 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
創設 1951年
賞名 金熊賞
期間 2012年2月9日 - 19日
ウェブサイト http://www.berlinale.de

審査員長はマイク・リーが務めた[1]。2011年12月19日に上映作品の内、5本が発表された[2]名誉金熊賞はアメリカ合衆国の女優であるメリル・ストリープに贈られた[3]。オープニング作品はブノワ・ジャコ監督の『マリー・アントワネットに別れをつげて』である[4]

審査員編集

コンペティション部門編集

以下の作品が金熊賞と銀熊賞を争った[6]

日本語題 原題 監督 製作国
Aujourd'hui アラン・ゴミ   フランス  セネガル
東ベルリンから来た女 Barbara クリスティアン・ペツォールト   ドイツ
塀の中のジュリアス・シーザー Cesare deve morire パオロ・タヴィアーニ
ヴィットリオ・タヴィアーニ
  イタリア
囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件 Captive ブリランテ・メンドーサ   フィリピン  フランス  ドイツ
フリア よみがえり少女 Dictado アントニオ・カバリアス   スペイン
À moi seule フレデリック・ヴィド   フランス
マリー・アントワネットに別れをつげて Les adieux à la reine ブノワ・ジャコ   フランス  スペイン
Was bleibt ハンス=クリスティアン・シュミット   ドイツ
Jayne Mansfield's Car ビリー・ボブ・ソーントン   アメリカ合衆国  ロシア
Csak a szél ベンス・フリーガウフ   ハンガリー  ドイツ  フランス
Gnade マティアス・グラスナー   ドイツ  ノルウェー
Metéora スピロス・スタソロプロス   ギリシャ  ドイツ
動物園からのポストカード Kebun binatang エドウィン   インドネシア  ドイツ
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 En kongelig affære ニコライ・アーセル   デンマーク  チェコ  ドイツ  スウェーデン
シモンの空 L'enfant d'en haut ウルスラ・メイヤー   スイス  フランス
熱波 Tabu ミゲル・ゴメス   ポルトガル  ドイツ  ブラジル  フランス
魔女と呼ばれた少女 Rebelle キム・グエン   カナダ
Bai lu yuan ワン・チュアンアン   中国

コンペティション外編集

パノラマ部門編集

日本語題 原題 監督 製作国
10+10 侯孝賢、Wang Toon、呉念真シルヴィア・チャン、Chen Guo-fu、魏徳聖、Chung Meng-hung、チャン・ツォーチアーヴィン・チェン、Yang Ya-che   中華民国
La mer à l'aube フォルカー・シュレンドルフ   フランス  ドイツ
サバイビング・モロッコ Death for Sale フォージ・ベンサイーディ英語版   ベルギー  フランス  モロッコ  ドイツ  アラブ首長国連邦
Dollhouse Kirsten Sheridan   アイルランド
Elles Malgoska Szumowska   フランス  ポーランド  ドイツ
Varanasi Jeon Kyu-hwan   韓国
Fon tok kuen fah ペンエーグ・ラッタナルアーン   タイ  フランス
怒れ!憤れ!ステファン・エセルの遺言 Indignados トニー・ガトリフ   フランス
Keep the Lights On Ira Sachs   アメリカ合衆国
Kuma Umut Dag   オーストリア
Leave It on the Floor Sheldon Larry   アメリカ合衆国  カナダ
L'âge atomique Héléna Klotz   フランス
Hotboy nổi loạn và câu chuyện về thằng Cười, cô gái điếm và con vịt Vũ Ngọc Đãng   ベトナム
Mommy Is Coming Cheryl Dunye   ドイツ
マイウェイ 12,000キロの真実 마이웨이 カン・ジェギュ   韓国
Parada Srđan Dragojević   セルビア  クロアチア  北マケドニア  スロベニア
Die Wand Julian Roman Pölsler   オーストリア  ドイツ
Wilaya Pedro Pérez Rosado   スペイン
The Woman Who Brushed Off Her Tears Teona Strugar Mitevska   北マケドニア  ドイツ  スロベニア  ベルギー
Xingu Cao Hamburger   ブラジル

受賞結果編集

金熊賞: 『塀の中のジュリアス・シーザー』 - パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ

銀熊賞

名誉金熊賞

クリスタル・ベア賞

  • Generation Kplus: Arcadia - オリヴィア・シルヴァー監督
  • Generation 14plus: 『沈黙の夜』 Night of Silence - レイス・セリック監督

国際批評家連盟

  • コンペティション部門: Tabu - ミゲル・ゴメス監督
  • パノラマ部門: Atomic Age - Héléna Klotz監督
  • フォーラム部門: Hemel - Sacha Polak監督

金熊賞(短編部門): Rafa - João Salaviza監督

参考文献編集

  1. ^ UK director Mike Leigh to head Berlin film jury”. Yahoo. 2011年12月11日閲覧。
  2. ^ First Films for the Competition and Berlinale Special”. berlinale.de (2011年12月19日). 2011年12月19日閲覧。
  3. ^ Berlin Film Festival to honour Meryl Streep”. BBC (2012年1月4日). 2012年1月4日閲覧。
  4. ^ Marie Antoinette drama to open Berlin Film Festival”. BBC (2012年1月5日). 2012年1月5日閲覧。
  5. ^ Berlinale 2012: International Jury”. berlinale.de (2011年12月19日). 2011年12月21日閲覧。
  6. ^ Press Release, 9th Jan”. berlinale.de (2012年1月9日). 2012年1月9日閲覧。

外部リンク編集