メインメニューを開く

第9回全国中等学校優勝野球大会(だい9かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1923年8月16日から20日の間、兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)の鳴尾球場で行われた全国中等学校優勝野球大会である。

日本の旗 第9回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1923年8月16日 - 8月20日
出場校 19校
参加校数 243校
優勝校 甲陽中兵庫、初優勝)
試合数 18試合
大会本塁打 3本塁打
 < 19221924 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

この年から、大会優勝校に真紅の大優勝旗のレプリカを渡すこととなり、過去にさかのぼって優勝校に渡された[1]。本大会より、台湾が参加する。また、朝鮮代表の徽文高普は、選手全員が朝鮮人のチームで、これは最初で最後のことだった[2]


出場校編集

試合結果編集

1回戦編集

  • 新潟商 2 - 1 明星商
  • 甲陽中 8 - 2 宇都宮商
  • 早稲田実 5 - 1 横浜商

2回戦編集

  • 立命館中 23 - 4 台北一中
  • 松江中 9 - 3 仙台一中
  • 広陵中 12 - 7 新潟商
  • 和歌山中 9 - 2 金沢商
  • 甲陽中 3 - 2 松山商
  • 徽文高普 9 - 4 大連商
  • 早稲田実 6 - 4 愛知一中(延長11回)
  • 函館商 6 - 5 佐賀中

準々決勝編集

  • 甲陽中 6 - 1 早稲田実
  • 和歌山中 8 - 2 広陵中
  • 松江中 5 - 4 函館商
  • 立命館中 7 - 5 徽文高普

準決勝編集

  • 甲陽中 13 - 5 立命館中
  • 和歌山中 7 - 3 松江中

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
甲陽中 0 0 0 4 0 0 0 0 1 5
和歌山中 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
  1. (甲) : 宇井 - 岡田
  2. (和) : 田島 - 由良
  3. 審判:球審…河野、塁審…加藤・富樫・蘆田

大会本塁打編集

  • 第1号:藤本定義(松山商)
  • 第2号:岡田貴一(甲陽中)
  • 第3号:渡辺勝次(佐賀中)

脚注編集

  1. ^ アサヒグラフ増刊1978.8.1号『熱球にかけた青春の記録 甲子園大会60年の歩み』
  2. ^ 最初で最後、朝鮮人チーム第9回大会

外部リンク編集