メインメニューを開く

第91回選抜高等学校野球大会(だい91かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2019年(平成31年)3月23日から4月3日まで阪神甲子園球場で開催された選抜高等学校野球大会である。平成最後の甲子園大会[1]

日本の旗 第91回選抜高等学校野球大会
試合日程 2019年3月23日 - 4月3日
出場校 32(一般枠・神宮枠:29、21世紀:3)校
優勝校 東邦愛知、30年ぶり5回目)
試合数 31試合
開会式司会 入場行進:橋本由紀(大分・大分舞鶴
式典:赤瀬智咲(広島・呉三津田
入場行進曲世界に一つだけの花」(SMAP
どんなときも。」(槇原敬之
国歌独唱 菅谷茉友(千葉・幕張総合
選手宣誓 秋山功太郎(広陵
始球式 柴山昌彦文部科学大臣
閉会式司会 矢嶋桃子(北海道・札幌北
大会本塁打 19本塁打
 < 20182020 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

日程編集

  • 2018年平成30年)
    • 9月19日 - 第1回の大会運営委員会が開かれる。公式日程について2019年(平成31年)1月25日に出場校選考委員会を開催して出場校を選出すること、大会日程について組み合わせ抽選会を同年3月15日に実施し、本大会を3月23日から12日間(準々決勝と準決勝の間の休養日を含む)とすることをそれぞれ決定した[2]
    • 11月13日 - 第49回明治神宮野球大会高校の部・決勝戦が行われ、札幌大谷が初優勝。北海道地区の一般選考における出場枠増枠が決定。
  • 2019年(平成31年)
    • 1月9日 - 運営委員会で入場料金の改定が決定し、最高額は中央特別席が2500円。外野席の無料は継続。また入場行進曲が『世界に一つだけの花』に『どんなときも。』を組み入れたメドレーに決定した[3]
    • 1月25日 - 出場校選考委員会にて出場32校を選出。
    • 3月15日 - 組み合わせ抽選会。
    • 3月18日・19日・20日 - 出場校による甲子園練習[注 1]
    • 3月23日 - 開会式。
    • 4月3日 - 決勝戦。閉会式。

選出校編集

地区 選出校 出場回数
北海道 札幌大谷 北海道 初出場
札幌第一 北海道 2年ぶり3回目
東北 八戸学院光星 青森 3年ぶり10回目
盛岡大付 岩手 2年ぶり5回目
関東 春日部共栄 埼玉 22年ぶり3回目
習志野 千葉 10年ぶり4回目
桐蔭学園 神奈川 16年ぶり6回目
横浜 神奈川 5年ぶり16回目
山梨学院 山梨 5年ぶり3回目
東京 国士舘 東京 10年ぶり9回目
東海 東邦 愛知 2年連続30回目
津田学園 三重 17年ぶり3回目
北信越 星稜 石川 2年連続13回目
啓新 福井 初出場
近畿 龍谷大平安 京都 3年ぶり41回目
福知山成美 京都 5年ぶり3回目
履正社 大阪 2年ぶり8回目
明石商 兵庫 3年ぶり2回目
智弁和歌山 和歌山 2年連続13回目
市和歌山 和歌山 3年ぶり6回目
地区 選出校 出場回数
中国 広陵 広島 6年ぶり24回目
広島 2年ぶり2回目
米子東 鳥取 23年ぶり9回目
四国 高松商 香川 3年ぶり27回目
松山聖陵 愛媛 2年連続2回目
九州 筑陽学園 福岡 初出場
明豊 大分 10年ぶり3回目
大分 大分 初出場
日章学園 宮崎 初出場
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
関東 石岡一 茨城 初出場
四国 富岡西 徳島 初出場
九州 熊本西 熊本 初出場

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月23日(1):延長11回            
 呉 2
3月28日(2)
 市和歌山 3x  
 市和歌山 6
3月23日(2)
   高松商 2  
 高松商 8
3月31日(1)
 春日部共栄 0  
 市和歌山 3
3月23日(3)
   習志野 4  
 履正社 0
3月28日(3)
 星稜 3  
 星稜 1
3月24日(1)
   習志野 3  
 日章学園 2
4月2日(1)
 習志野 8  
 習志野 6
3月24日(2)
   明豊 4
 明豊 13
3月29日(1)
 横浜 5  
 明豊 2
3月24日(3)
   札幌大谷 1  
 米子東 1
3月31日(2):延長11回
 札幌大谷 4  
 明豊 1x
3月25日(1):延長11回
   龍谷大平安 0  
 津田学園 0
3月29日(2)
 龍谷大平安 2  
 龍谷大平安 9
3月25日(2):延長11回
   盛岡大付 1  
 盛岡大付 3x
 石岡一 2  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(3)            
 山梨学院 24
3月29日(3)
 札幌第一 5  
 山梨学院 2
3月26日(1)
   筑陽学園 3  
 筑陽学園 3
3月31日(3)
 福知山成美 2  
 筑陽学園 2
3月26日(2)
   東邦 7  
 広陵 2
3月30日(1)
 八戸学院光星 0  
 広陵 2
3月26日(3)
   東邦 12  
 富岡西 1
4月2日(2)
 東邦 3  
 東邦 4
3月27日(1)
   明石商 2
 明石商 7
3月30日(2)
 国士舘 1  
 明石商 13
3月27日(2)
   大分 4  
 松山聖陵 1
3月31日(4)
 大分 4  
 明石商 4x
3月27日(3)
   智弁和歌山 3  
 啓新 5
3月30日(3):[注 2]
 桐蔭学園 3  
 啓新 2
3月28日(1)
   智弁和歌山 5  
 熊本西 2
 智弁和歌山 13  

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
習志野 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
東邦 3 0 0 0 2 0 0 1 X 6 8 0
  1. (習) : 山内、飯塚 - 兼子
  2. (東) : 石川 - 成沢
  3. 審判:球審…田中、塁審…堅田・前坂・永井
  4. 試合時間:1時間30分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:吉原大稀(横浜)
  • 第2号:北本壮一朗(札幌大谷)
  • 第3号:菅野秀斗(山梨学院)
  • 第4号:野村健太(山梨学院)
  • 第5号:野村健太(山梨学院)
  • 第6号:東妻純平(智弁和歌山)
2回戦
  • 第7号:緒方隆之介(市和歌山)
  • 第8号:兼子将太朗(習志野)
  • 第9号:石川昂弥(東邦)
  • 第10号:岡田光(明石商)
  • 第11号:中森俊介(明石商)
準々決勝
  • 第12号:来田涼斗(明石商)
  • 第13号:来田涼斗(明石商)
準決勝
  • 第14号:表悠斗(明豊)
  • 第15号:櫻井亨佑(習志野)
  • 第16号:吉納翼(東邦)
  • 第17号:安藤碧(明石商)
決勝
  • 第18号:石川昂弥(東邦)
  • 第19号:石川昂弥(東邦)


記録編集

いずれも今大会終了時点における記録

チーム記録編集

記録 記録校 対戦校 補足
1試合最多安打 24 山梨学院 1回戦・札幌第一戦 大会タイ記録(2度目)

個人記録編集

記録 選手名 所属校 対戦校 補足
1試合最多本塁打 2 野村健太 山梨学院 1回戦・札幌第一戦 大会タイ記録(23人目)
来田涼斗 明石商 準々決勝・智弁和歌山戦[注 3] 大会タイ記録(24人目)
石川昂弥 東邦 決勝・習志野戦 大会タイ記録(25人目)
大会最多本塁打 3 石川昂弥 東邦 - 大会タイ記録(11人目)

応援団賞編集

最優秀賞 富岡西
優秀賞 習志野
桐蔭学園
東邦
履正社
米子東

脚注編集

注釈
  1. ^ 19日は雨天のため室内練習場での練習と甲子園球場の見学となった[4]
  2. ^ 2回裏終了後に降雨による1時間50分の中断あり
  3. ^ 1本目は先頭打者本塁打。2本目はサヨナラ本塁打。これは春夏通じて初。
出典

関連項目編集

外部リンク編集