メインメニューを開く

箱崎九大前駅

日本の福岡県福岡市東区にある福岡市交通局の駅

箱崎九大前駅(はこざききゅうだいまええき)は、福岡県福岡市東区箱崎三丁目にある福岡市地下鉄箱崎線。旧西鉄福岡市内線(正式には宮地岳線)の箱崎松原駅の直下に位置する。駅番号H06

箱崎九大前駅
Hakozakikyudaimae FukuokaSubway.jpg
2番出入口(2008年7月)
はこざききゅうだいまえ
Hakozakikyūdaimae
(Hakozaki Kyushu University)
H05 箱崎宮前 (0.8km)
(1.0km) 貝塚 H07
所在地 福岡市東区箱崎三丁目
駅番号 H06
所属事業者 福岡市交通局
所属路線 箱崎線
キロ程 3.7km(中洲川端起点)
姪浜から11.8km
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,601人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1986年昭和61年)1月31日[1]
テンプレートを表示
駅名標

仮称は「九大西門駅」であったが、九州大学の「西門」は駅から北へ約550m離れた文系地区にある門であり駅直近の門ではないこと(「松原門」が正しい)、また、旧電停の名称である「箱崎松原」[2]も松原が消滅した現在にはそぐわないことから、検討の結果「九大前」バス停からかなり離れていることもあって「箱崎九大前」とした。

駅のシンボルマークは福岡市出身のグラフィックデザイナー、西島伊三雄がデザインしたもので、駅周辺の千代の松原で、枝を九大に因んだ「九」の字に見立てている。

当項目では、かつてほぼ同位置に存在した西鉄福岡市内線(正式には宮地岳線)の箱崎松原駅(停留場)についても記述する。

歴史編集

駅構造編集

地下2階に島式ホーム1面2線を持つ地下駅である。

のりば
乗り場 路線 行先 備考
1  箱崎線 貝塚ゆき
2 中洲川端天神西新姪浜方面 博多福岡空港方面中洲川端で乗り換え

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員3,601人である[3]

近年の1日平均乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 3,159
2002年(平成14年) 3,230
2003年(平成15年) 3,222
2004年(平成16年) 3,146
2005年(平成17年) 3,195
2006年(平成18年) 3,213
2007年(平成19年) 3,165
2008年(平成20年) 3,273
2009年(平成21年) 3,407
2010年(平成22年) 3,504
2011年(平成23年) 3,629
2012年(平成24年) 3,742
2013年(平成25年) 3,820
2014年(平成26年) 3,664
2015年(平成27年) 3,653
2016年(平成28年) 3,513
2017年(平成29年) 3,601

駅周辺編集

駅直上にあったフィットネスクラブが閉店したあとも建物はそのまま残されていたが、後に解体され跡地に分譲マンション「サンリヤン箱崎九大前ステーションレジデンス」が竣工した(2017年)。

西鉄宮地岳線 箱崎松原駅編集

箱崎松原
はこざきまつばら
Hakozakihama
網屋立筋 (0.4km)
(0.5km) 九大中門
所在地 福岡市東区
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 福岡市内線宮地岳線
キロ程 2.3km(千鳥橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年5月13日[4]
廃止年月日 1979年2月10日[5]
テンプレートを表示

相対式のホームを持つ2面2線の停留場で、駅舎は無かった。西鉄福岡市内線全廃(1979年2月10日)に伴い、廃駅となった。

隣の駅編集

  福岡市交通局
  箱崎線
箱崎宮前駅 (H05) - 箱崎九大前駅 (H06) - 貝塚駅 (H07)

かつて存在した路線編集

西日本鉄道
宮地岳線(福岡市内線編入前)
箱崎宮前駅 - 箱崎松原駅 - 西鉄多々良駅(貝塚駅)
宮地岳線(福岡市内線貝塚線)
網屋立筋 - 箱崎松原駅 - 九大中門

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鉄道ジャーナル』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、 121頁。
  2. ^ ただし、西鉄バスのバス停や箱崎松原郵便局など、2015年現在も「箱崎松原」を名乗るものは存在し続けている
  3. ^ 駅別乗車人員の推移(年度別1日平均) (PDF) - 福岡市交通局
  4. ^ 宮地岳・新博多間」『鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在』鉄道省、川口印刷所出版部、東京府東京市芝区、1937年12月28日、初版、430頁。2019年3月11日閲覧。
  5. ^ 宮地岳線1950年代”. 2019年3月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集