メインメニューを開く

紀元前621年は、西暦ローマ暦)による年。紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元133年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前621年と表記されるのが一般的となった。

世紀 前8世紀 - 前7世紀 - 前6世紀
十年紀 前640年代 前630年代
前620年代
前610年代 前600年代
前624年 前623年 前622年
紀元前621年
前620年 前619年 前618年

他の紀年法編集

できごと編集

中国編集

  • の五軍のうち二軍を廃止した。狐射姑を中軍の将とし、趙盾を中軍の佐としたが、陽処父が両者の地位を入れ替えた。
  • 晋の趙盾が執政をはじめた。
  • 晋の襄公が死去したため、趙盾は公子雍を国君に迎えようとした。
  • 晋の狐射姑がその弟の狐鞫居に命じて陽処父を殺害させた。狐鞫居は殺され、狐射姑は狄に亡命した。

誕生編集

死去編集

脚注編集