メインメニューを開く

細谷 将司(ほそや まさし、1989年10月2日 - )は、神奈川県出身のバスケットボール選手である。ポジションはポイントガード。身長173cm、体重72kg。B.LEAGUEの秋田ノーザンハピネッツ所属。

細谷 将司
MASASHI Hosoya
2019-05-19 横浜ビー・コルセアーズ帰湊式IMG 0480.jpg
2019年05月19日 撮影
秋田ノーザンハピネッツ  No.6
ポジション PG
背番号 6
身長 173cm (5 ft 8 in)
体重 72kg (159 lb)
基本情報
愛称 マーシー、マサシ
ラテン文字 MASASHI Hosoya
日本語 細谷 将司
誕生日 (1989-10-02) 1989年10月2日(30歳)
日本の旗 日本
出身地 神奈川県
ドラフト  
選手経歴
2012-2014
2014-2015
2015-2016
2016-2019
2019-
TGI D-RISE
兵庫ストークス
サイバーダインつくばロボッツ
横浜ビー・コルセアーズ
秋田ノーザンハピネッツ

来歴編集

二宮町立一色小学校ではサッカーに打ち込んでいたが、進学した二宮町立二宮西中学校にはサッカー部がなかったため、兄の影響もありバスケットボール部に入部した[1]。中学時代は身長も平均より高かったこともあり、主に3,4番でプレイしていた[2]。中学、高校時代は県大会ベスト16が最高成績で[1]目立った成績は残せなかった上に、家庭の事情もあり高校卒業時にバスケをやめざるを得ない環境だったが、関東学院大学のスポーツ推薦トライアルに合格し、大学でもバスケを続けることができた[2]。大学ではなかなか試合への出場機会を得られず、長い出場時間を得ることができたのは4年の秋になってからだった[2]。大学卒業時にプロチームからのオファーは無かったが、4年次のプレイを視察していた葵企業株式会社からの勧誘があり、安定した仕事に就いて家族を安心させようと一般企業である葵企業に入社して同社のバスケットボール部に入部した。しかしプロへの道を諦めきれず、就職してわずか3ヶ月でTGI D-RISEのトライアウトを受け合格[2]。チームとの契約を結んだ[3]。 2014-15シーズンは兵庫ストークスと契約したが十分な試合出場時間は得られず、2015-16シーズンは、サイバーダインつくばロボッツと契約した。2016年、横浜ビー・コルセアーズに移籍[4]

2016-17シーズン開幕直後は山田謙治の控えだったが、初スタメンの2016年10月9日三遠ネオフェニックス戦で、いきなりチーム記録である1試合39得点を記録した事により評価が急上昇。残りのシーズンは不動のレギュラーとして出場を続けた。12月には初の日本代表候補にも選出された[5]

2017-18シーズンには、同ポジションに世代別の日本代表経験を有するドミニカン大学カリフォルニア校の田渡凌が加入したことにより、細谷の出番の減少が危ぶまれたがシーズンを通してレギュラーを守り続けた。

2018-19シーズンは、開幕直後はレギュラーだったが4試合目からは田渡にスターターを譲り渡したが、横浜がダブルガードをオプションとしたことでシックスマンとして出場を続け、2018年11月7日の三遠戦でB1通算1000得点を達成した。12月9日の川崎ブレイブサンダース戦後に頭痛を発症したため、脳震盪の疑いによりBリーグが定める段階的復帰プログラムをクリアするまでの欠場[6]が発表されたが、3日後の15日から試合に復帰している。しかし、シーズン終盤に入るとレギュラーの田渡に加えて、法政大学からの特別指定選手である日本代表候補 中村太地ともプレー時間を分け合う事になったこと、また怪我の影響もありシーズン終盤には出場時間を大きく減らした。

2019年6月に秋田ノーザンハピネッツへの移籍が発表された[7]

経歴編集

  • 神奈川県立秦野南が丘高等学校(2005年〜2008年) - 関東学院大学(2008年〜2012年) - TGI・Dライズ(2012年〜2014年)- 兵庫ストークス(2014年〜2015年)- つくばロボッツ(2015年〜2016年)- 横浜ビー・コルセアーズ(2016年〜2019年) - 秋田ノーザンハピネッツ(2019年~)

人物編集

バスケットボールプレイヤーとしての特徴編集

  • 2018-19シーズンにおけるB1のポイントガードの平均身長は178.5cmであり、173cmの細谷はポイントガードの中でも低身長である。
  • 攻撃における細谷の最大の武器はドライブであり、相手がシュートブロックで詰めてきたところを、急加速で一気にインサイドへ切り込んでにレイアップで得点する。細谷は体が小さくファール無しでは止めにくい上に、体幹とフィジカルも強いため、多少のディフェンスとの接触があってもシュートまでもってゆける事も、細谷の高得点能力における理由の一つである[8]
  • ドライブからのキックアウトも細谷の武器であり、ドライブでディフェンスを引きつけながら、ウィングにアシストパスを出すコンビネーションを得意としている。また必ずしも確率は高くないが勝負所でのスリーポイントシュートを決めることができるクラッチシューターでもある[8]
  • 反面、試合ごとに調子にムラがあり、調子が上がらない試合での消極性や守備能力の不足、大事な場面でのミスが問題になる事もある。2017-18 B1残留プレーオフ2回戦の残り36秒、僅差で逃げ切りを図っていたチームで、細谷が不用意なパスカットをされた際には解説の河内敏光から、「何をやってるんだ!細谷は!」と声を荒げての苦言を呈された。

その他編集

  • 尊敬するプレイヤーは田臥勇太で、TGI・Dライズ時代にはトップチームで活躍する田臥に多くの教えを受けた事から、田臥とは今も師弟関係にある。なお、田臥も細谷と同じPGで同じ身長(173cm)である[2]
  • 細谷自身、学生時代に目立った成績を残せず、また低身長だったこともあり、「お前には(バスケットボールを続けるのは)無理だ」と言われ続けて来たことから、「高い目標をもって、諦めずに努力していけば、必ずチャンスが来る」という強い信念を持ち続けることが大事と度々口にしている[2]
  • 実業団チームを持つ葵企業に入社後も、プロバスケ選手への夢を捨てきれない細谷だったが、上司から仕事中に呼び出され「プロになりたかったんじゃないのか」「トライアウトを受けて、受かったらプロになれ。落ちたら葵企業で一生働くことを約束しろ」との檄を受けて、TGI D-RISEのトライアウト挑戦を決意した[8]
  • 小学校時はサッカーをしていたが、利き足は左で、ポジションはゴールキーパーとフィールドプレイヤーの二刀流をこなしていた[2]
  • 横浜ビー・コルセアーズ時代の選手紹介
2016-17 「山椒小粒でピリリと辛い キュキュッと ズバッとシュパッと細谷」[9]
2017-18 「電光石火の海賊KID 行く手を阻む者はゼロ! No.0 マーシー ホソヤ」[10]
2018-19 「進化を続ける海賊KID キレキレコクが増し増し No.0 マーシー細谷」[11]

記録編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
JBL2 2012-13 TGI・Dライズ
JBL2 2013-14 32 31 35.2 .397 .354 .805 0.3 3.4 0.8 0.1 3.4 16.9
NBL 2014-15 兵庫 52 8 13.0 .319 .269 .875 0.1 0.7 0.2 0.0 0.6 3.1
NBL 2015-16 つくば 53 35 24.9 .393 .335 .771 0.3 2.2 0.5 0.0 1.8 8.2
B1 2016-17 横浜 56 42 26.8 .405 .364 .782 0.4 2.3 0.6 0.1 1.3 7.1
B1 2017-18 58 47 23.2 .398 .356 .857 0.2 3.3 0.7 0.0 1.3 7.1
B1 2018-19 55 8 19.9 .404 .353 .763 1.4 2.2 0.5 0.0 1.1 7.2

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 特集1 第2回 さむかわの若武者”. 寒川町役場 (2018年9月28日). 2018年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g U175 細谷将司| バスケットボールスピリッツvol.26”. 株式会社アートグラフィック新潟 (2018年11月4日). 2018年10月31日閲覧。
  3. ^ 2012-2013シーズン 細谷将司選手 新規入団決定のご報告”. リンク栃木ブレックス (2012年6月15日). 2014年4月26日閲覧。
  4. ^ “細谷将司選手 契約基本合意のお知らせ”. http://b-corsairs.com/news/team_20160711-1.html 2016年7月11日閲覧。 
  5. ^ 細谷将司選手、川村卓也選手 バスケットボール男子日本代表チーム ・日本代表候補重点強化選手 選出のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ (2016年12月7日). 2019年4月26日閲覧。
  6. ^ “細谷 将司選手 負傷に関するお知らせ”. (2018年12月12日). https://b-corsairs.com/news/team_20181212_1/ 2018年12月13日閲覧。 
  7. ^ 【新入団】細谷将司選手 契約合意のお知らせ” (2019年6月10日). 2019年6月10日閲覧。
  8. ^ a b c 全くの無名から横浜のスタメンまでのし上がった男、細谷将司選手のプレー3つの魅力| HOOPS JAPAN BASKETBALL MEDIA”. WordPress Theme (2018年3月17日). 2018年11月4日閲覧。
  9. ^ We are B-CORSAIRS 2016-17 / Eyes'
  10. ^ We are B-CORSAIRS 2017-18 / Eyes'
  11. ^ 横浜ビー・コルセアーズ ゲームデーインフォメーション 月刊海賊 2018/10

関連項目編集

外部リンク編集