メインメニューを開く

B.LEAGUE 2017-18は、2017年9月29日から2018年5月7日まで、日本各地で行われたジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグが運営開催するプロバスケットボールリーグであるB.LEAGUE(Bリーグ)の第2回目のシーズンである。

B.LEAGUE 2017-18
運営法人 JPBL
リーグ B.LEAGUE(Bリーグ)
競技 バスケットボール
期間 2017年9月29日 - 2018年5月7日
試合数 B1/B2:自地区30試合/他地区30試合
チーム数 B1/B2:18チーム(3地区各6チーム)
        B1        
東地区優勝       千葉ジェッツ      (初)
中地区優勝      シーホース三河     (中地区初、通算2回目)
西地区優勝    琉球ゴールデンキングス    (初)
シーズンMVP 比江島慎(三河)
 B1 スタッツリーダー
得点王 ダバンテ・ガードナー英語版(新潟)
アシスト王 宇都直輝(富山)
リバウンド王 ニック・ファジーカス(川崎)
ブロック王 ハシーム・サビート(横浜)
スティール王 マイケル・パーカー(千葉)
3PT成功率 喜多川修平(栃木)
FT成功率 金丸晃輔(三河)
 B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18 
チャンピオン      アルバルク東京      (初)
準優勝       千葉ジェッツ      
FINAL MVP 田中大貴(A東京)
   B2   
B2東地区優勝    秋田ノーザンハピネッツ   (初)
B2中地区優勝  ファイティングイーグルス名古屋 (初)
B2西地区優勝   ライジングゼファーフクオカ  (初)
B2シーズンMVP 田口成浩(秋田)
 B2 スタッツリーダー
得点王 チェハーレス・タプスコット(愛媛)
アシスト王 古野拓巳(熊本)
リバウンド王 レジナルド・ウォーレン(香川)
ブロック王 カディーム・コールビー(秋田)
スティール王 中山拓哉(秋田)
3PT成功率 福澤晃平(FE名古屋)
FT成功率 田口成浩(秋田)
プレーオフ
B2優勝   ライジングゼファーフクオカ  (初)
B2準優勝    秋田ノーザンハピネッツ   (初)
B2 FINAL MVP ジョシュ・ペッパーズ(福岡)
昇格/降格
昇格 秋田ノーザンハピネッツライジングゼファー福岡 (B1)
東京八王子トレインズ (B2)
降格 島根スサノオマジック西宮ストークス (B2)
岩手ビッグブルズ (B3)
シーズン

目次

概要編集

B.LEAGUE 2017-18」はB.LEAGUEの2年目のシーズン。島根スサノオマジック西宮ストークスがB2からB1に、ライジングゼファー福岡金沢武士団がB3からB2にそれぞれ昇格した。

レギュレーション編集

B1・B2とも、レギュラーシーズンとポストシーズンにより優勝を争う。

レギュラーシーズンはB1・B2とも18クラブを6クラブ×3地区に分け、毎週末の同一カード・同一会場での2連戦を原則として、自地区のクラブ同士で各クラブ30試合(対5クラブ×6回戦)、他地区のクラブ同士で30試合(対12クラブ×2回戦と、3クラブとはさらに2回戦)の計60試合を戦い、勝率により順位を決定する。前シーズンとは自地区戦・他地区戦の振り分けが変更になり、自地区同士の対戦回数が均等化された。

ポストシーズンは、B1は各地区上位2チーム+ワイルドカード2チームの計8チームによるノックアウトトーナメント「B.LEAGUEチャンピオンシップ」を実施。B2リーグは各地区上位1チーム+ワイルドカード1チームの計4チームによるノックアウトトーナメント「B2プレーオフ」を実施。両ディビジョン間の入れ替えは最大3チーム(自動昇降格2チーム+入れ替え戦)で行われる。

参加チーム編集

2017-18シーズン参加チーム[1]

B1編集

地区 チーム名 略称 ホームタウン ホームアリーナ ユニフォームサプライヤー 2016-17所属 備考
東地区 レバンガ北海道 北海道 北海道札幌市 北海きたえーる Mizuno B1東
栃木ブレックス 栃木 栃木県宇都宮市 ブレックスアリーナ宇都宮 UNDER ARMOUR B1東
千葉ジェッツ 千葉 千葉県船橋市 船橋アリーナ UNDER ARMOUR B1東
アルバルク東京 A東京 東京都渋谷区 国立代々木競技場第二体育館 adidas B1東
サンロッカーズ渋谷 SR渋谷 東京都渋谷区 青山学院記念館 Champion B1中
川崎ブレイブサンダース 川崎 神奈川県川崎市 川崎市とどろきアリーナ asics B1中
中地区 横浜ビー・コルセアーズ 横浜 神奈川県横浜市 横浜国際プール SPALDING B1中
新潟アルビレックスBB 新潟 新潟県長岡市 シティホールプラザアオーレ長岡 フープスター・サカイ B1中
富山グラウジーズ 富山 富山県富山市 富山市総合体育館 IN THE PAINT B1中
三遠ネオフェニックス 三遠 愛知県豊橋市 豊橋市総合体育館 EGOZARU B1中
シーホース三河 三河 愛知県刈谷市 ウィングアリーナ刈谷 CONVERSE B1西
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 名古屋D 愛知県名古屋市 愛知県体育館 asics B1西
西地区 滋賀レイクスターズ 滋賀 滋賀県大津市 ウカルちゃんアリーナ IN THE PAINT B1西
京都ハンナリーズ 京都 京都府京都市 ハンナリーズアリーナ Hummel B1西
大阪エヴェッサ 大阪 大阪府大阪市 府民共済SUPERアリーナ SPALDING B1西
西宮ストークス 西宮 兵庫県西宮市 西宮市立中央体育館 IN THE PAINT B2中
島根スサノオマジック 島根 島根県松江市 松江市総合体育館 IN THE PAINT B2西
琉球ゴールデンキングス 琉球 沖縄県沖縄市 沖縄市体育館 UNDER ARMOUR B1西

B2編集

地区 チーム名 略称 ホームタウン ホームアリーナ ユニフォームサプライヤー 2016-17所属 備考
東地区 青森ワッツ 青森 青森県青森市 マエダアリーナ Mizuno B2東
岩手ビッグブルズ 岩手 岩手県盛岡市 盛岡タカヤアリーナ Team Five B2東
仙台89ERS 仙台 宮城県仙台市 カメイアリーナ仙台 asics B1東
秋田ノーザンハピネッツ 秋田 秋田県秋田市 CNAアリーナ★あきた UNDER ARMOUR B1東
山形ワイヴァンズ 山形 山形県天童市 山形県総合運動公園総合体育館 オンザコート B2東
福島ファイヤーボンズ 福島 福島県郡山市 郡山総合体育館 ブルファイト B2東
中地区 茨城ロボッツ 茨城 茨城県水戸市 水戸市青柳公園市民体育館 バイオレーラ B2東
群馬クレインサンダーズ 群馬 群馬県前橋市 ヤマト市民体育館前橋 MUNTER B2東
アースフレンズ東京Z 東京Z 東京都大田区 大田区総合体育館 MUNTER B2中
金沢武士団 金沢 石川県金沢市 金沢市総合体育館 丸井織物 B3
信州ブレイブウォリアーズ 信州 長野県千曲市 千曲市戸倉体育館 macron B2中
Fイーグルス名古屋 FE名古屋 愛知県名古屋市 名古屋市枇杷島スポーツセンター IN THE PAINT B2中
西地区 バンビシャス奈良 奈良 奈良県奈良市 ならでんアリーナ アクラム B2中
広島ドラゴンフライズ 広島 広島県広島市 広島サンプラザホール Basketball junky B2西
香川ファイブアローズ 香川 香川県高松市 高松市総合体育館 フープスター・サカイ B2西
愛媛オレンジバイキングス 愛媛 愛媛県松山市 松山市総合コミュニティセンター UPSET B2西
ライジングゼファー福岡 福岡 福岡県福岡市 福岡市民体育館
北九州市立総合体育館
Quval B3
熊本ヴォルターズ 熊本 熊本県熊本市 熊本県立総合体育館 UNDER ARMOUR B2西

オールスター編集

概要編集

B.LEAGUE 2017-18のオールスターは2018年1月14日に熊本県立総合体育館で開催された。

メンバー編集

★:キャプテン

B1 結果編集

B.LEAGUEチャンピオンシップ編集

       B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018
  クォーターファイナル セミファイナル ファイナル
     2018/05/11(金)~05/14(月)              2018/05/18(金)~05/21(月)              2018/05/26(土)      
  1       シーホース三河      77 80 -  
8       栃木ブレックス      63 75 -  
  A       シーホース三河      65 71 -  
 QF  1 ウィングアリーナ刈谷
  B       アルバルク東京      69 73 -  
4       アルバルク東京      82 78 -
  5       京都ハンナリーズ      75 69 -      SF  A ウィングアリーナ刈谷
   QF  4 アリーナ立川立飛           アルバルク東京      85  チャンピオン  -
         千葉ジェッツ       60  準優勝  -
  3     琉球ゴールデンキングス     69 66 17      FINAL  横浜アリーナ
6   名古屋ダイヤモンドドルフィンズ  71 62 12  
C        千葉ジェッツ       74 72 -
 QF  3 沖縄市体育館
  D     琉球ゴールデンキングス     61 64 -  
2        千葉ジェッツ       87 61 22
  7     川崎ブレイブサンダース    65 71 15      SF  C 船橋アリーナ
   QF  2 船橋アリーナ

ファイナル編集

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP FINAL GAME 2018 2018年5月26日(土) 14:05   
     アルバルク東京       85  –  60        千葉ジェッツ       レフェリー: 加藤誉樹/相原伸康/漆間大吾
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点25:アレックス・カーク
アシスト5:田中大貴
リバウンド6:アレックス・カーク
スティール3馬場雄大
FG% : .389
3P% : .273
リバウンド : 33
アシスト : 20
TO : 15
PF : 14
2代目 CHAMPION 
19-18
24-15
18-16
24-11
.277 : FG%
.167 : 3P%
39 : リバウンド
16 : アシスト
17 : TO
17 : PF
 準優勝 
得点16:ギャビン・エドワーズ
アシスト5:富樫勇樹
リバウンド11:ギャビン・エドワーズ
スティール5マイケル・パーカー
横浜アリーナ / 入場者数: 12,005人 / TV:テレビ東京*、FOXスポーツ&エンターテイメント*、NHK、J:COMテレビ*、J SPORTS 4 [1]  

B1個人スタッツリーダー編集

# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 ダバンテ・ガードナー (新潟) 28.7 ニック・ファジーカス (川崎 10.9 宇都直輝(富山) 7.7 マイケル・パーカー(千葉) 1.9
2 ニック・ファジーカス (川崎 25.3 アイザック・バッツ(三河) 10.3 並里成(滋賀) 7.4 マーク・トラソリーニ(北海道) 1.5
3 マーク・トラソリーニ(北海道) 19.0 ライアン・ロシター(栃木) 10.2 五十嵐圭(新潟) 5.6 ドゥレイロン・バーンズ (西宮) 1.5
# ブロックショット 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 %
1 ハシーム・サビート・マンカ(横浜) 2.3 喜多川修平 (栃木) 41.7 金丸晃輔 (三河) 93.2
2 ディオール・フィッシャー(滋賀) 2.2 大塚裕土(富山) 39.7 道原紀晃 (西宮) 90.4
3 ハッサン・マーティン(琉球) 1.4 金丸晃輔 (三河) 39.5 喜多川修平 (栃木) 89.6

B2 結果編集

できごと編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集