メインメニューを開く

統一国民党(とういつこくみんとう、シンハラ語: එක්සත් ජාතික පක්ෂයタミル語: ஐக்கிய தேசியக் கட்சி: United National Party[2], UNP[2])は、スリランカ中道右派政党

スリランカの旗 スリランカ政党
統一国民党
එක්සත් ජාතික පක්ෂය
ஐக்கிய தேசியக் கட்சி
Ranil At UNP Office.jpg
ラニル・ウィクラマシンハ総裁
総裁 ラニル・ウィクラマシンハ
成立年月日 1946年9月6日 (1946-09-06)
本部所在地 Sirikotha, 400 Kotte Road, Pitakotte, Sri Jayawardenapura
国会
106 / 225   (47%)
(2015年)
政治的思想・立場 中道右派[1]
民主的社会主義[注 1][2]
経済自由化[2]
公式サイト United National Party
シンボル      · 象のロゴ
国際組織 国際民主同盟
テンプレートを表示

目次

概要編集

1946年、D. S. セーナーナーヤカ英語版によって結成された。政治理念は中道右派で1948年の独立後、セーナーナーヤカが初代首相を務めるなど、1951年に結成されたスリランカ自由党(SLFP)とスリランカにおける二大政党を形成し、交互に政権を担当した。

1977年の第8回総選挙では168議席中140議席を獲得して圧勝し、ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナが首相に就任、それまで議院内閣制から大統領制半大統領制)に政治体制を移行させ、初代大統領に就任した。1982年の第1回大統領選挙ではジャヤワルダナ大統領が再選、1988年の第2回大統領選挙ではジャヤワルダナ大統領の後継候補であるラナシンハ・プレマダーサが当選した。翌1989年、12年ぶりに行われた第9回総選挙でも全225議席中125議席を獲得して政権を維持する事に成功した。しかし1994年8月の第10回総選挙ではSLFPを中心とした政党「人民連合」(People's Alliance:PA)に破れ、野党に転じた。

近年の動向編集

2001年12月の第12回総選挙ではセイロン労働者会議と政党連合統一国民戦線英語版」を結成して選挙に挑み、109議席を獲得して政権を奪回した。しかし2004年4月2日に行われた第13回総選挙では、225議席中82議席を獲得するに留まり、105議席を獲得した「統一人民自由同盟」(PAと人民解放戦線(JVP)による中道左派政党連合)に与党の座を明け渡した。翌2005年の大統領選挙では元首相で党首のラニル・ウィクラマシンハを擁立したが、SLFPのマヒンダ・ラージャパクサに2%弱の僅差で敗北した。2010年1月の大統領選挙では、タミル・イーラム解放のトラ (LTTE)との内戦終結に貢献した元陸軍司令官であるサラット・フォンセーカをJVPとともに支持したが、現職のラージャパクサに大差で敗れた。また同年4月に行われた総選挙では前回選挙より22議席減の60議席に留まった。

選挙での相次ぐ敗北により、党内では1994年から17年以上も総裁(党首)の座にあるウィクラマシンハに対する批判が強まり、党内選挙を求める声があがった。2011年12月に行われた総裁選挙の結果、ウィクラマシンハが対立候補のカル・ジャヤスリヤを72対24で破って再選を果たした。

2015年1月の大統領選挙では、SLFPを離脱したマイトリーパーラ・シリセーナを支持し僅差での勝利を獲得した。首相に就任したウィクラマシンハの下、与党として臨んだ8月の国会選挙では46議席を獲得する大勝を果たし、第一党への返り咲きも達成した[3]。しかし2018年10月26日、シリセーナはウィクラマシンハを首相から解任し、後任には前大統領のラージャパクサを任命。ウィクラマシンハはなおも自らが首相であると主張し解任について法廷で争う意向を示し[4]、またカル・ジャヤスーリヤ英語版国会議長がウィクラマシンハが首相との認識を表明した[5]。シリセーナは多数派工作に失敗し11月9日に国会を解散し総選挙に打って出たが、国民統一党は解散を認めず法廷で闘う姿勢を示した[6]

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集