メインメニューを開く

上総苅谷藩(かずさかりやはん)は、上総国に存在した。藩庁は夷隅郡苅谷(現在の千葉県いすみ市苅谷)の苅谷陣屋。

藩史編集

堀直景は500石を領していたが、寛永19年(1642年)閏9月に父・堀直之の遺領である9500石を継いで合計1万石を領し、譜代大名として上総苅谷藩を立藩した。ちなみに直景は書院番を務めたことから2000石を領していたため、本来なら父の遺領と併せて1万1500石の大名となるはずであるが、相続と同時に1500石を弟の堀直氏に分与したことから1万石となった。直景は寛文8年(1668年)8月に家督を嫡男の堀直良に譲って隠居、まもなく出家して宗三と号した。直良は同年12月に陣屋を苅谷から上総国市原郡八幡に移したため、上総苅谷藩は廃藩となり、以後の堀家は上総八幡藩として存続した。

歴代藩主編集

堀家

譜代。1万石。

  1. 堀直景
  2. 堀直良