メインメニューを開く

菅 良二(かん りょうじ、1943年8月27日 - )は、日本政治家愛媛県今治市長(3期)。愛媛県議会議員(2期)、大三島町長(2期)、大三島町議会議員(5期)等を務めた。

菅 良二
かん りょうじ
生年月日 (1943-08-27) 1943年8月27日(75歳)
出生地 日本の旗 愛媛県今治市大三島町
出身校 第一薬科大学薬学部
所属政党自由民主党→)[1]
無所属

当選回数 3回
在任期間 2009年2月 - 現職

選挙区 今治・越智郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 2003年4月[2] - 2009年1月[2]

当選回数 2回
在任期間 1996年10月[2] -

Flag of Omishima Ehime.png 大三島町議会議員[2]
当選回数 5回[2]
在任期間 1977年9月[2] -
テンプレートを表示

目次

来歴編集

愛媛県今治市大三島町生まれ。愛媛県立今治南高等学校第一薬科大学薬学部卒業。薬剤師免許を取得している。

1977年大三島町議会議員選挙に出馬し、初当選。以後5期連続当選。5期目の任期途中で町議を辞職し、1996年より大三島町長。町長時代には伯方塩業の工場誘致やラントゥレーベン大三島(滞在型農園施設)の整備等を手がけた[2]

2期目の任期途中で町長を辞職し、2003年の愛媛県議会議員選挙に今治・越智郡選挙区から出馬して当選した。愛媛県議は2期務める。

今治市長編集

2009年に愛媛県議を辞職し、今治市長選挙に出馬。現職の越智忍市長を破り当選した。2013年の今治市長選挙では新人候補に4万票以上の差をつけて再選[3]2017年1月29日の今治市長選挙では無投票で3選を果たした[4]

自転車を活用したまちづくりに力を入れており、守山市宮本和宏市長などと共に全国の市区町村に呼びかけて2018年11月15日に「自転車を活用したまちづくりを推進する全国市区町村長の会」を設立。全国294市区町村が参加し初代会長に就任した[5][6]。また、今治市同様にサイクリングが活発な沖縄県名護市滋賀県守山市と交流協定を締結した。

2013年4月から2年間、愛媛県市長会長[7]

人物編集

  • 趣味は大学時代に始めた空手で、二段の有段者である[7]
  • 座右の銘は「愛郷無限」[8]
  • 激務の合間を縫って、市内で往復20キロ程度のサイクリングを楽しむのが健康法[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 愛媛県議選 : 開票結果 : 統一地方選2007 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  2. ^ a b c d e f g 市長インタビュー1期目(平成21年) - 今治市、2013年8月30日閲覧。
  3. ^ 今治市長に菅氏再選 河野氏に4万7506票差 投票率59.9%合併後最低 - 愛媛新聞(2013年2月4日)、2019年2月26日閲覧。
  4. ^ 今治・菅市長が3期目抱負”. 愛媛新聞 (2017年2月20日). 2017年3月11日閲覧。
  5. ^ 自転車利用推進市区町村長の会が発足/294団体が参加、走行環境改善へ予算確保要望 - 日刊建設工業新聞(2018年11月22日)、2019年2月26日閲覧。
  6. ^ 今治市・菅良二市長、自転車を活用したまちづくりで「全国で地方創生のうねりを」 - cyclist(2019年1月5日)、2019年2月26日閲覧。
  7. ^ a b 今治市市長:市長プロフィール
  8. ^ 菅良二・愛媛県今治市長 - 時事ドットコム、2019年2月26日閲覧。
  9. ^ 今治市長選 候補者の横顔 - 愛媛新聞(2013年1月30日)、2019年2月26日閲覧。

外部リンク編集