メインメニューを開く

菊田神社(きくたじんじゃ)は、千葉県習志野市津田沼にある神社である。旧社格は村社。

菊田神社
菊田神社
所在地 千葉県習志野市津田沼3-2
位置 北緯35度41分03秒
東経140度01分37秒
主祭神 大己貴大神 藤原時平命
社格 村社
創建 弘仁年間(810年-824年
本殿の様式 入母屋造
例祭 下総三山の七年祭り・あんば様
テンプレートを表示

目次

祭神編集

由緒編集

弘仁年間(810年-824年)ころに創建されたと伝えられ、古くは久々田明神と称された。 宝暦年間(1751年-1763年)には名を菊田大明神と改称。 大正元年11月1912年)、近隣区内の金刀比羅神社等6社を境内社として合祀。 昭和53年10月1978年)、千葉県神社庁より「顕彰規範神社」に指定された。

あんば様編集

 
2012年3月11日撮影

3月15日に近い日曜日に行われる民間信仰行事。正しくは「阿波様」といい、明治期天然痘(ほうそう)流行を防ぐために始まったと言われている。

「あんばーおーせー大明神、悪魔を払ってよーいやせ」と唱えながら地区内を神輿渡御する。

「アンバ大杉信仰」は、江戸享保期に流行した流行神で、常陸国阿波村(現茨城県稲敷市)の大杉明神(現 大杉神社)の御札が伝染病に効くということから始まった。

建物・敷地の特徴編集

御池編集

菊田神社の敷地内にある池の水源は三山の二宮神社と言われている。この地域は低地で中世は海が近く、流罪に処せられた藤原師経藤原師長ら一党が、菊田神社の池周辺の入江に上陸したという伝説も残されている。古代(古墳時代)は海岸線が今の陸地に近かったため、この入り江が船着き場だったのではないかと推測する研究家もいる。なお、習志野市周辺の村落に住んでいる人々は海路で、関西方面から来たという伝承の残る旧家が多く存在する。

参道編集

参道は比較的整備されており、50 - 60m程度の参道が延びている。安政5年(1858年)6月建立の鳥居は東日本大震災によって倒壊し、平成23年(2011年)12月に再建された。旧鳥居の一部は境内に陳列されている。

社殿編集

交通編集

最寄り駅

関連項目編集