菊矢 吉男(きくや よしお、1915年8月31日 - 1990年12月27日[1])は、大阪府出身のプロ野球選手投手内野手外野手)、高校野球指導者。

菊矢 吉男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1915-08-31) 1915年8月31日
没年月日 (1990-12-27) 1990年12月27日(75歳没)
身長
体重
170 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手一塁手外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1946年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

実弟に大阪タイガース、ライオン軍に在籍した岡本一雄がいる。

来歴編集

現役時代編集

1915年8月31日大阪府で生まれる。大阪府立八尾中学校在籍時には外野手として第6回選抜中等学校野球大会に出場した。しかし当時から剛球投手として有名で、卒業後は関西大学へ進学した。

職業野球が創設された1936年から大阪タイガースに入団した。当初は外野手としての入団だったが、同年中に投手へ登録を変更した。速球派投手だったことから沢村栄治東京巨人軍)の攻略対策として行われた打撃練習に「仮想沢村」として起用され、マウンドの手前から投げた。この練習を発案したのは松木謙治郎で、松木曰く「マウンドの1、2本手前」から速球を投げ込み、それを打つ練習を繰り返していたが、当時の菊矢が制球力にかけていたことも含めて「初めは怖さが先立って打てるものでは無かった」と記している[2]

1937年春季の途中で大東京軍に移籍すると、同年秋季では13勝を挙げて防御率2.34を記録し、エースとして活躍した。1939年には16勝21敗の成績を残すが、1940年には27敗を喫して敗戦投手のシーズン記録3位タイとなった。その一方で、1937年から1939年にかけて職業野球東西対抗戦に出場した。菊矢の移籍事情について松木は「名字が異なる野球選手の弟[3]がいて、練習生とすることがタイガース入団の条件だったが、この弟が選手としては使えなかったことが一因」と記している[2]。そのため、「僅かな人件費で惜しい投手を失った」と評した。その後、1941年から1943年まで従軍した。

1944年から朝日軍に復帰し、1946年にはゴールドスターに内野手として所属したのち、同年限りで現役引退を表明した[1]

現役引退後編集

引退後はアマチュア野球の指導者となり、1947年から1952年まで大阪府立菊水高等学校(現在廃校)、1953年から1972年までは大阪府立富田林高等学校の野球部監督を務めた。

1990年12月27日に死去、75歳没。

人物・エピソード編集

  • 投手としては球速こそ出るものの制球力が悪く、1939年には209四球を記録し、シーズン与四球記録では7位に入っている。また同シーズンには14暴投を記録しており、これは1990年村田兆治ロッテオリオンズ)が更新するまでプロ野球記録だった。
  • 1940年3月30日の対大東京軍戦では9回2死まで無安打に抑えながら、水原茂に安打を許してノーヒットノーランを逃した[1]。9回2死から安打を打たれて快挙を逃したのは、菊矢がプロ野球史上初だった。また、1939年4月19日の対南海軍戦では7回から登板し、毎回のように走者を出しながら得点を許さず、先発投手と菊矢を合わせて「17人もの走者を出しながら継投で零封勝ち」という珍記録を作っている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1936 大阪 6 3 1 1 0 1 0 -- -- 1.000 89 20.0 11 0 16 -- 1 10 0 0 6 4 1.80 1.35
1937 4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 57 12.2 8 0 8 -- 1 7 0 0 7 6 4.15 1.26
大東京
ライオン
朝日
12 9 7 2 0 6 2 -- -- .750 357 81.1 72 0 40 -- 1 42 1 1 29 17 1.87 1.38
'37春計 16 10 7 2 0 6 2 -- -- .750 414 84.0 80 0 48 -- 2 49 1 1 36 23 2.46 1.52
1937 29 21 19 1 0 13 10 -- -- .565 882 204.0 147 4 123 -- 5 97 7 0 86 53 2.34 1.32
1938 26 21 14 1 0 7 18 -- -- .280 783 167.1 158 4 120 -- 5 80 3 0 117 78 4.18 1.66
1938 25 18 15 1 0 9 9 -- -- .500 780 177.1 125 4 119 -- 0 109 3 0 74 49 2.48 1.38
1939 55 39 22 3 1 16 21 -- -- .432 1487 335.0 277 4 209 -- 4 151 14 1 169 110 2.96 1.45
1940 47 40 19 1 0 8 27 -- -- .229 1260 286.0 243 4 158 -- 3 112 9 0 133 88 2.77 1.40
1941 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 30 5.2 4 0 10 -- 0 2 1 0 2 1 1.50 2.47
1944 5 4 2 0 0 0 4 -- -- .000 140 27.0 27 0 34 -- 1 3 3 1 19 17 5.67 2.26
通算:7年 210 157 99 10 1 60 91 -- -- .397 5865 1316.1 1072 20 837 -- 21 613 41 3 642 423 2.89 1.45
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大東京(大東京軍)は、1937年秋にライオン(ライオン軍)に、1941年に朝日(朝日軍)に球団名を変更

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春夏 大阪 3 3 3 1 1 1 0 0 2 1 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- .333 .333 .667 1.000
1936 7 9 6 2 0 0 0 0 0 2 0 -- 0 -- 3 -- 0 1 -- .000 .333 .000 .333
1937 4 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 2 -- .200 .200 .200 .400
大東京
ライオン
朝日
16 38 36 5 13 2 1 0 17 7 0 -- 0 -- 2 -- 0 6 -- .361 .395 .472 .867
'37春計 20 43 41 5 14 2 1 0 18 7 0 -- 0 -- 2 -- 0 8 -- .341 .372 .439 .811
1937 35 95 91 7 20 4 1 0 26 9 0 -- 0 -- 4 -- 0 13 -- .220 .253 .286 .539
1938 29 87 83 5 20 3 0 1 26 11 1 -- 0 -- 4 -- 0 13 -- .241 .276 .313 .589
1938 32 98 91 7 19 4 4 0 31 11 1 -- 2 -- 5 -- 0 11 -- .209 .250 .341 .592
1939 74 163 156 13 28 5 2 1 40 15 1 -- 1 1 5 -- 0 23 -- .179 .204 .256 .460
1940 68 150 139 7 20 4 0 1 27 14 0 -- 1 1 8 -- 1 28 -- .144 .195 .194 .389
1941 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 1 0 -- .000 .500 .000 .500
1944 21 89 87 4 30 5 1 1 40 15 0 0 0 -- 2 -- 0 7 -- .345 .360 .460 .820
1946 ゴールドスター 53 209 190 16 37 3 2 3 53 21 0 3 0 -- 16 -- 3 13 -- .195 .268 .279 .547
通算:8年 343 948 888 67 189 31 11 7 263 106 3 3 4 2 49 -- 5 117 -- .213 .257 .296 .553
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大東京(大東京軍)は、1937年秋にライオン(ライオン軍)に、1941年に朝日(朝日軍)に球団名を変更

背番号編集

  • 14 (1936年 - 1937年途中)
  • 11 (1937年途中 - 1940年)
  • 1 (1946年)
  • 1941年は不明
  • 1944年は背番号廃止

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、180ページ
  2. ^ a b 松木謙治郎『タイガースの生い立ち』恒文社、1973年、P74
  3. ^ 岡本一雄のことと思われる。

関連項目編集

外部リンク編集